自動車保険はダイレクト(通販)型と?代理店型、どちらを選ぶべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険を検討する際に代理店型やダレクト(通販)型などの言葉が出てきますが、実際にはどのような違いがあるのかよく理解していない方が多いのではないでしょうか。

代理店型の自動車保険とダイレクト(通販)型の自動車保険にはどのような違いがあり、加入する際にはどのような点に注意すべきかを解説します。



1.ダイレクト型自動車保険とは?

ダイレクト型自動車保険とは、通販型自動車保険ともよばれ、電話やインターネットを利用し、契約者が保険会社と直接契約するタイプの自動車保険です。

代理店型の自動車保険と違い、代理店を介さず、契約者と保険会社が直接契約するため、その分コストを圧縮でき、保険料が安くなります。


ただし、契約者が保険会社と直接契約するため、ある程度の知識がないと、誤った補償内容で契約してしまう可能性があります。契約や見積もりの際に電話で保険会社のスタッフに相談できますが、やはり、対面で相談できる代理店型に比べて安心度は劣ります。

ダイレクト(通販)型自動車保険イメージ図

 

 

 

2.代理店型自動車保険とは?

代理店型自動車保険とは、契約者と保険会社の間に代理店が存在する方式です。代理店は自動車保険契約の締結権を持っています。

経験や知識が豊富で親切な代理店の担当者と出会えれば、契約の時はもちろん、事故時も親身になって契約者のために頑張ってくれます。


基本的には、代理店に任せていれば、必要な質問を代理店側からしてくれ、その契約者や家族に最適なプランを設計してくれます。ただし、代理店が保険会社と契約者の間に存在することにより、その分コストがかかりますので、ダイレクト型自動車保険に比べて保険料が高い傾向にあります。

代理店型自動車保険イメージ図

 

 

 

3.ダイレクト(通販)型を選ぶべき人

ある程度、自動車保険の知識があり、自分で自動車保険の補償内容を設計できる方はダイレクト(通販)型自動車保険を選ぶといいでしょう。

代理店の担当者に相談する必要もない程度の知識があるのであれば、代理店分の経費を支払うのはムダです。ご自身で最適なプランを設計し、合理的な保険料の自動車保険を選ぶべきです。

ぜひ、下記ページから一括見積もり(無料)で複数社の保険料を比較し、保険料を節約してください。
自動車保険一括見積もり比較(無料)


 

 

 

4.代理店型を選ぶべき人

自動車保険の知識がなく、どのようなプランを選んだらいいか不安という方は、代理店型の自動車保険を選ぶといいでしょう。ダイレクト型に比べて保険料が高いとしても、下手に節約して、肝心な時に補償されないということでは本末転倒です。

また、事故時にも代理店の担当者が相談相手になってくれます。代理店型の場合、ダイレクト型とは違い、下図の通り保険会社と契約者の間に入って事故の処理を手伝ってもらうことも可能です。


保険会社の担当者と話すのは苦手、気心の知れた代理店担当者に相談したいという方にとっては最高です。

ただし、代理店が保険会社と契約者の間に入ったからといって、保険金の支払額が増えたり、過失割合が有利になることはありません。

自動車保険の知識があまりない方については、ダイレクト型自動車保険と比べて高い保険料は必要なコストと考えて、代理店型の自動車保険を選んでください。

 

ご注意頂きたいのが、代理店の担当者が頼りない、不親切、いい加減などの場合には、代理店型のメリットは全て消えてしまいます。高い分のコストがムダになってしまいますので、違う代理店を探した方がいいでしょう。


 

 

 

5.ダイレクト(通販)型自動車保険の方が必ず安いわけではない!?

車の使用目的が仕事で車を使う「業務使用」の方や、年間走行距離が長い方は、ダイレクト型自動車保険と比べて、代理店型自動車保険の方が保険料が安くなる可能性もあります。

どんな条件でも代理店型自動車保険に比べてダイレクト型自動車保険の方が保険料が安くなると思われている方がいますが、そういうわけではありません。


ダイレクト型は、リスク細分化されているため、例えば、年間走行距離が長く事故リスクが高いと判断された方の保険料は高くなる傾向があります。逆に代理店型は、走行距離によって保険料が区分されていない商品がほとんどです。
年間走行距離が短いと自動車保険は安くなる?


また、法人契約の自動車保険の場合も法人の契約自体を引き受けていないダイレクト型の保険会社もありますので、代理店型の自動車保険を選んだ方がいい場合があります。


 

 

 

6.代理店型とダイレクト(通販)型で保険金支払いに差が出る?

よく、ダイレクト(通販)型の自動車保険は保険金が支払われにくいという都市伝説のような噂がありますが、そんなことはありません。

代理店型でもダイレクト(通販)型でも約款に従って保険金を支払うので、その約款にほとんど差がないことを考えれば、代理店型とダイレクト(通販)型のどちらの自動車保険を選んでも保険金支払いに大きな差は発生しません。


また、事故対応についても示談交渉力は代理店型である大手損保会社の方が高いと思われている方もいると思いますが、代理店型とダイレクト(通販)型とで示談交渉力に差はありません。なぜなら、事故の過失割合は過去の判例や事故例を参考に決めているからです。差が発生する要素がありません。

ただし、代理店型の場合には、親切な担当者に出会えれば、事故時も親身になって相談に乗ってくれたり、保険会社の間に入って事故についてアドバイスしてくれたりしますので、直接保険会社とやり取りするダイレクト型に比べれると安心感は高いといえます。

保険会社の担当者と直接話すのは不安という方もいるのではないでしょうか?代理店型の場合、気心の知れた担当者が相談に乗ってくれるので、心強いのは間違いありません。

過失割合とは?
過失割合とは、事故が発生した際の当事者間の責任(不注意)の割合のことです。

加害者と被害者が絡む自動車事故が発生した際にはそのいずれか、あるいは双方に、本来するべきことを怠っていたという意味での過失(責任)があります。

交通事故が自損事故でない場合、加害者と被害者とにあるその事故に対する責任の割合を過失割合といいます。

 

 

 

まとめ

ダイレクト(通販)型、代理店型のどちらにも一長一短あります。どちらがご自身にとって最適なのかを検討し、契約する保険会社を決めて頂ければ思います。

まとめると以下の通りです。

代理店型を選んだ方がいい人
・自動車保険の知識がなく、補償内容について対面で知識が豊富な担当者に相談したい人
・事故時には、気心の知れた担当者に相談したい人

ダイレクト(通販)型を選んだ方がいい人
・自動車保険についてある程度知識がある人
・サービス内容よりも保険料をなるべく節約したい人

No.315

こちらの記事も読まれています!

  • 弁護士費用特約の補償内容は保険会社によって異なる!? 自動車保険に弁護士費用特約を付加されているでしょうか?『プロがお勧めする自動車保険5つの特約』でご紹介したお勧めの自動車保険の特約ですが、保険会社によって補償の内容が異なる場合があります。 今回は、保険会社によって異なることがある弁護士費用特約の補償内容についてご紹介しま […]
  • 2台目の車は1台目の車の自動車保険で補償される? 「2台目の車を購入する際に自動車保険は1台ずつ加入する必要があるのか?」また、「1台ずつ加入が必要であるならば、少しでも保険料の節約ができないか?」などと考える方が多いと思います。 また、夫婦で1台ずつ車を所有しているなど、ご家族で複数台の車を所有する場合にも上記と同じよ […]
  • 20等級の自動車保険契約に更に適用される割引とは? 一般的に個人で自動車保険に加入されている方の場合、1~20等級までのノンフリート等級(割増引)が適用されます。つまり、割引は20等級の63%割引が上限となります。 加入されている自動車保険の等級が20等級で、無事故を継続されている方の場合、更なる割引はないのかと不満に思わ […]
  • 子供の年齢条件に特約がある保険会社 子供が免許取り、自動車を運転するようになると自動車保険の値上がりが気になります。 例えば、19歳の子供が免許を取って自宅の車を運転する場合、同居しているのであれば、原則として年齢条件を子供に合わせる必要がので、保険料が高くなってしまいます。 未婚の子供が下宿等をして […]
  • 自動車保険の「契約者」「記名被保険者」「車両所有者」の違いとは? 自動車保険を契約する際に申告する項目として「契約者」、「記名被保険者」、「車両所有者」がありますが、この違いを理解されている方は少ないと思います。 この3者の違いを理解していないと、補償されない場合や保険料のムダを発生させる可能性があります。 「契約者」、「記名被保 […]
  • ドライブレコーダーの装着は自動車保険にメリット(割引)があるのか? ドライブレコーダー(ドラレコ)を装着している車が増えていますが、ドラレコを装着すると保険料の割引等のメリットが自動車保険にはあるのかと質問を頂くことがあります。 ドラレコを装着することにより自動車保険が安くなるなどの直接的なメリットはあるのでしょうか。ドラレコの購入を検討 […]
2017年11月30日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP