飲酒運転(酒気帯び運転・酒酔い運転)の事故は自動車保険で補償される?

年々、「飲酒運転」による交通事故は減少傾向にありますが、飲酒運転や酒気帯び運転による交通事故のニュースを耳にすることもあります。

自分は飲酒運転をしなくても事故相手が飲酒していたり、無免許だったりした場合、相手の自動車保険で自分のケガや車の修理代は補償してもらえるのかと心配になることはありませんか?

飲酒運転や無免許運手時の自動車保険の補償について解説します。

スポンサーリンク

1.被害者の損害は加害者側の自動車保険で補償される

飲酒運転の車との事故でケガをした、または、飲酒運転の車に追突されて車が破損したなど、飲酒運転の車との事故で被害者になった場合には、加害者側の自動車保険で補償されます。

 

自賠責保険、対人賠償保険の補償

飲酒運転の車との事故で、被害者が死傷した場合、加害者側の自賠責保険、自動車保険(対人賠償保険)で補償されます。これは、被害者救済の観点から、加害者は飲酒運転という重大な法令違、過失を犯しても被害者側の損害は補償されます。

具体的には自賠責保険から保険金が支払われ、それでも補償額が足りない場合には、自動車保険(対人賠償保険)から保険金が支払われます。
対人賠償保険とは?自賠責保険との違いは?

 

対物賠償保険の補償

飲酒運転の車との事故で、被害者の車が破損した場合、加害者側の自動車保険(対物賠償保険)で補償されます。対人賠償保険と同様に「被害者救済」の観点から被害者の損害に関しては、自動車保険(対物賠償保険)で補償されます。

なお、加害者側が自動車保険(任意保険)に加入していなかった場合、加害者自身に損害賠償額を請求することになりますが、賠償能力がない可能性もあります。

そのような場合には、被害者側の自動車保険(車両保険)で修理することになります。被害者側の自動車保険(車両保険)を使用すると、3等級ダウン事故として、次年度の保険料が上がってしまいますが、「車両無過失事故に関する特約」をセットしていれば、車両保険を使用してもノーカウント事故とできる可能性があります。

「車両無過失事故に関する特約」は、車両保険に自動セットされている保険会社と、特約としてオプション扱いの保険会社がありますので、注意が必要です。
当て逃げの修理代に車両保険は適用される?等級は下がる?

 

 

 

2.加害者の人身傷害、車両保険は補償されない

さて、飲酒運転の加害者の損害は自動車保険で補償されるのでしょうか?

飲酒運転の加害者の損害は自動車保険では補償されません。加害者が死傷した場合を補償する人身傷害保険、搭乗者傷害保険は飲酒運転の場合には、免責(補償対象外)としています。

また、加害者の車が破損した場合にも車両保険は飲酒運転が免責(補償対象外)となっていますので、修理費は自腹となります。

加害者は飲酒運転という重大な法令違反を犯しているわけですから、加害者の損害は自動車保険では補償されないのは、当然といえるでしょう。

スポンサーリンク

 

 

 

3.飲酒運転の同乗者のケガは補償される?

飲酒運転の車に同乗していた方が死傷した場合には補償されるのでしょうか?

これは、事故の際の状況や保険会社ごとの判断によると思いますが、運転者が飲酒運転と知って乗っている同乗者の場合には、補償が制限される可能性があります。

飲酒運転の同乗者には、罰則もありますので、自身が飲酒運転をしないことは当然ですが、飲酒運転の車にも同乗しないようにすることが重要です。

 

 

 

4.飲酒運転の罰則・罰金、行政処分

「飲酒運転」は重大な違法行為であり、飲酒運転をした本人には下表のような重い行政処分や罰則が規定されています。

飲酒運転の罰則は飲酒運転をした本人だけでなく、飲酒運転者に車両を提供した人、飲酒運転者にお酒を提供した人や飲酒運転車に同乗した人に対しても適用される場合があります。飲酒運転は「絶対にしない」だけでなく、「させない」ということも重要です。

なお、「酒酔い運転」とは、呼気中アルコール濃度にかかわらずアルコールの影響で正常な運転ができない状態で運転すること、「酒気帯び運転」とは、体内に基準値(呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg)以上のアルコールを保有して運転することを指します。

(飲酒運転に対する行政処分)

状態 行政処分
酒酔い運転 違反点数35点、免許取り消し、欠格期間3年
酒気帯び運転 0.25mg/L以上 違反点数25点、免許取り消し、欠格期間2年
0.15mg/L以上0.25mg/L未満 違反点数13点、免許停止、免許停止期間90日

(飲酒運転に対する罰則)

車両の運転者 酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
酒気帯び運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
車両の提供者 酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
酒気帯び運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
酒類の提供者または同乗者 酒酔い運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
酒気帯び運転 2年以下の懲役または30万円以下の罰金

 

 

 

 

まとめ

飲酒運転の事故に対する自動車保険の補償をまとめると以下の通りとなります

補償あり(被害者に対する補償)
・自賠責保険
・対人賠償責任保険
・対物賠償責任保険

補償なし(免責)(加害者に対する補償)
・車両保険
・人身傷害保険
・搭乗者傷害保険  など

危険ドラッグなどの薬物を使用した状態で起こした事故と同じように、被害者は「被害者救済」の観点から加害者の自動車保険で補償されます。
危険ドラッグを使用して事故を起こしたら自動車保険で補償されない!?

一方、加害者の損害については、自動車保険では免責(補償対象外)となります。

No.339

スポンサーリンク