【新型コロナ】部活クラスターが出た立正大淞南高校に誹謗中傷|「日本から出て行け」「学校をつぶせ」8/23

2020年8月23日、島根県松江市の立正大淞南高校サッカー部などで新型コロナウイルスの集団感染が相次ぎ、生徒らがネット上などで誹謗(ひぼう)中傷される事態になっていると報道されました。

今回は、誹謗中傷される事態になっている部活クラスターについて確認したいと思います。

スポンサーリンク

部活クラスターが出た立正大淞南高校に誹謗中傷|「日本から出て行け」「学校をつぶせ」

2020年8月23日、島根県松江市の立正大淞南高校サッカー部などで新型コロナウイルスの集団感染が相次ぎ、生徒らがネット上などで誹謗(ひぼう)中傷される事態になっていると報道されました。

9日以降、サッカー部員らの感染者が約100人に上った松江市の私立立正大淞南(しょうなん)高校では、学校の批判に加え、生徒を中傷するような電話が80件を超えた。

集団感染は、部員の大半が寮で共同生活していたことが原因とみられ、同校は記者会見で「学校側の対策が十分ではなかった」と謝罪。そのうえで「生徒に落ち度はない」と強調したが、ネット上では、生徒の活動を紹介する同校の公式ブログも標的となった。

7~8月に行われた島根県の独自大会で準優勝した野球部の部員を、屋外でサッカー部員らが祝福する写真に対しては、「マスクも着けずにコロナをばらまいている」との批判が殺到。同校は「生徒個人が特定される」として写真を削除したが、テレビの情報番組などが取り上げたこともあり、さらに拡散。島根県は8月21日、写真が転載された十数件のサイトについて「人権侵害の恐れがある」として松江地方法務局に通報し、削除要請を依頼する異例の対応を取った。

生徒の心身の不調を懸念した同校は、島根県臨床心理士・公認心理師協会に協力を依頼。約50人から「寝られない」などの相談が寄せられているという。

(出典:Yahoo

スポンサーリンク

 

 

部活クラスターが発生し、誹謗中傷を受けた島根県松江市の立正大淞南高校とは?

クラスターが発生し、誹謗中傷を受けた島根県松江市の立正大淞南高校は、松江市大庭町にあります。

学校法人淞南学園 立正大学淞南高等学校
〒690-0033 島根県松江市大庭町1794−2


立正大学淞南高等学校には、7棟4ヶ所の寮があります。サッカー部には専用の寮(陽光寮)があるようです。

各寮から学校まで徒歩で 15 分程度とHPで説明されているので、寮は学校外にあるようです。

寮の部屋の写真を確認すると、相部屋のようなので、共同生活の中で感染が拡大したと思われます。

スポンサーリンク

 

 

部活クラスターが出た立正大淞南高校に誹謗中傷|「日本から出て行け」「学校をつぶせ」に対するネットの反応

部活クラスターが出た立正大淞南高校に誹謗中傷|「日本から出て行け」「学校をつぶせ」に対するネットの反応は、下記の通りです。


スポンサーリンク

 

 

まとめ

部活クラスターが出た立正大淞南高校に対する誹謗中傷を確認しました。

高校生などの部活でクラスターが発生した場合には、報道に配慮すべきでしょう。

感染者を責めるような風潮が蔓延すると、コロナを防ぐ意味でもマイナスであることは間違いありません。

スポンサーリンク