【新型コロナ】石田純一さん退院のメド立たず|アビガンの副作用が原因?

新型コロナウイルスに感染し、都内の病院に入院中の俳優・石田純一(66)さんは入院して3週間が経過しましたが、退院のメドがたっていないことが分かりました。

所属事務所の担当者が「退院はまだ決まっていません」と明かしています。

今回は、新型コロナウイルスに感染し、都内の病院に入院中の俳優・石田純一(66)さんについて、現在の症状や退院できない原因について確認したいと思います。

スポンサーリンク

石田純一さん退院のメド立たず|アビガンの副作用が原因?

石田純一さんは、4月14日に肺炎で入院し、15日にPCR検査で陽性となりました。

その後、治療薬の候補となっている「アビガン」を投与され、4日ほどで平熱に戻ったと、報道されています。

しかし、所属事務所の担当者によると退院のメドは立っていないと報道されています。

報知新聞の記事によると、下記の通り、アビガンの副作用により、血管が詰まりやすくなっていて、治療を継続していると、されています。

入院して3週間となり、事務所担当者は「平熱で食事もしっかり取っています」としながらも「アビガンの副作用で血管が詰まりやすくなるので、サラサラになる薬を処方してもらっています。脳溢血(いっけつ)や脳梗塞(こうそく)になりかねないので慎重に治療をしています」と説明。PCR検査で2度陰性が出れば退院となるが「(入院後は)まだPCR検査は受けていないです」としている。
(出典:報知新聞

スポンサーリンク

 

 

石田純一さんはアビガンの副作用で退院できない?

石田純一さんは、本当にアビガンの副作用で退院できないのでしょうか?

事務所担当者の「アビガンの副作用で血管が詰まりやすくなる」という話にネット上では疑問の声もあります。

Twitterの投稿にも、血栓ができるのは、新型コロナウイルスの症状ではないのかという書き込みもあります。

アビガンの副作用について調べてみると、下記のような厚生労働省の資料がありました。

下記の通り、アビガンの有名な副作用は子供に障害が出る可能性があるということで、妊娠する可能性のある女性、妊娠させる可能性のある男性へ投与は注意が必要と書かれています。

肝機能障害や腎機能障害などについては書かれていますが、血栓については書かれていません。

(問4) アビガンには、どのような副作用がありますか。
(答)
動物実験において、初期胚の致死及び催奇形性が確認されていますので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないようお願いします。また、精液
中に移行することも確認されており、妊娠させる可能性のある男性への投与についても慎重な検討が必要です。あわせて、医師の管理下で、確実な服薬管理・残薬管理をお願いします。(なお、妊娠する可能性のある女性、妊娠させる可能性のある男性へ投与する際には、催奇形性に関する危険性について十分に説明した上で、投与期間中及び投与終了後7日間はパートナーとともに、極めて有効な避妊法の実施を徹底するよう指導してください。)
また、これまでの観察研究において、アビガン投与と因果関係が疑われる有害事
象は、肝機能障害、高尿酸血症、腎機能障害、嘔気、皮疹、発熱、高ビリルビン血症が報告されています。

(出典:厚生労働省

スポンサーリンク

 

 

石田純一さん退院のメド立たず|アビガンの副作用が原因?に対するネットの反応

石田純一さん退院のメド立たず|アビガンの副作用が原因?に対するネットの反応は下記の通りです。

石田純一さんが退院できない理由について、本当にアビガンの副作用なのか、という疑問の声も出ています。

アビガンを服用し良くなっただの、「アビガンの副作用で血管が詰まりやすくなる」だの、素人の事務所が医療に関する説明をするのは良くない。また根拠の無いものを記事にすべきではない。もしこの副作用が事実だとすると、大変重要な事例になるようなもので、検証が必要になる。「コロナの症状として血栓ができた」という海外の医療機関より報告はあったが。


スポンサーリンク

 

 

まとめ

アビガンは新型コロナウイルスの治療薬として、大変注目されているので、本当に血栓ができるような副作用があるのか気になるところです。

石田純一さんが退院できない理由については、色々な憶測がありますが、不正確な情報を発信しないようにして頂きたいと思います。

スポンサーリンク