【新型コロナ】京都大学の課外活動でクラスター発生か?|感染したのは誰?感染経路は?7/24

2020年7月24日、京都大学は課外活動団体に所属する学生計5人が新型コロナウイルスに集団感染したと発表した。

今回は、京都大学の課外活動で発生したクラスターについて確認したいと思います。

スポンサーリンク

京都大学の課外活動でクラスター発生か?|大学生5人が感染

2020年7月24日、京都大学は課外活動団体に所属する学生計5人が新型コロナウイルスに集団感染したと発表した。

感染者のうち1人は7月20日に感染が判明し、その後の濃厚接触者へのPCR検査で23日に4人の感染が確認されました。

京大は「感染者集団(クラスター)の発生と捉えている」としています。

京大は7月10日に、「3密」(密閉、密集、密接)回避や活動前後の複数人の飲食禁止などを条件として、屋外での課外活動(部活動やサークル活動)を認める方針へ転換したばかりでした。


 

 

京都大学の課外活動で発生したクラスターで感染したのは誰?

京都大学の課外活動で発生したクラスターで感染したのは、課外活動に参加していた10代~20代の男子学生5人です。

スポンサーリンク

 

 

京都大学の課外活動で発生したクラスターの感染経路は?|複数人での飲食で感染?

クラスターが発生した課外活動団体は、7月11~12日に屋外での活動を実施。

活動に参加した20代の男子大学院生1人が7月13日になって発熱やせきの症状が出て、20日に新型コロナの感染が判明しました。

その後の濃厚接触者へのPCR検査で23日に4人の感染が確認されました。

京大の調査で、当該団体では3密回避が不十分で、活動前後に複数人による飲食があったことを確認しています。

屋外の活動だけでなく、複数人による飲食で感染が拡大した可能性があります。

なお、クラスターが発生した課外活動団体がどのような活動をしたのかや、どこで会食をしたのかなどについては、公表されていません。

スポンサーリンク

 

 

クラスターが発生した京都大学はどこにある?

クラスターが発生した京都大学は、左京区吉田本町にあります。

京都大学
〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町

クラスターの発生を受けて、京都大学では下記のような文書をHPに掲載しています。

2020年7月21日にお知らせしました本学学生の新型コロナウイルス感染に関連し、接触が疑われる者54名に対してPCR検査を実施したところ、7月23日に4名の学生が新型コロナウイルス感染症に罹患していることが判明しました。(1名については、PCR検査の実施について所轄保健所と調整中)

あわせて5名の感染者となりました。

感染した学生については、保健所からの指示により入院または自宅にて療養を行っております。

本学においては、改めて、全ての課外活動を自粛するとともに、全ての学生に対して注意喚起のため、本日以下のとおり要請いたしました。

今後、京都府や京都市と連携し、これ以上の感染拡大の防止と、再発の防止に全力を尽くしてまいります。

今回このような集団感染(クラスター)が発生し、関係者の皆様方には大変ご心配とご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

感染症法の趣旨を踏まえ、感染者やそのご家族・関係者等が特定されることがないよう人権の尊重・個人情報保護にご留意いただきますようご理解とご配慮をお願いします。

(出典:京都大学

スポンサーリンク

 

 

京都大学の課外活動でクラスター発生か?|大学生5人が感染に対するネットの反応

京都大学の課外活動でクラスター発生か?|大学生5人が感染に対するネットの反応は、下記の通りです。

スポンサーリンク