【新型コロナ】横浜市立市民病院で研修医が感染|感染したのは誰?感染経路の会食した店やカラオケ店はどこ?

横浜市立市民病院(同市保土ケ谷区)で、新たに20代男性研修医の新型コロナウイルス感染が明らかになりました。

横浜市立市民病院から出た感染者は2人目です。1人目は、4月1日に感染が確認された20代女性研修医です。

今回は、感染が確認された横浜市立市民病院の研修医は誰なのか?会食に利用した飲食店やカラオケ店はどこなのか?について確認したいと思います。

スポンサーリンク

横浜市立市民病院で研修医が感染|感染経路は研修医20人での会食会?

横浜市立市民病院(同市保土ケ谷区)で、新たに20代男性研修医の新型コロナウイルス感染が明らかになりました。

横浜市立市民病院から出た感染者は2人目です。1人目は、4月1日に感染が確認された20代女性研修医です。

研修医2人の感染経路は、3月下旬に同僚の研修医20人で開いた会食とみられています。

横浜市立市民病院(同市保土ケ谷区)で、新たに20代男性研修医の新型コロナウイルス感染が明らかになった。同病院関係者の感染は2人目。感染経路は3月下旬に同僚の研修医20人で開いた会食とみられ、その場には1人目の感染者の20代女性も含まれていた。

同病院は感染症指定医療機関の一つで、新型ウイルス感染者らを受け入れる立場。市役所での会見で同病院幹部は「危機感が足りていなかった」と陳謝した。

市によると、20人の会食があったのは3月27日。前日の26日には、黒岩祐治知事が夜間を含む週末の外出を自粛するよう県民に緊急メッセージを発していた。

男性研修医は27日の前後にも、同病院の医師や研修医、放射線技師、看護師と計4回にわたり会食やカラオケに参加。研修医5人でのカラオケは5~6時間に及んだという。病院は会食などへの参加について明確に禁じていなかった。

感染が判明した研修医2人の濃厚接触者は、現在も同病院に勤務する医師や研修医らだけで30人以上という。いずれも検査結果は陰性だったが、自宅で経過観察中。同病院の医療体制について、幹部は「大きな影響はない」としている。

(出典:神奈川新聞

横浜市立市民病院は1日、一斉に消毒をしましたが、同僚の研修医45人らが自宅待機となっています。

スポンサーリンク

 

 

感染が確認された横浜市立市民病院で研修医は誰?症状・行動歴は?

感染が確認された横浜市立市民病院で研修医は下記の方です。

年齢:20代
性別:女性
職業:研修医

3月26日
発症、症状がほとんどなかったため4日間勤務

4月1日
新型コロナウイルス感染を確認

 

年齢:20代
性別:男性
職業:研修医

3月27日
同僚の研修医20人と会食
27日の前後にも、同病院の医師や研修医、放射線技師、看護師と計4回にわたり会食やカラオケに参加

4月3日
新型コロナウイルス感染を確認

2人の研修医は、発症前に複数回会食やカラオケに参加しており、医師としての自覚が足りなかったといわざるを得ません。

スポンサーリンク

 

 

感染が確認された横浜市立市民病院の研修医が利用したのは、どこの飲食店?どこのカラオケ店?

感染が確認された横浜市立市民病院の研修医が利用した飲食店はどこにあるのでしょうか?また、カラオケ店はどこにあるのでしょうか?

研修医が利用した飲食店やカラオケ店は公表されていません。店名や店の住所など、一切公表されておらず、分かりません。

研修医2人は、複数回の会食に参加したということなので、飲食店やカラオケ店については、1店舗だけではない可能性もあります。

 

 

研修医の感染が確認された横浜市立市民病院はどこにある?住所は?

研修医の感染が確認された横浜市立市民病院は感染症指定医療機関の一つで、横浜市保土ヶ谷区にあります。

横浜市立市民病院
〒240-8555 横浜市保土ケ谷区岡沢町56番地

研修医の新型コロナウイルス感染を受けて、横浜市立市民病院は下記のような案内をホームページに掲載しています。

4/1(水)、当院研修医1名から新型コロナウイルスPCR検査で陽性反応が検出されました。

当日中に院内消毒作業を実施し、感染防止対策の徹底を図った上で診療を行っています。

感染防止対策上、外来受診につきましては、急を要しない患者さんは診療日の変更や、お薬の処方のみとさせていただく場合がございます。

今後の対応につきましては、引き続きホームページでお知らせしてまいります。

ご理解をいただきますようお願いいたします。
(出典:横浜市立市民病院

スポンサーリンク

 

 

横浜市立市民病院で研修医が感染|感染経路は研修医20人での会食会?のネットの反応

研修医2人の新型コロナウイルス感染に対するネットの反応は下記の通りです。

研修医とはいえ、医師としてあまりにも軽率な行動に対してかなり厳しい批判の声が多いです。

まあ医者も人間だから遊びたい気持ちはわかるけど、医者が感染するのと他の職業の人が感染するのでは意味合いが全然違う。
直接新型コロナに対応されてない方も含めて医者の方々は大変だと思いますが、応援してますので!

不幸中の幸いは、この人たちが研修医だったことだ。ベテランの医者がこんなことやっていたら不安になる。

 

医師は神様ではないと思うが、武漢で治療に奔走し命を落とした医師や、今も現場で必死に頑張っている日本全国や世界中の医師とは随分と心構えが違いますね。

 

自覚が足りないだけでは済まされない。
病院関係者、家族、友人、横浜市民、カラオケ等の個室型店舗等
多くの方々に迷惑をかける結果となった。

何度かコメントを書いているが、「危機感を煽るな」「日本は他国とは違う・・」等、自分は感染などするはずがないと考える方が少なからずいる。

これは全て「要請」で済ませる行政の危機意識にある気がする。
何度も書くが、岐阜県でのクラスターも報道されているが 自治体レベルでのロックアウトを本当に実施すべき事態ではないでしょうか。

 

最前線で死に物狂いで働いている
先輩医師を目の前で見ているだろうて

研修医のくせに自覚が足りないというより
人としてどうかと思う・・・

 

医療従事者も、同じ人間ですから、プライベートの時間も必要です。ですが、やり方があるはず。集まってはいけないのに。この方々の勤務先は感染症指定病院ということで、感染の恐ろしさを身をもって知っている方々のはずです。意識不足などという弁明はあり得ない。結果、限界にきている自分達の同職種への負担を増やす事になった。不足と言われている医療資源を使う事になった。

 

もうひと月以上自粛自粛と言っていてもこういう人たちが絶対いる。しかも良識ありそうな大人までもが。
人道的な判断に任せていたと思いますが、残念ながら緊急事態宣言という形でないと響かないようです。

 

 

まとめ

感染症指定医療機関に勤務する研修医が会食やカラオケに参加して新型コロナウイルスに感染するという信じがたいニュースでした。

会食やカラオケでは、クラスター(集団感染)が発生する可能性もあります。

横浜市立市民病院の診療体制に影響が出る可能性もあるので、これ以上の感染者が出ないことを願います。

スポンサーリンク