医療保険の入院給付金について理解しておくべきポイント

2018年3月16日

ご加入の医療保険の入院給付金は60日型でしょうか?それとも120日型でしょうか?医療保険の入院給付金には1入院あたりの支払限度日数と通算の支払限度日数がありますが、どのように違うのかご存知でしょうか?

今回は医療保険の入院給付金についてご紹介します。


スポンサーリンク

1.入院給付金とは?

入院給付金とは、病気やケガの治療を目的として入院した際に支払われる給付金です。ケガが原因で入院した場合には「災害入院給付金」が支払われ、病気が原因で入院し場合には「疾病入院給付金」が支払われます。但し、「災害入院給付金」と「疾病入院給付金」との支払事由が重複して発生しても重複支払いはありません。

給付金は1日5,000円や1万円という定額での支払いになります。以前は入院5日目から保障などの医療保険がありましたが、現在は日帰り入院(入院日と退院日が同一の入院)も保障される商品が主流です。

また、入院日数5日未満の場合、一律、入院給付金日額の5日分が支払われる医療保険や、特則を付加すると入院日数10日未満の場合、一律、入院給付金日額の10日分が支払われる医療保険もあります。

例えば、入院給付金が1日5,000円で、2日間入院した場合には、5,000円×5で2.5万円支払われることになります。入院日数5日以上の場合には、入院給付金日額の入院日数分が支払われます。

 

 

 

2.1入院あたりの支払限度日数

1回の入院あたりの入院給付金支払限度日数は、60日型、120日型などがあります。長期だと730日型などがあります。

支払限度日数が60日型の契約の場合、1回の入院で継続して70日間入院した場合でも、給付金が支払われるのは60日間分が限度ということになります。

三大疾病(がん、心筋梗塞、脳血管疾患)の治療が目的の入院は給付日数が無制限という医療保険もありますし、特約で三大疾病の治療が目的の入院は給付日数を無制限とすることができる医療保険もあります。

スポンサーリンク



 

 

 

3.通算の支払限度日数

医療保険の支払限度日数には、1入院あたりの日数と保険期間での通算日数の2つの考え方があります。

多くの医療保険が通算の支払限度日数を病気・ケガそれぞれで1,000日や1,095日としています。つまり、通算の支払限度日数が1,000日の場合、「災害入院給付金」で1,000日分、「疾病入院給付金」で1,000日分まで支払われることになります。

また、1回の入院あたりの支払限度日数と同じように三大疾病(がん、心筋梗塞、脳血管疾患)が原因の入院は通算の支払限度日数も無制限という医療保険もあります。

 

 

 

4.1入院の考え方

さて、医療保険の入院給付金でご注意頂きたいのが1入院の考え方です。入院して退院後、180日以内に再入院した場合、その入院は1入院とみなされます。

例えば、60日型の医療保険に加入していて、初めに40日間入院し、退院。その後、180日以内に原因が同一または医学上重要な関係がある入院を30日間した場合には、入院期間は通算され、70日間の入院となります。よって、入院給付金が支払われるのは、60日分までとなります。
(商品によっては、複数回入院した場合、入院の原因を問わず、「災害入院給付金」、「疾病入院給付金」毎に入院期間が通算されます。)

①2つの入院が1入院とみなされる場合(入院給付金が60日型の場合)
1入院とみなされる場合

上図の場合、入院期間は70日間(40日間+30日間)ですが、2つの入院が1入院とみなされ入院期間が通算されるため、入院給付金として支払われるのは、60日型の1入院の支払限度日数である入院給付金日額の60日分となります。

 

②2つの入院が1入院とみなされない場合(入院給付金が60日型の場合)
1入院とみなされない場合

上図の場合は、それぞれの入院が別の入院とみなされ入院期間が通算されないため、支払われる入院給付金は1回目の入院40日分と、2回目の入院30日分となります。合計では、入院給付金日額の70日分が支払われます。

 

5日未満の入院の場合は、一律で入院給付金日額×5日分を支払う医療保険の場合も上記と同様の考え方で給付金を支払います。

つまり、2日入院して退院し、その後180日以内に2日入院した場合、入院給付金日額×5が2回支払われるのではなく、通算4日間の入院とみなされ、入院給付金日額×5日分が支払われます。
1入院とみなされる場合2

 

 

 

まとめ

入院給付金についてご理解頂けたでしょうか。

1入院の考え方は、ご存知ない方も多いと思います。同じ病気で何度か入院することがある場合には、上記内容を参考にして頂ければと思います。

 
最終更新日:2018年3月16日
No.203

スポンサーリンク