宝塚歌劇団の公演再開は早い?|批判や反対もある中、新型コロナウイルス感染は大丈夫?

2020年3月22日

宝塚歌劇団が、2020年3月9日から宝塚大劇場で、3月10日から東京宝塚劇場で公演を再開。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため2月29日から休止していましたが、公演の再開に踏み切りました。

安倍晋三首相がイベントの自粛をさらに10日間程度延長するよう要請している中での公演再開で、批判や反対の声も上がっています。

宝塚歌劇団の再開は、新型コロナウイルスの感染が拡大する恐れはないのでしょうか?

2020年3月11日追記

宝塚歌劇団は、花組(13~19日)と雪組(12~19日)の公演を中止にすると、HPで発表しました。

スポンサーリンク

宝塚歌劇団が早い再開、今後の公演予定は?

宝塚歌劇団が、2020年3月9日から宝塚大劇場で、3月10日から東京宝塚劇場で公演を再開。

プロ野球が開幕を延期するなど、各所で自粛が広がる中、早い公演再開を宝塚歌劇団は決断しました。

3月13日からは、宝塚大劇場で花組公演が始まります。今後もますます、来場する宝塚ファンが増えるでしょう。

宝塚歌劇団の今後の公演スケジュールは、下記PDFの通りです。
2020年 年間スケジュール

大阪のライブハウスで集団感染(クラスター)が発生していますが、約2000人が観劇する劇場を再開して大丈夫なのでしょうか?

 

宝塚歌劇団が花組(13~19日)、雪組(12~19日)の公演を中止に(2020年3月11日追記)

宝塚歌劇団は3月11日に、兵庫・宝塚大劇場の花組公演「はいからさんが通る」の3月13日~19日公演と、東京宝塚劇場の雪組公演「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)」の3月12~19日公演を中止するとホームページで発表しました。

振替公演はなく、チケットの払い戻しには応じるそうです。

公演の再開には、賛否両論ありましたが、「時期尚早」という批判も多くありましたし、安倍晋三首相がイベントの自粛をさらに10日間程度延長するよう要請したこともあり、再度中止に踏み切ったのでしょう。


スポンサーリンク

 

 

 

宝塚歌劇団の新型コロナウイルス感染予防対策とは?

宝塚歌劇団の新型コロナウイルス感染予防対策はどのようなものでしょうか?宝塚歌劇団では下記のような感染予防対策を講じています。

  • 劇場入口にサーモグラフィーを設置し、37.5度以上の観客は入場を断る
  • 場内換気の強化
  • 軽食提供の取りやめ
  • 客席降り演出の中止

3月9日の公演を観劇した観客も大半がマスクを着用し、マスクを持っていない観客に配布するファンもいたそうです。

また、通常、公演中の劇場周辺では団員の入り待ち・出待ちをするファンで毎日にぎわいますが、出待ちは自粛が呼びかけられいるそうです。

下記記事にあるように宝塚ファンの団結力で再開を支えている形になっています。

 

 

 

宝塚歌劇団で新型コロナウイルスが感染拡大するリスクはないのか?

劇場入口でサーモグラフィーを設置し、体温を測る対策が取られていますが、劇場入口で入場を断っても、全国から劇場まで体調不良でも公共交通機関を利用してファンが駆け付ける可能性があります。

公共交通機関の中で、感染が拡大する可能性があります。

また、症状がない感染者も存在するので、体温を測っただけでは、感染者を排除することはできません。

 

3月9日の公演では、観客も大半がマスクを着用したそうですが、全員ではありません。マスクをしていない方が新型コロナウイルスに感染していない保証はどこにもありません。

マスクをせずに感染者がせきやくしゃみをすれば、観客が密集している劇場内にウイルスを含んだ飛沫が飛び散ります。

本来であれば、感染を拡大させないために全員がマスクをするべきでしょう。

スポンサーリンク

 

上記の通り、少し考えただけでも、この時期の公演再開は感染を拡大させてしまうリスクが高いことが分かります。

どんなに万全の体制を整えても完全に感染を防ぐ対策はありません。

 

 

 

宝塚歌劇団再開への世間の声

ファンなどからは、早い再開決断に対して、賞賛の声が上がっています。


一方、感染拡大を心配している方も多く、批判の声も出ています。

 

 

 

宝塚歌劇団が再び中止に、世間の声は?

宝塚劇団が再び中止になったことに対しては、ファンの方の無念さが読み取れる声が多くなっています。

 

 

 

まとめ

宝塚歌劇団の公演再開については、賛否両論出ていますが、可能な限り、感染拡大を防ぐ対策を行い、集団感染(クラスター)などが発生しないようにして頂きたいと思います。

大阪で発生した新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)については、下記記事をご参照ください。

大阪のライブハウスで新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)発生|「大阪京橋ライブハウスArc」はどこにある?誰のライブ?感染者は誰?

大阪北区のライブハウス「Soap opera classics-Umeda-」でも新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)が発生か?|場所は?誰のライブ?

【新型コロナウイルス感染者】大阪西天満のLive House Rumio、心斎橋のamericamura FANJ twiceのライブにも参加|ライブハウスの場所は?誰のライブ?

スポンサーリンク