バイクや原付の自賠責保険はネットやスマホで契約できる!?

2018年6月9日

バイク(250cc以下)の自賠責保険はどこで加入されているでしょうか?ネットやスマホでバイク(250cc以下)の自賠責保険に加入できることをご存知でしょうか?

今回は、250cc以下のバイクや原付の自賠責加入方法をご紹介します。手軽に自賠責保険に申し込む方法を知り、契約漏れや継続(更新)手続き漏れを防いで頂ければと思います。

スポンサーリンク

1.自賠責保険とは?

自賠責保険とは、自動車事故の被害者を救済するために制定された自賠責法(自動車損害賠償保障法)により、全ての自動車、バイク(二輪自動車、原動機付自転車)に加入が義務付けられている強制保険です。

自賠責保険はあくまでも被害者救済の最低限の補償で、対人のみの補償です。自賠責には対物の補償はありません。

補償内容は下記の通りです。

死亡:3,000万円
傷害:120万円
後遺障害:75万円~4,000万円

自賠責保険の詳細な内容については、下記記事をご参照ください。
自賠責保険を正しく理解していますか?
自賠責に加入していないと発生する4つの問題点

 

 

 

2.パソコンやスマホから加入可能

以前は、保険会社の窓口や修理工場等の代理店で契約する必要があった自賠責がネットやスマホから契約が可能になっています。

例えば、損保ジャパン日本興亜のi自賠であれば、ネットやスマホで契約可能で、さらに保険料はクレジットカード払いなので、契約の際に現金は不要です。

ネットですので24時間365日契約可能です。

i自賠の特徴は下記の通りです。

①対象車種
原付や検査対象外の軽二輪自動車が契約可能です。

②保険期間
保険期間は1年~5年です。

③申込可能期間
始期日の1か月前から7日前まで。

④支払方法
クレジトカード(一括)払いのみです。

⑤自賠責保険証明書とステッカー(保険標章)
自賠責保険証明書とステッカー(保険標章)は契約住所へ1週間程度で郵送となります。

i自賠以外では、三井住友海上の『ネットde保険 @ばいく』等がネットから自賠責保険の契約が可能です。

ネットで契約できる自賠責保険の対象車種は、あくまでも250cc以下のバイクや原付(原動機付自転車)で、排気量が250cc超のバイクはネット契約できませんので、ご注意ください。

 

 

 

3.コンビニや郵便局でも契約できる

ネットだけでなく、コンビニでもバイクの自賠責保険は契約可能です。コンビニで契約できる自賠責保険の対象車種も排気量が250cc以下のバイクや原付(原動機付自転車)です。

コンビニであれば、契約したその場で「自賠責保険証明書」や「ステッカー(保険標章)」が受け取れます。

 

〇セブンイレブン:マルチコピー機で手続きが可能
〇ローソン:Loppiで加入手続きが可能
〇ファミリーマート:Famiポートで手続きが可能

また、郵便局でも自賠責保険の契約が可能です。

スポンサーリンク

 

 

 

4.自賠責の保険料

自賠責保険の保険料は下記の通りです。
(平成29年4月1日以降保険始期の契約で、離島以外の地域(沖縄県を除く)に適用する保険料)

原付(~125cc以下)
保険期間 1年 2年 3年 4年 5年
保険料 7,500円 9,950円 12,340円 14,690円 16,990円

 

125cc超~250cc以下のバイク(軽二輪)
保険期間 1年 2年 3年 4年 5年
保険料 8,650円 12,220円 15,720円 19,140円 22,510円

 

 

 

5.自賠責保険の満期日の確認は重要

原付、250cc以下のバイクには車検がないので、自賠責保険の加入を忘れる可能性があります。特に継続(更新)手続きを忘れる可能性が高いと思われます。仮に自賠責に加入していないと下記のような罰則があります。

・1年以下の懲役または50万円以下の罰金
・免許停止処分(違反点数6点)

以前、セブンイレブンでは「満期日メール案内サービス」があり、メールアドレスと自賠責保険の満期日を登録すれば、満期1ヶ月前にメールで案内していましたが、現在は当サービスはやっていないようです。

セブンイレブンで自賠責保険に加入すると、自賠責保険の満期前に案内ハガキが届きますので、継続もれを防げます。

 

 

 

まとめ

自賠責保険は前述の通り、最低限の補償で、対人賠償のみです。対物事故や自賠責保険を超える対人賠償責任が発生した場合は、バイク保険(任意保険)に加入している必要があります。

バイク保険は『バイク保険一括見積もりサービス(無料)』で一括見積もりが可能です。

 
最終更新日:2017年6月2日
No.87

スポンサーリンク