【大雨氾濫】京都市右京区を流れる天神川が氾濫の恐れ|現地の動画や画像はある?7/8

2020年7月8日、大雨の影響により、京都市右京区を流れる天神川が氾濫の恐れがあるとの情報があります。

今回は、氾濫の恐れのある京都市右京区を流れる天神川について確認したいと思います。

スポンサーリンク

京都市右京区を流れる天神川が氾濫の恐れ(7月8日)

2020年7月8日、大雨の影響により、京都市右京区を流れる天神川が氾濫の恐れがあるとの情報があります。

Twitterの動画や画像を確認すると、激しい雨の影響で川の水位が上がり、茶色く濁った水が勢いよく流れる様子が分かります。

避難勧告が出ている地域もありますので、お気を付けください。

スポンサーリンク

 

大雨の影響により氾濫の危険性がある現場はどこ?|京都市右京区を流れる天神川

京都市右京区を流れる天神川で氾濫の危険性があるとの情報です。

スポンサーリンク

 

 

大雨の影響により氾濫の危険性がある天神川の動画や画像はある?

大雨の影響により氾濫の危険性がある天神川のの動画や画像は以下の通りです。

Twitterに投稿された動画や画像によると、激しい雨の影響で川の水位が上がり、茶色く濁った水が勢いよく流れる様子が分かります。

スポンサーリンク

 

 

京都市右京区を流れる天神川が氾濫の恐れに対するネットの反応

京都市右京区を流れる天神川が氾濫の恐れに対するネットの反応は下記の通りです。

スポンサーリンク

 

 

ゲリラ豪雨などによる水害は火災保険で補償される

ゲリラ豪雨などによる自宅建物や家財(テレビ、家具、家電、衣服など)の損害は、火災保険で補償されます。個人向けの火災保険は補償範囲が広く、火災以外にも自然災害など補償される損害があります。

下記のようなゲリラ豪雨などによる水害(水災)が火災保険では、補償の対象となります。

  • 集中豪雨で、土砂崩れが起きて、建物内に土砂が流れ込んだ
  • 台風による大雨で河川が氾濫し、建物が床上浸水の被害にあった
  • ゲリラ豪雨により床上浸水が発生し、家電製品、家具などが使えなくなった

詳細は、下記記事をご参照ください。

ゲリラ豪雨による水害は火災保険で補償される?

スポンサーリンク