他人の車を運転する際に確認すべき自動車保険のポイント6つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友人や知人の車を運転する際に自動車保険の補償内容がどうなっているか心配になることはないでしょうか?

運転する友人、知人の車の自動車保険の契約内容を確認しておかないと、事故の際に全く補償されないという事態になりかねません。自動車保険の補償が無ければ、大きな賠償金を自ら支払う必要があります。

今回は、友人、知人等の車を運転する際には、自動車保険契約について、どのようなポイントに気を付ければよいかについて解説します。

他人の車を借りて運転することが多い方は参考にして頂ければと思います。



1.年齢条件

友人や知人など他人の車を運転する際に一番気になるのが、自動車保険の年齢条件ではないでしょうか。

記名被保険者が個人である自動車保険で、年齢条件が適用される方の範囲は下記の通りです。
①記名被保険者
②記名被保険者の配偶者
③記名被保険者又は配偶者の同居の親族
④①~③の業務に従事中の使用人
※④の方については年齢条件が適用されない保険会社もあります。

上記の通り、記名被保険者が個人の自動車保険で年齢条件が適用されるのは、原則、同居の家族等です。よって、友人や知人の車を運転する際には原則、年齢条件を心配する必要はありません。つまり、①~④以外の方が運転中の事故については、設定されている年齢条件には関係なく補償されます。

しかし、法人が所有している自動車を運転する際には、注意が必要です。記名被保険者が法人である契約の自動車保険(ノンフリート契約)の場合、運転する全ての方に年齢条件が適用されます。

但し、フリート契約(所有・使用する自動車が10台以上の契約)の場合は年齢条件の設定はできないので、運転者の年齢を気にする必要はありません。
年齢条件を設定るす際に抑えておくべき4つのポイント

よって、法人所有の車を運転する際には、自動車保険の年齢条件が、ご自身の年齢が補償される条件に設定されているかを確認する必要があります。


 

 

 

2.運転者限定

友人や知人等の他人の車を運転する場合には、補償される運転者が限定されていないか特に注意が必要です。

記名被保険者が個人である自動車保険の場合、補償対象の運転者を限定し、保険料を安くすることが可能です。

運転者限定特約には以下のような限定方法があります。
・本人限定
・本人・配偶者限定
・家族限定

補償対象の運転者が限定されている場合、他人が運転して起こした事故は、補償の対象にはなりません。
運転者を限定して保険料節約


 

 

 

3.他車運転特約

上記のように友人や知人の自動車保険の補償対象者が運転者限定特約によって限定されている場合に役立つ自動車保険の特約が他車運転危険特約です。

自動車保険に加入している方については、ご自身の自動車保険に他車運転特約が自動的にセットされているはずです。他車運転特約は、記名被保険者が個人の自動車保険に原則、自動的にセットされる特約です。

他車運転特約は他人から借りた車を運転中(駐車または停車中を除く)に事故を起こした場合、借りた車の保険に優先して、自分が契約している自動車保険から保険金を支払う特約です。
※「停車」には、信号待ちや踏切での列車待ちは含まれません。

対人賠償・対物賠償、一定の条件を満たせば、車両損害等も他車運転特約で補償されます。

尚、他車運転危険特約は、配偶者や同居の親族が、他人から借りた車で事故を起こした場合にも補償されます。例えば、夫を記名被保険者(主に車を使用する方)として自動車保険を契約している場合、妻や同居の子供が他人の車で事故を起こした際にも他車運転特約で補償されます。

他車運転特約の詳細については、下記記事をご参照ください。
他人から借りた車で事故を起こしたら・・・


 

 

 

4.1日単位の自動車保険

他人の車を運転する際に利用可能な1日単位で加入できる自動車保険も販売されています。1日500円から自動車保険に加入できます。

1日単位で加入できる自動車保険は、本人若しくは配偶者以外が所有する自動車を運転する際に加入できる商品です。例えば、親や友人等の自動車を借りて運転する際に利用できる自動車保険です。

他人の車を借りて運転する際に、自分では自動車保険には加入していない場合や事故の際に知人や友人の加入している自動車保険の使用を避けたい場合には、検討に値するでしょう。

また、ドライバー保険とは違い、同居の親の所有する自動車を子供が運転する場合にも子供が加入して利用できます。

1日単位で加入できる自動車保険を販売している主な保険会社は以下の通りです。


・東京海上日動
「ちょいのり保険(1日自動車保険)」

・三井住友海上
「1DAY保険(24時間単位型自動車運転者保険)」

・あいおいニッセイ同和損保
「ワンデーサポーター(24時間単位型自動車運転者保険)」

1日単位の自動車保険の詳細は下記記事をご参照ください。
1日単位で契約できる自動車保険


 

 

 

5.ドライバー保険

他人の車を運転する際には、「ドライバー保険」も活用できます。ドライバー保険(正式名称:自動車運転者損害賠償責任保険)とは運転免許証は持っているが、自分で自動車を所有していない人のための自動車保険です。

1日単位の自動車保険と違い、ドライバー保険の保険期間は1年間です。また、自動車保険と同じように等級制度があり、「1~20等級の区分」、「無事故・事故有の区分」により保険料が割増引きされます。

1日単位の自動車保険と同じように自分では自動車保険には加入していない場合や事故の際に知人や友人の加入している自動車保険の使用を避けたい場合に活用できる商品です。

ドライバー保険の詳細については、下記記事をご参照ください。
車を持っていなくても自動車保険に加入できる?


 

 

 

6.自賠責保険(共済)

自賠責保険(共済)については、年齢条件や運転者限定特約はないので、契約者以外の方が運転した際に起こした事故でも補償されます。但し、自賠責保険の補償は最低限のもので、自賠責保険だけでは補償が不足する可能性があります。

よって、他人の車を運転する際には、自動車保険(任意保険)の加入状況について確認しておくことが重要です。


 

 

 

まとめ

友人や知人等の他人の車を運転する際には上記のようなポイントに注意し、事故の際に補償されないということがないようにして頂ければと思います。

借りて運転する車の自動車保険に運転者限定特約がセットされているような場合には、1日単位の自動車保険やドライバー保険の加入を検討するといいでしょう。

但し、ご自身やご家族等が自動車を所有し、自動車保険に加入しているのであれば、原則、他車運転特約が自動セットされているので、その契約で他人の車を運転している際の事故も補償されます。


 

No.286

こちらの記事も読まれています!

  • 2台目の車は1台目の車の自動車保険で補償される? 「2台目の車を購入する際に自動車保険は1台ずつ加入する必要があるのか?」また、「1台ずつ加入が必要であるならば、少しでも保険料の節約ができないか?」などと考える方が多いと思います。 また、夫婦で1台ずつ車を所有しているなど、ご家族で複数台の車を所有する場合にも上記と同じよ […]
  • 対物超過修理費用も「無制限」が選べる? 自動車保険には色々な特約がありますが、同じ特約であっても、その補償額や補償内容は保険会社によって微妙に異なることがあります。 特に満期更改時に保険会社を乗り換える際には、満期更改前に契約している自動車保険と乗り換え後の自動車保険では、特約等の補償額や補償内容にどのような違 […]
  • 車を買い替える際の自動車保険変更手続きのタイミングは? 古い車から新しい車に買い替えた際には自動車保険の変更(車両入替)手続きが必要になります。その変更手続きはタイミングが重要です。 車を乗り換えた後に自動車保険の変更について連絡をしてくる方がいますが、それでは、新しい車での事故が補償されない可能性があります。 今回は、 […]
  • 弁護士費用特約の補償内容は保険会社によって異なる!? 自動車保険に弁護士費用特約を付加されているでしょうか?『プロがお勧めする自動車保険5つの特約』でご紹介したお勧めの自動車保険の特約ですが、保険会社によって補償の内容が異なる場合があります。 今回は、保険会社によって異なることがある弁護士費用特約の補償内容についてご紹介しま […]
  • 20等級の自動車保険契約に更に適用される割引とは? 一般的に個人で自動車保険に加入されている方の場合、1~20等級までのノンフリート等級(割増引)が適用されます。つまり、割引は20等級の63%割引が上限となります。 加入されている自動車保険の等級が20等級で、無事故を継続されている方の場合、更なる割引はないのかと不満に思わ […]
  • 車検切れの車を運転した場合に発生する問題点まとめ 国土交通省は車検切れの車を路上で素早く確認するシステムを使って取り締まりを行う予定です。持ち運び可能なカメラでナンバーを読み取り、瞬時にデータと照合して車検切れかを判別、係員が警察と連携してその場で取り締まる仕組みで、2018年の本格運用を目指すようです。 なぜ、車検切れ […]
2017年5月22日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP