バイクに車両保険は必要?|盗難や自損事故は補償されるのか?

2018年12月13日

バイク保険にも自動車保険と同様に車両保険をセットすることができます。

補償内容についても自動車保険の車両保険とほぼ同じではありますが、バイク保険に車両保険をセットする際には、注意すべき点がいくつかあります。

今回の記事では、バイク保険に車両保険をセットする際に注意すべき下記ポイントを中心に解説します。

・バイクの車両保険は、盗難が補償されるのか?
・バイクの車両保険は、自損事故が補償されない?
・バイク保険の車両保険を比較する際には、保険料だけでなく補償内容の確認が重要


スポンサーリンク

1.バイクの車両保険とは?

まず、バイクの車両保険とはどうような補償内容なのかを解説します。

バイク保険の車両保険は、偶然の事故などにより契約のバイクに損害が発生した場合、保険金を受け取れます。

バイクは、自動車に比べて事故の際の損害が大きくなります。例えば、バイク保険の車両保険は、バイクで走行中に転倒した際の修理費用や、立ちごけした際の損害に対する修理費用などが補償されます(自損事故が補償されないプランもあります)。

一般的にバイク保険の車両保険は高いので、加入(セット)率は非常に低いと思われます。

また、バイク保険の車両保険にも自動車保険の車両保険と同様に、補償範囲の広い「一般型」と、補償範囲を絞った「エコノミー型があります。

補償範囲が狭い「エコノミー型」の方が補償範囲の広い「一般型」に比べて保険料は安くなる点も自動車保険の車両保険と同じです。
車両保険の補償を絞って保険料節約!?(車両保険の種類)

ただし、バイク保険に車両保険をセットする際には、自動車保険とは異なる注意すべき点がいくつかあります。バイク保険に車両保険をセットする際に注意すべき点については、次項以降で解説します。

 

 

 

2.バイクに車両保険は必要か?

「バイクに車両保険は必要か?」という質問を頂くことがあります。

バイクに車両保険の必要性は高いでしょう。単独事故などでも4輪車に比べて損害が発生しやすいのは間違いありません。損害の具合によっては、修理費が高くなることや物理的に修理できない全損となることも容易に想像できます。

また、盗難の可能性も4輪車に比べれば非常に高く、車両保険の必要性は高いといえます。

しかし、加入の際には自動車保険の車両保険とは補償内容が異なる場合がある点に注意が必要です。必要としている補償がないのであれば、車両保険をセットする意味はなく、保険料がムダになってしまう。

スポンサーリンク

 

 

 

3.バイクの車両保険は盗難が補償されない?

バイク保険の車両保険は補償範囲に注意が必要です。大手損保会社のバイク保険の場合、盗難が補償対象外です。

盗難の補償が必要な場合は、日新火災の「おとなのためのバイク保険」に加入するか、レットバロン等の盗難保険に加入する必要があります。
バイクの盗難はバイク保険では補償されない!?

大手損保会社のバイク保険の車両保険は原則、下記のような補償内容になっています。

 事故内容 一般条件
他の自動車との衝突
盗難事故 ×





火災・爆発
台風・洪水・高潮
落書・いたずら
物の飛来・落下



電柱等に衝突
自転車との衝突
墜落・転覆
当て逃げ

バイクは盗難の可能性が高いですが、ほとんどのバイク保険(車両保険)では、盗難が補償対象外になっています。バイクが盗難されて、車両保険で補償されると思っていたのに、とならないようにご注意ください。

 

 

 

4.自損事故が補償されないバイク保険(車両保険)がある?

チューリッヒのバイク保険(車両保険)はさらに補償内容に注意が必要です。
バイク保険の車両保険は補償範囲に注意が必要

チューリッヒのバイク保険の車両保険は、下表の通り大手損保会社と比較すると更に補償範囲が狭くなっています。

事故内容 車対車事故のみカバー型
他の自動車との衝突
盗難事故 ×





火災・爆発 ×
台風・洪水・高潮 ×
落書・いたずら ×
物の飛来・落下 ×



電柱等に衝突 ×
自転車との衝突 ×
墜落・転覆 ×
当て逃げ ×

チューリッヒの車両保険は、他の車(原付自転車を含む)との衝突・接触事故が補償の対象となる「車対車事故のみカバー型」で相手自動車およびその運転者または所有者が分かる場合のみ補償されます。

単独(自損)事故や盗難、いたずら等が補償対象外であり、また、他の車やバイクとの事故でも相手が事故現場から逃げたなどの理由で、事故相手が不明の場合は、当て逃げ等となり、補償の対象外となることに注意が必要です。

チューリッヒのバイク保険の車両保険は非常に補償範囲が狭いので、特に注意が必要です。

なお、チューリッヒのバイク保険では、原付(原動機付自転車)の契約に車両保険をセットすることはできません

 

 

 

5.バイクの車両保険は保険料だけでなく、補償内容も比較が必要

上記の通り、バイク保険の車両保険は、保険会社によって補償内容が大きく異なる場合があります。よって、バイク保険の加入を検討する際には、保険会社ごとの保険料を比較するだけでなく、補償内容の比較も非常に重要です。

バイク保険の車両保険を保険料だけで比較してしまうと、必要だと思っていた補償がないということになる可能性があります。

バイク保険に車両保険をセットする場合には、それぞれのバイク保険の車両保険では、どのような事故が補償されるのかをじっくりと比較し、その後に保険料を比較することをおすすめします。

 

 

 

まとめ

バイク保険の車両保険についてご理解いただけだでしょうか?

今回の記事で解説したバイク保険に車両保険をセットする際に注意すべきポイントをまとめると、下記の通りです。

・バイク保険の車両保険は、盗難が補償されない保険会社がほとんど
・車両保険をセットしても自損事故が補償されないバイク保険がある
・バイク保険に車両保険をセットする際には、保険料だけでなく、補償内容もチェック

バイクは、転倒による損害のリスクが高いため、バイク保険に車両保険をセットすると、保険料が高くなることは間違いありません。

ご自身が必要と考える補償内容と、保険料の兼ね合いを考え、車両保険のセット有無を判断して頂ければと思います。

バイク保険の保険料は、比較で安くなります。無料一括見積もりサイトを利用して、保険料の節約をしてください。
バイク保険一括見積もり比較(無料)

No.354

スポンサーリンク