ロードサービス対象外作業がある?

2018年4月8日

自動車保険に無料で付帯(セット)されている事が当たり前になっているロードサービスですが、どんな場合でも無料で対応してもらえると思っている方がいます。しかし、実はサービス対象外となる場合があります。

今回は、ロードサービス対象外となる事例をご紹介します。

スポンサーリンク

1.ロードサービスの内容は異なる

まず、知って頂きたいのが、ロードサービスの内容は保険会社によって異なるという点です。

ロードサービスが無料で付帯(セット)されるという条件は多くの保険会社で同じですが、サービス内容は異なりますので、注意が必要です。
ロードサービスは保険会社によって内容が違います!!

ある保険会社では無料で対応してもらえた事例でも、他社では無料サービスの対象外ということもあります。例えば、

 

 

 

2.サービス対象外となる事例

サービス内容が異なるのと同様、サービス対象外となる場合も保険会社によって異なります。今回は、ある保険会社のロードサービス対象外となる事例の一部と他社との違いをご紹介します。

1)雪道でのスタック

雪道、ぬかるみ、砂浜などによるタイヤのスタック(空回り)やスリップなど単に走行が困難な場合はロードサービス対象外となります。

雪道でのスタックは保険会社によってはロードサービスの対象になりますが、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを装着していることが条件となる会社があります。

2)チェーン着脱作業費用

チェーン着脱作業費用はロードサービス対象外です。

3)地震、噴火、津波

地震、噴火、津波に起因する故障等の場合はロードサービス対象外になります。

4)競技もしくは曲技

競技もしくは曲技(その練習を含む)のために使用している場合、またはそれらを行うことを目的とする場所において使用している場合はロードサービス対象外です。

具体的にはサーキットを走行していてクラッシュし、走行不能になった場合等はサービス対象外です。

5)自宅駐車場等での燃料切れ

自宅駐車場および同等と判断できる保管場所での燃料切れの場合、ロードサービス対象外です。

6)パンク修理費用

出動費などの基本料金はサービス対象ですが、パンク修理費用は無料サービス対象外となり、有料となります。

保険会社によっては修理キットが車両に搭載されている場合、簡単な応急処置は無料のサービス対象となる場合があります。

7)部品代、消耗品代

部品代(鍵の再作成費用を含む)、消耗品代等はサービス対象外です。保険会社によっては、キーの作成費用やバルブ等の消耗品代も無料サービスの範囲内です。

8)その他

自動車保険のロードサービスは契約の車が対象で、他人から借りた車や仕事で使用する会社の車はサービス対象外です。他人の車をよく運転する方はJAFなどの他人の車もロードサービス対象となるサービスをご利用ください。
借りた車はロードサービス対象外!?

尚、ファミリ-バイク特約で補償対象となる原付(原動機付自転車)などもロードサービスについては対象外ですので、ご注意ください。

スポンサーリンク

 

 

 

3.JAF会員の特典

JAFの会員だとサービス内容が広くなる特典がある保険会社があります。

例えば、サービス対象外であるパンク修理や雪道でのスタック、チェーンの着脱がJAF会員の場合はサービス対象になります。

JAF会員に優遇サービスがある保険会社は以下の通りです。

  • あいおいニッセイ同和損害保険(株)
  • AIU保険会社
  • 共栄火災海上保険(株)
  • JA共済(全国共済農業協同組合連合会)
  • セゾン自動車火災保険(株)
  • 全国自動車共済協同組合連合会
  • 損害保険ジャパン日本興亜(株)
  • 東京海上日動火災保険(株)
  • 日新火災海上保険(株)
  • 富士火災海上保険(株)
  • 三井住友海上火災保険(株)

詳細は下記記事をご参照ください。
自動車保険のロードサービスがあれば、JAFは不要か?

 

 

 

4.ロードサービス利用時は保険会社に連絡を

自動車保険に付帯されているロードサービスは、保険会社がロードサービス会社と提携して提供しているサービスです。ロードサービスの利用時には、必ず契約の保険会社のロードサービスや事故受付センターに連絡してください。保険会社に連絡せずにご自身でレッカー・修理業者などを手配した場合にはロードサービスの対象外となりますので注意が必要です。

 

 

 

まとめ

上記のサービス対象外事例は全てではなく、一部です。他にもサービス対象外となる場合があるので、詳細は各社のロードサービス利用規約等でご確認ください。

また、保険会社によってサービス対象の範囲が異なりますので、ご注意ください。

 
最終更新日:2017年7月22日
No.225

スポンサーリンク