【新型コロナ】感染の仙台大学生が発熱後も登校やバイト|自宅待機は虚偽報告

仙台大学が、4月11日に新型コロナウイルスへの感染が判明した20代の男子学生について「自宅で待機していた」としていた発表内容について虚偽の報告があったとして訂正しました。

感染が確認された仙台大学4年生の男子学生は、発熱などの症状が出た後に数十人が参加する部活動の練習に参加したり、仙台市内でアルバイトをしていました。

今回は、虚偽報告をした仙台大学4年生の男子学生について、下記ポイントを確認したいと思います。

  • 感染した20代男性学生の行動歴や濃厚接触者は?
  • 感染した学生は仙台市内のどこでバイトをしていたのか?

スポンサーリンク

感染の仙台大学生が発熱後も登校やバイト|自宅待機は虚偽報告

仙台大学が、4月11日に新型コロナウイルスへの感染が判明した20代の男子学生について「自宅で待機していた」としていた発表内容について虚偽の報告があったとして訂正しました。

感染が確認された学生は、東京から戻った3月27日に数十人が参加する部活動の練習に参加したり、仙台市内でアルバイトをしていました。

スポンサーリンク

 

 

虚偽報告をしていた仙台大学4年の男子学生は誰?どこに住んでいる?

虚偽報告をした仙台大学4年の20代男子学生は、仙台市内に住んでいると公表されています。

プライバシー保護の観点から、詳しい住所など、個人を特定するような情報は公表されていません。

 

感染が確認された仙台大学4年の男子学生の症状・経過は?

感染が確認された仙台大学4年の男子学生の症状・経過は下記の通りです。

3月27日(金曜日)
発熱(38.5℃)

3月28日(土曜日)
発熱(39.2℃)、咳
家族がコールセンターに連絡
コールセンターを経由し、帰国者・接触者相談センターに相談
発熱外来がある医療機関Eを紹介され、受診

3月30日(月曜日)
解熱、咳

4月9日(木曜日)
仙台市内患者28の感染を確認
患者28の濃厚接触者であったことから、保健所より連絡

4月10日(金曜日)
帰国者・接触者外来を受診

4月11日(土曜日)
PCR検査を実施し、陽性が判明

(出典:仙台市

スポンサーリンク

 

 

虚偽報告をしていた仙台大学の男子学生の行動歴は?濃厚接触者は?

虚偽報告をしていた仙台大学の男性学生の行動歴は下記の通りです。

仙台大学は感染した20代男性学生は、「東京から戻った先月27日以降外出はせず自宅で待機していた」と発表していました。

3月22日(日曜日)~27日(金曜日)
東京滞在

3月27日
東京から仙台に戻る
午前9時半ごろから午後1時ごろまで大学構内に滞在
数十人が参加する部活動の練習に参加
仙台市内の自宅と大学の往復には、JR仙石線、東北本線を利用

4月4日
車で柴田町内の友人宅を30分程訪れる

4月7日夜
仙台大学の友人3人と一緒に仙台市内でアルバイト

男子学生は、3月27日に発熱の症状が出ていたにも関わらず、友人宅を訪れたり、仙台市内の商業施設でアルバイトをしていたことになります。

学生とはいえ、成人した人間としては、あまりにも軽率な行動と言わざるを得ません。

濃厚接触者は仙台額の学生4人とされていますが、現代で発熱などの症状はないそうです。

スポンサーリンク

 

 

感染した学生が滞在した仙台大学はどこにある?住所は?

仙台大学は、宮城県柴田郡柴田町にあります。

仙台大学
〒989-1693 宮城県柴田郡柴田町船岡南2丁目2−18

男子学生は仙台市内の自宅と大学の往復にJR仙石線と東北本線を利用していたことが公表されています。

仙台大学は、学生の虚偽報告を受けて、下記のような案内をホームページに掲載しています。

新型コロナウイルスに感染した本学の男子学生(4月11日陽性判明)は東京から戻った3月27日、仙台市内の自宅から柴田町の仙台大学のキャンパスに来ていたこと、さらに4月7日に友人たちと仙台市内でアルバイトをしていたことなどが本日までに判明しました。

4月12日の発表では「この学生は東京から帰って以降、一貫して自宅待機をしており、柴田町の本学キャンパスへ立ち入ってはいません」としておりました。しかし、その後の本学の再確認調査の結果、事実と異なっていることが明らかになりましたのでお詫びして訂正いたします。
この学生は、3月27日午前9時半ごろから午後1時ごろまで大学構内に滞在。この日の朝に仙台市内の自宅からJR仙石線、東北本線を利用し大学に来て、同じルートで帰宅していました。また4月4日にも車で柴田町内の友人宅を30分程訪れていました。さらに4月7日夜には、本学の友人3人と一緒に仙台市内でアルバイトをしていました。

この新事実を確認後、仙台市保健所宮城野支所と仙南保健所に報告、保健所の指導を受け本学では感染した学生が接触した学生を自宅待機させ、健康観察を継続するとともに、さらに調査を進めています。

令和2年 4月 15日 仙台大学 学長 遠藤 保雄
(出典:仙台大学

 

 

感染の仙台大学の20代男子学生は仙台市内のどこでバイトしていた?店名は?

感染した仙台大学の学生がどこでバイトをしていたかは公表されていません。

公表されているのは、仙台市内の商業施設ということだけで、店舗名や所在地などは公表されていません。

スポンサーリンク

 

 

感染の仙台大学生が発熱後も登校やバイト|自宅待機は虚偽報告に対するネットの反応

感染の仙台大学生が発熱後も登校やバイト|自宅待機は虚偽報告に対するネットの反応は下記の通りです。

仙台大学4年生の学生に対しての批判や、京都産業大学のようなクラスター(集団感染)が発生しないか心配する声もあります。

保健所には正直に話したけど、大学には虚偽もしくは不足な報告をしていた、ということか。
そら、こんだけ派手に出掛けてたらクラスター発生源になる可能性も大きいから大学生には怖いだろうが…隠蔽は一番悪手なんだよなぁ。
今後社会人として生活する時これを教訓にして欲しい。

 

いくら大学生だからといって、20歳は立派な大人です。その時の感情や欲望に任せて行動するのではなく、あとの事をしっかり考えて行動して欲しい。これだけ世の中騒いでいるのに、これはあまりにも酷すぎです。学校が休校で家で我慢している小学生の方が大人です。

 

 

まとめ:仙台大学でクラスター(集団感染)発生の可能性も

感染が確認された仙台大学4年生の男性学生は、発熱などの症状が出た後も、かなり活動しているので、京都産業大学で発生したようなメガクラスターが発生しないか心配です。

これ以上の感染が広がらないことを願います。

スポンサーリンク