対人賠償保険と人身傷害保険・搭乗者傷害保険の違いとは?

2018年10月13日

自動車保険は「賠償責任保険」、「傷害保険」、「車両保険」など、色々な補償が組み合わさった商品で、一般の方にはそれぞれの補償内容を理解することは簡単ではないと思います。

自動車保険の補償の中で『人』対する補償に対人賠償責任保険人身傷害保険搭乗者傷害保険がありますが、それぞれ誰を補償するのか、又どのような補償内容なのかという疑問を持っている方が多いと思います。

同じ『人』に対する補償なのにどうして、対人賠償責任保険と人身傷害保険・搭乗者傷害保険をそれぞれセットする必要があるかなどについて解説します。

スポンサーリンク

1.対人賠償保険とは?

契約の車を運転中の事故などにより他人を死亡させたり、ケガをさせ、法律上の損害賠償責任を負った場合、対人賠償保険で相手方の治療費などの実費や慰謝料、逸失利益、将来の介護料などが補償されます。

対人賠償保険は、法律上の損害賠償責任の額が自賠責保険で支払われる限度額を超える場合に1回の事故につき事故の相手の方1名ごとに、保険金額(契約時に設定した金額)を限度に保険金が支払われます。
対人賠償保険とは?自賠責保険との違いは?

 

 

2.人身傷害保険とは?

人身傷害保険とは、事故により運転者や同乗者が死傷した場合に、その過失割合(責任割合)にかかわらず、保険金額を限度に被る損害の実際の損害額(治療費、休業損害、逸失利益、及び精神的損害等)に対して保険金が支払われる補償です。

人身傷害保険で支払われる保険金のイメージ図は、以下の通りです。
人身傷害保険の補償イメージ図

(セゾン自動車火災保険のHPより抜粋)

上記の通り、人身傷害保険は過失割合に関係なく、記名被保険者及びその家族など契約車両に搭乗中の方の治療実費、休業損害(働けない間の収入)、逸失利益等を補償します。

対人・対物賠償責任保険は他人をケガさせた場合や、他人の車等を壊してしまった場合の補償として大切ですが、人身傷害保険は、記名被保険者本人やその家族を守る大切な補償です。
人身傷害保険について押さえておくべき6つのポイント

スポンサーリンク

 

 

3.搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険は、人身傷害保険とは違い、契約時に設定した定額の死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金が支払われます。例えば、死亡の場合は1,000万円、後遺障害14級の場合は40万円など、実際の損害額とは関係なく、あらかじめ決められた額の保険金が支払われます。

なお、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いについては、下記記事をご参照ください。
バイク保険には人身傷害保険と搭乗者傷害保険のどちらをセットすべき?

 

 

4.対人賠償保険と人身傷害保険・搭乗者傷害保険との違い

対人賠償責任保険と人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険は、ともに「人」に対する損害(死亡やケガなど)を補償する保険ですが、大きな違いは補償の対象となる方が異なる点です。

対人賠償責任保険では、「事故相手(他人)」の損害(死亡やケガなど)を補償するのに対し、人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険では、「ご自身や家族、契約の車に搭乗されている方」の損害(死亡やケガなど)を補償します。

実は、対人賠償保険でも同乗者への補償もありますが、あくまでも他人への補償です。例えば、ご近所の知り合いを車に乗せていた際に事故に遭った場合などは、他人である知り合いの方のケガは対人賠償保険でも補償対象になります。

しかし、配偶者や子供などの家族は対人賠償責任保険では補償対象外です。対人賠償責任保険では下記の方が補償対象外となっています。

対人賠償保険で補償対象外となる方

・記名被保険者
・被保険自動車を運転中の者またはその父母、配偶者もしくは子
・被保険者の父母、配偶者または子
・被保険者の業務に従事中の使用人
・被保険者の使用者の業務に従事中の他の使用人

自動車事故を起こしてしまった場合、事故相手にケガなどをさせてしまうリスクとともに、運転者自身やその搭乗者がケガなどをするリスクがあります。

その両方のリスクをカバーしようとすると、対人賠償保険と人身傷害保険・搭乗者傷害保険の両方をセットして自動車保険を契約する必要があります。

 

 

まとめ

対人賠償責任保険は、事故の際に他人のケガなどの損害を補償する補償で、対物賠償責任保険と並んで自動車保険でメインとなる部分です。非常に重要な補償であることは間違いありません。

一方、人身傷害保険、搭乗者傷害保険については、ご自身や車に同乗するご家族を補償する重要な部分です。つまり、対人賠償責任保険と人身傷害保険・搭乗者傷害保険を比較すると、『人』に対する補償という部分は同じですが、『誰』を補償するかという点が異なっています

よって、対人賠償責任保険があれば、人身傷害保険・搭乗者傷害保険は不要ということはなく、どちらの補償も重要だということを理解し、自動車保険の補償内容を決めて頂ければと思います。

なお、対人賠償保険を含む、対物賠償保険人身傷害保険車両保険などの補償内容の選び方を下記記事で解説していますので、自動車保険を契約する際の参考にして頂ければと思います。
自動車保険の補償内容の選び方|おすすめのプランとは?

No.337

スポンサーリンク