自転車保険で補償される?されない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車保険は他人にケガをさせてしまったり、他人のモノを壊してしまったりした場合の賠償責任を補償する個人賠償責任保険と、自分のケガ(死亡・後遺障害、入院、通院)を補償する傷害保険がセットになった商品ですが、個人賠償責任保険で補償されるのは、自転車の事故だけではありません。

賠償部分の個人賠償責任保険は、自転車での事故以外でも補償があり、補償範囲が広いのですが、意外な事例で補償対象外ということがあります。今回は、自転車保険の一部である個人賠償責任保険の免責(補償対象外)事項についてご紹介します。

個人賠償責任保険(自転車保険)をお考えの際は参考にして頂ければと思います。


1.補償範囲は?

自転車による事故で他人にケガをさせてしまったり、他人のモノを壊してしまったりした場合の賠償責任を補償するのは自転車保険の個人賠償責任部分で、実は、補償範囲は自転車事故に限らず、下記のような事故も補償されます。

 

・飼い犬が他人を噛んでケガをさせた
・買い物中に商品を壊してしまった
・自転車で人をはね、ケガを負わせた
・自宅の窓から誤ってモノを落として、下を歩いていた人にケガを負わせた
・水道の蛇口を閉め忘れ、マンション階下の住居を水浸しにしてしまった
個人賠償責任保険とは?

補償範囲をみるとかなり広いですが、どんな事故でも補償されるわけではありません。補償されると思っていたら、実は補償されないという下記のような意外な免責(保険金支払い対象外)もあります。

 

 

 

2.自動車等での事故

自動車での事故も個人賠償責任保険で補償されるのかというご質問を頂いたことがありますが、これは補償対象外です。

自動車での事故は自動車保険(自賠責含む)での補償となります。

 

 

 

3.仕事中での事故

仕事中(業務中)の事故は原則として個人賠償責任保険では免責(補償対象外)です。例えば、レストラン(飲食店)等で配膳の仕事をしいてお客さんの服に食べ物をこぼしてしまったという場合には個人賠償責任保険では補償されません。

上記のような場合は、レストランが加入している施設賠償責任保険での補償となります。

業務中ではなく、プライベートでセルフサービスの飲食店に来ていて、食べ物を運んでいる際に他のお客さんに飲み物をこぼしたという場合には、個人賠償責任保険で補償されます。

 

 

 

4.借りているものを壊した

他人から借りているモノを壊した場合も個人賠償責任保険では免責(補償対象外)です。例えば、友達から借りていたカメラを撮影中に壊してしまった場合などは免責になります。

借りたモノを補償するには受託物賠償責任保険に加入する必要があります。火災保険等には他人からの預かり品やレンタル品を補償する特約(オプション)として受託物賠償補償特約をセットできる商品があります。

 

 

 

5.同居の親族に対する損害責任

同居の親族にケガをさせてしまった等の場合も補償対象外です。個人賠償責任保険は補償の対象となる方の範囲が広く、同居の親族も同じ被保険者(補償の対象者)ですので、被保険者間での事故は補償されません。

 

 

 

まとめ

個人賠償責任保険は、補償範囲が広く補償内容を少し聞いただけだと、どんなことでも補償されるのではないかという錯覚に陥ってしまいそうですが、補償範囲には注意が必要です。

個人賠償責任保険の免責(補償対象外)事項は上記以外にもあります。上記は代表的な事例だけですので、他の免責(補償対象外)事項にもご注意ください。

自転車保険に加入している又は、自動車保険等に個人賠償責任補償特約をセットしている場合で、日常生活で他人にケガをさせてしまったり、他人のモノを壊してしまった際には、補償の対象となる可能性がありますので、保険会社や代理店に問い合わせてみてください。

 

No.154

こちらの記事も読まれています!

  • 同性パートナーと保険 2015年に生活を共にする同性カップルを夫婦と同じような関係の「パートナー」と認める制度が、東京都渋谷区と世田谷区で始まりました。 渋谷区は同性カップルに「パートナーシップ証明書」を交付し、世田谷区では、同性カップルの2人が、「パートナーシップ宣誓書」を提出すれば、区長が […]
  • 自動車保険解約時に確認すべきポイント3つ 自動車を手放す等で自動車保険を解約する場合があると思います。その際に気を付けて頂きたいポイントがいくつかありますので、ご紹介します。 確認もれの内容によっては、取り返しのつかないことになる可能性もありますので、自動車保険を解約する場合には、今回の記事を参考にして頂ければと […]
  • 自転車保険の契約が重複していませんか? 自転車事故の高額な賠償事例が紹介されることが多く、自転車保険が注目されています。自転車保険については、当サイトで何度かご紹介してきました。 『自転車保険に加入する前に確認すべき6つのポイント』 『個人賠償責任保険とは?』 『自転車保険はTSマークの補償で充分か?』 『個 […]
  • 自動車保険に示談交渉サービスがなかったら・・・ 自動車保険には当たり前のようについている示談交渉サービスですが、契約者にとっては非常にありがたいサービスです。 仮に示談交渉サービスがなければ、事故の当事者間で過失割合等を話し合うことになり、色々と大変な思いをすることになるでしょう。 交通事故の際、事故相手が請求し […]
  • 個人賠償責任保険(自転車保険)は不要!? 2015年4月、最高裁で子供が蹴ったサッカーボールが原因で起きた事故について親に賠償責任はないという判決が出ました。お子さんがいる家庭では、非常に気になる判決内容だと思います。 仮に自分の子供が事故の加害者になった場合、親としてどのような対応方法があるでしょうか?今回は判 […]
  • 同居の親族とは? 保険のパンフレットをみていると「同居の親族」という言葉が頻繁に出てきます。特に自動車保険のパンフレットには多く出てくる用語です。 この言葉だけだと曖昧でどの範囲が親族かが分かりません。しっかりと理解していないと補償の範囲だったと思っていた人が補償範囲外だったということにな […]
2016年1月22日 | カテゴリー : 自転車保険 | 投稿者 : 保険FP