神戸市で40代男性が新型コロナウイルスに感染|住んでいる場所は?勤務先は?感染経路は?

2020年3月21日

兵庫県神戸市で、40代男性の新型コロナウイルス感染が確認されました。神戸市では初の感染例です。

今回は、兵庫県神戸市で新型肺炎に感染した40代男性の住んでいる場所や勤務先、感染経路を確認したいと思います。

スポンサーリンク

神戸市で40代男性が新型コロナウイルスに感染|神戸市初、兵庫県内では2例目

神戸市は3月3日に同市在住の40代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

新型肺炎の感染者が確認されたのは神戸市では初、兵庫県内では、1日に感染が確認された西宮市在住の40代男性に次いで2例目です。

 

 

新型コロナウイルスに感染した40代男性は、どこに住んでいる?住所は?

新型コロナウイルスに感染した40代男性の詳しい住所は発表されていません。神戸市の何区に住んでいるのかも発表されていません。

神戸市は下の地図の通り、非常に広いのですが、感染した男性が神戸市のどの辺りに住んでいるのかは、一切分かりません。

 

 

新型コロナウイルスに感染した40代男性の入院先は?入院までの経緯は?

神戸市で新型コロナウイルス感染が確認された40代男性は発熱が続いたため、2月27、29日に神戸市内の医療機関を受診。

3月2日に肺炎のような症状があったため、神戸市内の別の医療機関に入院しました。

3月3日、神戸市環境保健研究所で新型コロナウイルスの陽性反応が出たそうです。

入院している病院は兵庫県神戸市内の感染症指定医療機関で、男性の容態は安定しているとのことですが、具体的な医療機関名は公表されていません。

神戸市は、本日中に本人から海外渡航歴などについて聞き取り調査をするようです。

スポンサーリンク

 

 

新型コロナウイルスに感染した40代男性の感染経路は?

神戸市によると、新型コロナウイルスに感染した40代男性の詳しい感染経路は分かっていません。

直近の海外への渡航歴はなく、集団感染(クラスター)が発生した大阪のライブハウスへの立ち寄りなど感染が疑われる人との接点も確認されていません。

神戸市によると、「感染経路は不明。市中感染の可能性も否定できない」とのしています。

 

 

新型コロナウイルスに感染した40代男性の勤務先は?通勤経路は?

当初、新型コロナウイルスに感染した40代男性の職業や勤務先も公表されていませんでしたが、神戸市内の会社に勤務する事務職と判明しました。

通勤手段については「鉄道」と公表されましたが、詳しい内容は発表されず、通勤経路については公表されていないので、分かりません。

電車を使って通勤していたのか、バスを使って通勤していたのかなども一切、公表されていません。

スポンサーリンク

発熱の症状が出た2月27日以降については、会社を休み、タクシーや鉄道を使って病院を受診したそうです。

なお、男性は1人暮らしで、濃厚接触者は確認されていません。

 

 

神戸市で40代男性が新型コロナウイルスに感染に対するネットの反応

Twitter上の反応を確認すると、神戸市の記者会見では、「神戸市内の40代男性が感染」と発表されただけで、感染経路や勤務先などが一切公表されていない点に不安を感じている方が多いようです。

プライバシー保護の観点はありますが、もう少し分かっていることを発表してくれると、皆さんの不安も減るのではないでしょうか。

 

 

神戸市で2人目、40代女性の新型コロナウイルス感染を確認

3日夜、神戸市は市内在住の40代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。神戸市の新型コロナ感染者は2人目です。

これで、兵庫県内の感染者は計3人となりました。

女性は、発熱はありますが軽症で、市内の感染症指定医療機関に入院しているそうです。

 

新型コロナウイルス感染が確認された40代女性の感染経路

40代女性は複数の感染者が発生した大阪市内の「大阪京橋ライブハウスArc」で2月15日に開催されたコンサートに参加していていました。

女性は、コンサートの6日後にせきが出始め、3月2日に悪化。37.7度まで熱が上がったため、大阪市保健所に連絡しました。

3月3日に神戸市内の感染症指定医療機関を受診し、同市環境保健研究所で検体を調べたところ、同ウイルスの陽性が判明しました。

神戸市は、濃厚接触者の有無など女性へのヒアリングを進める予定です。

大阪の「大阪京橋ライブハウスArc」で発生した集団感染(クラスター)については、下記記事をご参照ください。

大阪のライブハウスで新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)発生|「大阪京橋ライブハウスArc」はどこにある?誰のライブ?感染者は誰?

 

 

新型肺炎に感染した40代女性の勤務先は、アフラックと判明

新型肺炎に感染した40代女性の勤務先は、アフラックの神戸コールセンター(神戸市中央区)と判明しました。

アフラック生命保険が、新型コロナウイルスに感染が確認された神戸市の40代女性は、同社の神戸コールセンター(神戸市中央区)に勤務する派遣社員と発表しました。

この女性は、顧客と接する業務に就いていません。

アフラックは勤務先のコールセンターのフロアを閉鎖し、濃厚接触の可能性がある10人に自宅待機を指示しました。
新型コロナウイルス感染者発生に伴う対応について

なお、アフラックの神戸コールセンターがどこにあるかは、公表されていません。また、女性の住所も神戸市内とまでしか公表されていないので、女性の通勤経路は分かりません。

アフラックの『神戸総合支社』は、下記の住所になっていますが、神戸支社とコールセンターが併設されているかは不明です。

〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町80 クリエイト神戸13F

 

 

まとめ

3月3日午後から神戸市役所で記者会見した保健福祉局の小原一徳局長によると、現状のところ、感染した40代男性本人からの聞き取りはできていないとのことで、詳しいことはわかっていません。

今後、感染した40代男性本人から聞き取りを行って、詳しい情報が発表されると思われます。

新型肺炎(コロナウイルス)とは?|新型肺炎は保険で補償(保障)される?

スポンサーリンク