【新型コロナ】茨城県で初の感染者確認|30代男性会社員は、どこに住んでいる?勤務先は?感染経路は?行動歴は?濃厚接触者は?

3月17日、茨城県で初の新型コロナウイルス感染者が確認されました。関東地方の全都県で感染が確認されたことになります。

茨城県の大井川知事は、3月7日午後4時から会見を開きました。

今回は、感染が確認された30代の男性は、どこに住んでいるのか?感染経路は?行動履歴は?濃厚接触者は?などについて確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

茨城県内で初の新型コロナウイルス感染者を確認|30代男性会社員

3月17日、茨城県で初の新型コロナウイルス感染者が確認されました。新型肺炎への感染が確認されたのは、30代男性会社員です。

 

 

新型コロナウイルスへの感染が確認された茨城県の30代男性はどこに住んでいる?住所は?

茨城県で初の新型コロナウイルス感染が確認された30代男性会社員は、ひたちなか市に住んでいます。

プライバシー保護の観点から、ひたちなか市在住以上の情報は公表されていません。

スポンサーリンク

 

 

 

新型コロナウイルスへの感染が確認された茨城県ひたちなか市の30代男性会社員の勤務先や通勤経路は?

茨城県ひたちなか市で初めて新型コロナウイルス感染が確認された30代男性会社員の勤務先は、日立製作所水戸事業所です。

通勤経路については、徒歩で10分~15分程度とのことです。通勤に電車やバスなどの公共交通機関は利用していません。

〒312-0033
茨城県ひたちなか市大字市毛1070

 

 

新型コロナウイルスへの感染が確認された茨城県ひたちなか市の30代会社員の男性の感染経路は?行動歴は?症状は?

茨城県ひたちなか市で初の新型コロナウイルス感染が確認された30代男性会社員は、2月24日から27日までイタリアのトスカーナ州に出張していたそうです。

感染経路としては、イタリアの可能性が高いとされています。

イタリアから帰国後の3月5日に微熱(37度台)の症状が出たものの、その後に快復。しかし、再度発熱し、3月16日に帰国者・接触者相談センターに相談。

3月17日にPCR検査を実施、13時に陽性が確認されました。

男性はせきや頭痛の症状があり、県内の感染症指定医療機関に入院していますが、症状は軽いということです。

なお、30代男性は、3月2日から11日まで出社していたそうですが、イタリアで新型肺炎の感染が広がっていることを考慮し、マスク着用のうえ、昼食時間を他の方とずらすなどして、濃厚接触を避けていたとのことです。

スポンサーリンク

 

 

新型コロナウイルスへの感染が確認された茨城県ひたちなか市の30代男性会社員の濃厚接触者は?

茨城県ひたちなか市で初の新型コロナウイルス感染が確認された30代男性会社員には、妻と2人の幼稚園児のお子さんがいるそうです。

茨城県では、濃厚接触者であるご家族全員のPCR検査を実施。幼稚園の関係者の健康観察も行うとのことです。

また、30代男性が勤務していた日立製作所水戸事業所では、25日まで職員約千人を自宅待機勤務とします。

なお、濃厚接触者の人数や症状が出ている方がいるかなどの詳しい情報については、現在調査中です。

 

 

茨城県ひたちなか市で初の新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対するネットの反応

茨城県ひたちなか市で初の新型コロナウイルス感染が確認されたことに対するネットの反応は下記の通りです。

 

 

まとめ

今回は、感染された30代男性会社員の方が、徒歩通勤だったことや、同僚などとの濃厚接触を避けるように行動されていたので、感染が大きく広がる可能性は低いかもしれません。

スポンサーリンク