他人の車(借りた車)は自動車保険のロードサービス対象外!?

2019年3月18日

「知人の車を運転中に車が故障した場合、自分が契約している自動車保険のロードサービスは使えるのか?」という質問を頂くことが多いのですが、どう思われるでしょうか?

自動車保険のロードサービスはどのような場合にサービスを受けられるのでしょうか。またJAFのロードサービスと違いがあるのでしょうか。

今回は他人の車を借りた場合の自動車保険のロードサービスについて解説します。

スポンサーリンク

1.自動車保険のロードサービスは、契約車のみのサービス

自動車保険のロードサービスは、他人の車(借りた車)はサービス対象外です。

JAFの会員であれば、基本的には他人の車に乗っている場合でもロードサービス対象ですが、自動車保険のロードサービスは、契約の対象となっている車のみがロードサービスの対象です。

借りた車を運転中にロードサービスが必要となってもご自分の自動車保険契約のロードサービスを利用することは出来ません。損保各社の自動車保険パンフレットには、ロードサービスは契約の対象車に限ると書かれています。

ある保険会社のHPには下記のように書かれています。

借りたお車やファミリーバイク特約で補償する原動機付自転車など、ご契約の自動車以外の自動車での事故、故障またはトラブルはロードサービスの対象外です。

知人の車の自動車保険にロードサービスが付帯されていれば、それは利用可能です。ロードサービスの対象になるのは契約車両なので、契約者以外が運転していても自動車保険のロードサービスを利用することが可能です。

 

 

 

2.実際のロードサービス利用事例

以前、私が経験した事例ですが、会社の車を運転中にバッテリーが上がりました。この場合、私が個人で所有している車の自動車保険のロードサービスは使用出来ません。

私はたまたまJAFに加入していたので、JAFを呼びました。

会社が法人でJAFに加入していたり、会社の車が加入している自動車保険にロードサービスが付いていれば良いのですが、どちらにも該当しない場合は非常に困ることになります。

「自動車保険にロードサービスがあればJAFに加入する必要はないのか?」というご質問を頂くことがあるのですが、私のような例の場合は、JAFに加入している方が良いということになります。
自動車保険のロードサービスがあれば、JAFは不要か?

スポンサーリンク


 

 

 

3.「他人の車」での事故は、他車運転特約で補償される

「他人の車」を運転中の事故や故障時は、自分の自動車保険のロードサービスでは対象外ですが、他人の車で事故をした場合には、他者運転特約で補償されます。
他者運転特約とは?|他人から借りた車での事故も補償される?

例えば、知人の車を運転していて事故をした場合、対人や対物などの補償は自分が契約している自動車保険(他者運転特約)で補償されます。

一般的な自動車保険には他者運転特約が自動セットされていて、借りた車(他人の車)の自動車保険に優先して他者運転特約から保険金が支払われます

しかし、その事故で車が動かなくなった場合のロードサービスについては、自分が契約している自動車保険では対応してくれません。

 

 

 

4.JAFは「他人の車」でもロードサービスの対象

色々な人の車を借りて走ることが多いため契約車以外の車がロードサービス対象外では困るという方はJAFへの加入をお勧めします。

JAFであれば、「契約車」という考え方がなく、「契約者(会員)」という考え方なので、契約者(会員)が運転する知人の車、会社の車、レンタカーなどの「他人の車」もロードサービス対象になります。また、同乗している車でもロードサービス対象となります。

例えば、仕事で社有車を運転中にバッテリーが上がったという場合などにロードサービスを利用できます。

 

 

 

5.JAFはバイク(二輪車)もロードサービスの対象

自動車保険のロードサービスは、契約対象車両のみのサービスで、原付などのバイク(二輪車)はロードサービス対象外です。

しかし、JAFであれば二輪車(バイクや原付)もロードサービスの対象となりますので、ご自分の運転状況等を確認し、自動車保険のロードサービスで充分なのか、JAFに加入すべきかをご判断下さい。

 

 

 

まとめ

上記の通り、自動車保険のロードサービスは、契約の対象車両のみのサービスです。

友人や知人などの他人の車や、会社の車などを運転する機会の多い方は、JAFへの入会も検討するといいでしょう。また、原付(原動機付自転車)を含む二輪車を運転する方に関してもJAFに入会しておくと安心です。

最終更新日:2019年3月18日
No.44

スポンサーリンク