【新型コロナ】神奈川県横浜市内の認可保育園でクラスター発生!園児や保育士31人が感染|感染したのは誰?感染経路は?どこの保育園?保育園名は?9/9

2020年9月10日


神奈川県横浜市内の認可保育園で園児や保育士ら31人の新型コロナウイルス感染が判明しました。

今回は、クラスターが発生した横浜市内の認可保育園について確認したいと思います。

スポンサーリンク

神奈川県横浜市内の認可保育園でクラスター発生!園児や保育士31人が感染

神奈川県横浜市内の認可保育園で園児や保育士ら31人の新型コロナウイルス感染が判明しました。

市内の認可保育園で新たにクラスター(感染者集団)が起きました。

スポンサーリンク

 

 

クラスターが発生した神奈川県横浜市内の認可保育園で感染したのは誰?

クラスターが発生した神奈川県横浜市内の認可保育園で感染が確認されたは、園児21人、保育士10人の合計31人です。。

スポンサーリンク

 

 

クラスターが発生した神奈川県横浜市内の認可保育園での感染原因は?感染経路は?

クラスターが発生した神奈川県横浜市内の認可保育園での感染経路は、不明です。

クラスターが発生した保育園で保育士3人の感染が確認されたため、横浜市が9月7日に園児ら89人を集団検査した結果、園児21人と女性保育士7人の計28人の陽性が判明しました。

横浜市では今後、園児の家族など、およそ70人の検査を行う予定です。

スポンサーリンク

 

 

クラスターが発生した神奈川県横浜市内の認可保育園はどこにある?保育園名は?

クラスターが発生した神奈川県横浜市内の認可保育園については、公表されていません。

保育園名だけでなく、認可保育園が横浜市の何区にあるのかも分かりません。

ネット上では西区のある保育園の名前が出ていますが、真偽は不明です。

スポンサーリンク

 

 

神奈川県横浜市内の認可保育園でクラスター発生!園児や保育士31人が感染に対するネットの反応

神奈川県横浜市内の認可保育園でクラスター発生!園児や保育士31人が感染に対するネットの反応は、下記の通りです。

スポンサーリンク