ゲリラ豪雨で車が水没した場合、車両保険(自動車保険)で補償される?

近年、全国各地で大雨が降り、その影響で車が水没するなどの損害が発生しています。川の近くに住んでいる方などは、ご自身の車が水没した場合などには、車両保険(自動車保険)で補償してもらえるのかと不安に感じている場合もあるでしょう。

そこで、今回はゲリラ豪雨や台風などの水害(水災)で車が水没した場合の車両保険(自動車保険)の補償について解説します。

スポンサーリンク

1.ゲリラ豪雨により車が水没、車両保険で補償される?

ゲリラ豪雨により、河川などが氾濫し、車が水没した場合、自動車保険で補償されるのでしょうか?

自動車保険に車両保険をセットしていれば、車が水没したことによる修理費などが補償されます。車両保険には、下表の通り「一般型」と補償を絞った「エコノミー型」がありますが、基本的にどちらの車両保険でも車が水没したことによる損害が補償されます。
車両保険の種類を一般型からエコノミー型にすると保険料が安くなる?

事故例/契約タイプ 一般条件 車対車+A 車対車 限定A
他の自動車との衝突
盗難事故





火災・爆発
台風・洪水・高潮
落書・いたずら
物の飛来・落下



電柱等に衝突
自転車との衝突
墜落・転覆
当て逃げ

 

・車両保険で補償される水害(水災)の事故例

車両保険で補償される水害(水災)の具体例は、下記の通りです。

  • 河川が氾濫し地下駐車場で車が水没した
  • 大雨による洪水で車が水没した
  • 豪雨による土砂崩れに車が巻き込まれた
  • ガード下の冠水で車が水没した
  • 台風による高潮で車が水没した

上記の通り、車が水没した場合以外でも、車が土砂崩れに巻き込まれた場合も車両保険の補償対象となります。

スポンサーリンク

 

 

 

2.水害(水災)で車両保険を使った場合、1等級ダウン事故となる

水害(水災)で車に損害が発生した場合に車両保険を使って修理などをすると、「1等級ダウン事故」に該当し、次契約の自動車保険のノンフリート等級は1つ下がります。

更に、更新後の自動車保険のノンフリート等級が7等級以上の場合には、無事故の場合よりも割引率が低い事故有係数が1年間適用されます。

例えば、10等級の自動車保険に加入していて、水害(水災)で車両保険を使用した場合、次契約の契約は、9等級(事故有)となります。

水害(水災)で車両保険を使用したケースでのある保険会社のノンフリート等級推移事例は下記の通りです。

現契約
ノンフリート等級:10等級
事故有係数適用期間:0年
割増引率:45%割引

水害で車両保険を使用すると・・・

次契約
ノンフリート等級:9等級
事故有係数適用期間1年
割増引率22%割引

無事故で1年間が経過すると・・・

次々契約
ノンフリート等級:10等級
事故有係数適用期間:0年
割増引率:45%割引

1等級ダウンの場合、事故有係数適用期間は1年間なので、等級が下がった後、無事故で1年が経過すれば、事故無しの割増引率が適用されるようになります。

自動車保険のノンフリート等級制度については、下記記事をご参照ください。
自動車保険の等級制度(ノンフリート等級別料率制度)

 

 

 

3.車両保険では、地震による津波は補償対象外!?

大雨などにより川が氾濫して水没した場合には、車両保険で補償されますが、地震により津波が発生し、車が水没した場合には、車両保険では補償されません

同じ車の水没でも大雨や台風などが原因であれば、車両保険で補償されますが、地震による津波が原因だと補償されませんので、注意が必要です。

地震による津波が心配であれば、地震による損害を補償する特約をセットする必要があります。

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」を付帯(セット)していれば、地震による津波で車が全損となった場合、50万円(車両保険金額が50万円未満の場合はその金額)の保険金が受け取れます。

また、「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」は、車が全損となった場合のみの補償ですが、チャブや楽天損保には、全損でない場合(一部損)でも補償される「車両地震特約」があります。

「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」や「車両地震特約」の詳細については、下記記事をご参照ください。
地震、噴火、津波の損害は車両保険(自動車保険)が使えない!?

 

 

 

4.水害により車が水没した場合、自動車保険のロードサービスも利用可能

なお、河川の氾濫などによる水害で車が水没した場合には、自動車保険にセットされているロードサービスについても利用可能です。

車が水没した場合には、エンジンが故障したり、電気系統のショートによる感電や火災が発生したりする危険性があるので、エンジンを掛けずにロードサービスで修理工場までレッカー搬送してもらう方が賢明です。

なお、ロードサービスの使用のみであれば、自動車保険のノンフリート等級は下がりません
自動車保険の等級制度(割引)についてよくある6つの質問まとめ

 

 

 

まとめ

近年では、異常気象によるゲリラ豪雨などにより大雨が降り、各地で水害(水災)が発生しています。

川の近くなどでは、駐車場などに停めている間に車が水没することもあるでしょうから、川の氾濫などが心配であれば、車両保険をセットしておいた方が安心です。

また、海の近くに住んでいて津波が心配であれば、地震による損害が補償される特約をセットすることを検討するといいでしょう。

No.375

スポンサーリンク