【新型コロナ】熊本県内で新たに10人が感染|熊本県内の企業でクラスター発生か?7/26

2020年7月27日

2020年7月26日、熊本県で新たに10人の新型コロナウイルス感染者が確認されました。

感染が確認された10人のうち、7人は県内の同じ会社の従業員や関係者だということです。

今回は、クラスターが発生した可能性のある熊本県内の会社について確認したいと思います。

スポンサーリンク

熊本県内で新たに10人が感染|県内の企業でクラスター発生か?

2020年7月26日、熊本県で新たに10人の新型コロナウイルス感染者が確認されました。

感染が確認された10人のうち、7人は県内の同じ会社の従業員や関係者だということです。

スポンサーリンク

 

 

クラスター発生した可能性がある会社で感染した7人は誰?

熊本県内で感染が確認された7人は、7月25日有明保健所管内で感染が確認された20代男性会社員(熊本県60例目)の濃厚接触者とされた同僚などです。

20代男性会社員(60例目)の家族2人は陰性だったとのことです。

熊本県60例目
年齢:20代
性別:男性
職業:会社員(有明保健所管内企業)
居住地:有明保健所管内(荒尾市、玉名市、玉名郡)

スポンサーリンク

 

 

熊本県内でクラスター発生した可能性がある会社はどこにある?

熊本県内でクラスター発生した可能性がある企業については、会社名、所在地など公表されていません。

有明保健所管内企業と発表されています。

 

クラスターが発生したのは造船大手のジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市)の有明事業所(2020年7月27日追記)

クラスターが発生したのは、造船大手のジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市)の有明事業所と公表されました。

7月26日に感染が確認された20代と60代の男性会社員の2人はJMU有明事業所の同僚とのことです。

ジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:横浜市、社長:千葉光太郎)は、当社有明事業所内で勤務している従業員が新型コロナウィルスの感染検査で陽性であることが判明しましたので、お知らせします。

7月25日に社員2名の感染が判明したため、所轄保健所の指導により、速やかに職場の消毒を実施するとともに、濃厚接触者を調査し、2週間の自宅待機措置をおこないました。7月27日午前10時現在では23名(社員22名、グループ会社社員1名)が感染していることが判明しました。また、濃厚接触者96名は順次検査を受けています。

当事業所においては、手洗い、マスクの着用を含めた咳エチケットの励行、時差出勤などできる限り3密を避けるなど感染拡大抑止に取り組んでまいりましたが、引き続き徹底してまいります。

関係各位には多大なご迷惑とご心配をおかけしております。引き続き、自治体及び関係官庁のご指導に則り、適切な感染防止対策に努めてまいります。

何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

(出典:ジャパン マリンユナイテッド株式会社

ジャパンマリンユナイテッド(JMU)有明事業所
〒869-0113 熊本県玉名郡長洲町大字有明1番地

スポンサーリンク

 

 

熊本県内で新たに10人が感染|県内の企業でクラスター発生か?に対するネットの反応

熊本県内で新たに10人が感染|県内の企業でクラスター発生か?に対するネットの反応は、下記の通りです。

スポンサーリンク