自動車保険の保険料が安いプランを選ぶ際の注意点

2019年3月29日

自動車保険料をなるべく安くしたいと思われる方は多いと思います。

自動車保険の保険料が安いプランを選ぶ際には、なぜ保険料が安くなっているかを確認することが重要です。自動車保険を安くする方法は色々とありますが、お勧めできない節約方法もあります。

今回は自動車保険の保険料が安いプランを選ぶ際の確認ポイントについて解説します。

おすすめできない自動車保険の節約方法と、おすすめできない理由について知り、自動車保険料の節約時にお役立て頂ければと思います。


スポンサーリンク

1.自動車保険料を安くするために対物賠償保険の補償額が下げられていないか?

安い自動車保険のプランを選ぶ際には、対物賠償保険の補償額が「無制限」から「1,000万円」などに下げられていないかをご確認ください。

「自動車保険の保険料が高いので、対物賠償保険の保険金額(補償額)を無制限から1,000万円に下げたい」というご相談をされる方がいます。

上記のような保険料節約方法はあまりお勧めできません。何故お勧めできないのか?理由はいくつありますので次項以降でご説明します。

対物賠償責任保険とは?

対物賠償責任保険とは、契約の自動車を運転中の事故などにより、他人の自動車や物を壊し、法律上の損害賠償責任を負った場合、保険金額を限度に保険金が支払われる補償。
対物賠償保険とは?|保険金額は無制限にするべきか?

 

 

 

2.対物賠償保険の補償を「無制限」から「1,000万円」に下げても保険料に大差は無い

対物賠償の補償額が『無制限』と『1,000万円』とでは保険料に大きな差が出るように思えますが、実は大して保険料は下がりません。

実際の試算例をご紹介します。

【試算条件】
自動車:自家用軽四輪乗用車
使用目的:日常・レジャー使用
免許色:ブルー
等級:14等級
事故有等級適用期間:0年
対人賠償:無制限
車両保険:一般車両 100万円 免責0-10万円
人身傷害保険:3,000万円
記名被保険者年齢:30~39歳
年齢条件:35歳以上補償

上記契約の対物賠償責任保険の保険金額(補償額)「無制限」と「1,000万円」の比較は下表の通りです。

対物賠償責任保険金額 年間保険料 差額
無制限 67,000円
1,000万円 66,490円 -510円

上記試算例での保険料差は、なんと年間510円でしかありません。

 

 

 

3.対物事故でも高額賠償の可能性あり

レアなケースではありますが、対物事故でも高額な賠償額を請求される事例が発生しています。高額賠償事例は下表の通りです。

対物賠償責任保険の保険金額が1,000万円だと下表のような事故には対応できません。損害額が対物賠償保険の補償額(保険金額)を超えれば当然、自腹で賠償する必要があります。

認定損害額 裁判所 被害物
1億3,580万円 東京 店舗
1億2,037万円 福岡 電車・家屋など
1億1,798万円 大阪 トレーラー

対物事故で2億を超える賠償事例も発生しています。
交通事故高額賠償判決例(物損事故) そんぽ24

事故起こした場合、「直接損害」と「間接損害」が発生し、そのどちらも請求されます。

例えば、営業中のコンビニなどの店舗に突っ込む事故を起こしてしまった場合、店舗の修理費や商品や設備・什器の修理費という「直接損害」が発生するだけでなく、事故の影響により店舗を休業することになった場合、休業期間中の利益を失ってしまうという「間接損害」が発生します。

事故を起こした加害者は、この「直接損害」と「間接損害」の両方を賠償する義務が発生しますので、請求される賠償額が高額になる可能性があります。

スポンサーリンク

 

 

 

4.対物賠償保険の補償額を下げると示談交渉サービスが使えない?

対物賠償を無制限にしない場合の3つの問題点』でもご紹介しましたが、自動車保険の示談交渉サービスは損害賠償額が保険金額を明らかに上回る場合、受けられなくなります。つまり、示談交渉は契約者が自ら行うか、弁護士に依頼する必要が発生します。

対物賠償の保険金額を1,000万円にして、高額な損害賠償額を請求された場合、補償が不足する部分は当然、自ら賠償する必要があり、尚且つ示談交渉も自分でしなければならないという事態になりかねません。

例えば、対物1,000万円の補償で1億円の賠償を求められる対物事故を起こした場合、自腹で9,000万円を賠償し、示談交渉も自ら行う必要があるということです。

 

 

 

5.節約コースの対物賠償保険が「無制限」ではない可能性あり

自動車保険の申込書に「おすすめコース」、「補償充実コース」、「節約コース」等、複数のパターンで見積もりが出ていることがあります。その中の「節約コース」の対物賠償責任保険の保険金額が無制限ではないパターンが含まれている事があります。

保険料を安くしたい一心で対物賠償責任保険が無制限ではない「節約コース」で契約されていた方から補償内容のご相談を受けたことがあります。

対物賠償責任保険を無制限から1,000万円等にするだけでは保険料はほとんど変わりませんが、その方の「節約コース」は対物賠償責任保険の保険金額を下げる以外にも補償が削られていて保険料が安くなっていました。

相談者の方には対物賠償責任保険を無制限にしても保険料はほとんど上がらないので、保険金額を無制限に変更するようにアドバイスさせて頂きました。

上記例のように保険料に目がいってしまうと、意識せず対物賠償責任保険の保険金額が無制限ではない契約をしている可能性もあります。

 

 

 

6.補償は削らず自動車保険料を節約する方法

上記のように、保険料節減額に対してリスクが高すぎるので、対物賠償責任保険の補償額を下げることはおすすめできません。

ムダな補償は外し保険料を節約することも重要です。しかし、保険料ありきで補償を削って保険料を下げるのは得策ではありません。まずは、補償は極力減らさず、保険料を下げる方法を探すべきだと思います。

自動車保険の保険料をとにかく安くしたいと思うのであれば、やはり複数の保険会社の見積もりを取るべきです。

損害保険各社の自動車保険の保険料は、一様ではありません。同条件の補償内容でも年齢条件や年間走行距離等で保険会社ごとに保険料に差が出ています。

補償内容は変更せずに、契約している保険会社を変更するだけで保険料が削減できるケースもあります。

なお、対物賠償保険を含む、対人賠償保険人身傷害保険車両保険などの補償内容の選び方を下記記事で解説していますので、自動車保険を契約する際の参考にして頂ければと思います。
自動車保険の補償内容の選び方|おすすめのプランとは?

 

 

 

まとめ

自動車保険は安い方がいいという方が多いと思いますが、どのように安くするかが重要です。

補償を下げて保険料を安するような「安かろう悪かろう」の方法はおすすめできません。

自動車保険料の節約のために複数社の見積もりをとることをおすすめしましたが、複数社の見積もりを取ることは面倒でもあります。

通販型自動車保険会社のサイトでは見積りをすることができますが、1社ずつ車検証や保険証券の内容を入力して試算するのには時間がかかります。

そんな面倒を解消してくれるのが、自動車保険一括見積もり比較サイトです。

おすすめの自動車保険一括見積もり比較サイトは下記の通りです。どちらのサービスも無料で利用できます。

保険スクエアbang!
最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!
400万人以上の利用実績があるサイトです。
保険料比較で5万円以上安くなって事例も!


保険の窓口インズウェブ
利用者900万人突破の一括見積りサービスです。
最短5分で、最大20社の見積もりが、一度に取り寄せられます。

最終更新日:2019年3月29日
No.40

スポンサーリンク