生命保険は若いときに加入した方がいい4つの理由

2018年6月2日

「若い時に生命保険に加入した方が得」とよく聞きますが、本当でしょうか。どのような点で若い時に加入した方が得といえるのでしょうか?

保険の営業トークでよく聞く言葉ですが、今回は20歳、30歳、40歳、50歳で同じ保障内容の生命保険に加入した場合の試算を比較し、検証してみます。

生命保険の加入を検討している方は参考にして頂ければと思います。


スポンサーリンク

1.保険料は若い方が安い

生命保険は年齢が若いほど保険料が安くなります。ある保険会社の契約年齢ごとの終身保険の保険料は下表の通りです。

【試算条件】
商品:終身保険
被保険者:男性
保険金額:500万円
払込期間:60歳払済

 
契約年齢 月額保険料
20歳 8,400円
30歳 11,540円
40歳 17,870円
50歳 36,180円
全く同じ保障内容であるにもかかわらず、20歳で加入した場合の月額保険料と、50歳で加入した場合の月額保険料を比べると4倍以上違います。上記の比較表を見る限り、1ヶ月に支払う保険料だけで比較すると契約年齢が1歳でも若いうちに加入した方がいいことになります。

 

 

 

2.支払総額も若い方が少ない

1回分の支払い保険料は若い方が安くなることは容易に想像できると思うのですが、払込期間中に支払う保険料総額についてはどうでしょうか。

 
契約年齢 月額保険料 総払込保険料
20歳 8,400円 4,032,000円
30歳 11,540円 4,154,400円
40歳 17,870円 4,288,800円
50歳 36,180円 4,341,600円
50歳で加入して10年間保険料を払う場合に比べて、20歳で加入して60歳まで40年間保険料を払い続ける方が保険料の支払総額では高くなりそうですが、実際には20歳で加入した方が30万円以上、支払総額が安くなります。

一見、若い時に加入した場合の方が保険料を長く支払う必要があるため、支払総額が大きくなりそうですが、若い時に加入していた方が支払総額でも安くなります。

スポンサーリンク



 

 

 

3.返戻率も若い方が良い

1回あたりの保険料、支払総額の両方で若い時に生命保険に加入した方が安くなることが確認できましたが、解約返戻率はどうでしょうか。

解約返戻率とは?
生命保険を解約した際に受け取るお金を解約返戻金といい、解約返戻率とは、それまで支払った保険料総額に対しての解約返戻金の割合を表したものです。下記の算式で計算できます。

解約返戻率(%) = 解約返戻金 ÷ 払込保険料累計 × 100
契約年齢 月額保険料 総払込保険料 60歳時解約返戻金 返戻率
20歳 8,400円 4,032,000円 3,998,215円 99.1%
30歳 11,540円 4,154,400円 3,998,215円 96.2%
40歳 17,870円 4,288,800円 3,998,215円 93.2%
50歳 36,180円 4,341,600円 3,998,215円 92.0%
60歳で払込満了した後の解約返戻金は全ての加入年齢で同じ推移になります。よって解約返戻率で比べても若い時に加入した方が良くなります。

 

 

 

4.病気になるリスクがある

基本的なことですが生命保険は、健康でないと加入することが出来ません。健康に関しては、年齢が上がるごとに健康を害するリスクが上がっていくことは間違いありません。

持病があっても加入出来る引受基準緩和型や無選択型の生命保険もありますが、当然、保険料は健康な方より高くなりますし、加入して数年は保険金を減額される等のデメリットがあります。
持病があっても医療保険や生命保険に加入できる?

いつどのような病気になるかは、誰にも分らないものです。健康面で考えると生命保険は若くて健康なうちに加入しておく方が良いと言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

今回の終身保険を事例とした検証では1歳でも若いうちに生命保険に加入した方が良いという結論に達します。結婚や子供が生まれた等で保障が必要になったのであれば、1日でも早く健康なうちに必要な保障内容の生命保険に加入した方がいいのは間違いありません。

しかし、自分が亡くなっても保障を残すべき人が居ない間はムリ(ムダ)に生命保険に加入する必要はないでしょう。営業のセールストークに惑わされることなく、ご自身に保障が必要かどうかを確認し、生命保険への加入を検討してください。

最終更新日:2017年10月31日
No.73

スポンサーリンク