自動車保険に加入してドライブレコーダを借りる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライブレコーダーを付けている車両が多くなり、色々な事故の映像がテレビ番組等で流れる機会が増えました。

ドライブレコーダーの装着は自動車保険にメリットがある?』でもご紹介しましたが、ドラブレコーダーの映像は、自動車事故の過失(責任)割合を決める際の証拠にもなりますので、ドラブレコーダーの設置を考えている方も多いと思います。

スマホにダウンロードするドラブレコーダーアプリを提供している保険会社が何社かありますが、実は、ドラブレコーダーを貸し出す特約を提供している保険会社があります。



1.ドライブレコーダーの貸し出し

東京海上日動の「ドライブエージェント パーソナル」は「事故発生の通知等に関する特約」を付帯すると、東京海上日動オリジナルのドライブレコーダーを借りることが出来ます。

オリジナルドライブレコーダー(以下端末)には、通信機能が付いていて事故発生時に自動発報により事故受付や映像の自動送信が可能となっています。また、端末を通じて保険会社の事故受付センター等との音声対話ができます。

2017年4月1日以降始期契約から当該サービスが提供されています。


 

 

 

2.「ドライブエージェント パーソナル」のサービス内容

「ドライブエージェント パーソナル」は「事故発生の通知等に関する特約」をセットした契約者に提供されるテレマティクスサービスの名称です。「ドライブエージェント パーソナル」のサービス内容は以下の通りです。


1)事故対応サービス

いざという時の事故対応サービスは以下の通りです。

①映像送信
端末が一定の衝撃を検知した場合、東京海上日動に映像が自動的に送信され、保険会社と事故映像が共有されます(パソコン等に接続して送信することも可能です)。

②自動発報
端末が強い衝撃を検知した場合、自動的に提携企業(プレミアエイド)に連絡が行われ、端末を使用して通話することができます。状況に応じて、プレミアエイドが消防等への連絡を行います。

また、一定の衝撃を検知した場合には、端末のボタンから手動で東京海上日動安心110番に事故連絡(手動発報)を行うことが可能で、手動発報の場合も端末を通じて通話が可能です。


2)安全運転支援サービス

①映像記録
車の前方の映像をフルHDの高画質で常時録画します。※約4時間の録画が可能で、自動で上書きされます。

②安全運転診断
車の運転情報をもとに作成した契約者専用の「安全運転診断レポート」が満期時(長期契約の場合は始期応当月)に提供されます。
※2017年12月以降に満期日を迎える契約が対象となります。

内容は、利用状況として年間走行距離、年間走行時間、乗車日数等が記録されています。また、急アクセル、急ハンドル、急ブレーキの傾向も記録されていて、ご自身の運転状況の確認に役立つものだと思います。

③事故防止支援
「片寄り走行警告&前方車両接近警告」や「危険地点接近警告」による事故防止支援を行います。

 

 

 

3.特約保険料

特約保険料は月額650円(一時払・年払:7,480円)です。「事故発生の通知等に関する特約」は2017年4月以降であれば、保険期間の途中で同特約をセットすることも可能です

ドラレコを付けると自動車保険の保険料が割引きになるかという質問を頂くことが多いですが、このサービスは、保険料が割引きになるどころか、特約保険料が必要になります。

しかし、ドラレコ自身に通信機能があり、保険会社に映像を自動的に送信したり、保険会社との通話も可能ということで、事故時の安心感が増し、特約保険料分の価値を感じる方もいるのではないでしょうか。


 

 

 

4.対象契約

対象契約はトータルアシスト自動車保険または、トータルアシスト超保険です。記名被保険者が個人である契約が対象になります。記名被保険者が法人である場合には、TAPでの契約になるので、サービス対象外です。フリート契約者向けには「ドライブエージェント」として同様のサービスが既に提供されています。

対象自動車は、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車です。


 

 

 

まとめ

当該特約の必要性を感じるかどうかは別として、取組自体は面白いと思います。

東京海上日動は、当該サービスを提供するために走行距離、走行時間、速度、位置情報、加速度センサーによる計測値等の情報を取得しています。上記の取得した情報によって「安全運転診断レポート」を作成しています。

これだけの情報があれば、走行距離やライバーの運転特性の評価内容によって保険料を算出するテレマティクス保険の提供も可能だと思います。

今後は、その方向に向けて商品開発を行うのかもしれません。


 

No.291

こちらの記事も読まれています!

  • 緩和型医療保険の引受条件は保険会社によって異なる!? 生命保険や医療保険等に加入する場合には、無選択型の商品でない限り、診査や告知が必要になります。 『生命保険の申込時には、必ず医師の診査が必要?』 健康状態によっては、生命保険や医療保険等の引き受けを断られる場合がありますが、その引き受けの条件は保険会社によって異なります […]
  • 三大疾病保障保険の保険金支払要件が異なる商品 以前の記事で三大疾病保障保険の保険金支払い要件はがん(悪性新生物)以外の脳卒中、急性心筋梗塞については、所定の要件を満たす必要があるとご紹介しました。 『狭心症は三大疾病の保障対象外!?』 一般的には、脳卒中、急性心筋梗塞は60日以上の労働が制限される状態が継続する等が […]
  • 自動車保険を同じ保険会社で継続するメリットはある? 「自動車保険を同じ保険会社で継続することにメリットはあるのか?」という質問を頂きました。 同じ保険会社で何年も自動車保険を継続すれば、事故の際に保険金の支払いがスムーズになったり、保険料が安くなったりするのでしょうか? 同じ保険会社で自動車保険契約を継続することによ […]
  • 車検切れの車を運転した場合に発生する問題点まとめ 国土交通省は車検切れの車を路上で素早く確認するシステムを使って取り締まりを行う予定です。持ち運び可能なカメラでナンバーを読み取り、瞬時にデータと照合して車検切れかを判別、係員が警察と連携してその場で取り締まる仕組みで、2018年の本格運用を目指すようです。 なぜ、車検切れ […]
  • 2台目の車は1台目の車の自動車保険で補償される? 「2台目の車を購入する際に自動車保険は1台ずつ加入する必要があるのか?」また、「1台ずつ加入が必要であるならば、少しでも保険料の節約ができないか?」などと考える方が多いと思います。 また、夫婦で1台ずつ車を所有しているなど、ご家族で複数台の車を所有する場合にも上記と同じよ […]
  • 対物超過修理費用も「無制限」が選べる? 自動車保険には色々な特約がありますが、同じ特約であっても、その補償額や補償内容は保険会社によって微妙に異なることがあります。 特に満期更改時に保険会社を乗り換える際には、満期更改前に契約している自動車保険と乗り換え後の自動車保険では、特約等の補償額や補償内容にどのような違 […]
2017年6月12日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP