【新型コロナ】秋田県で初のクラスター発生!JR東日本秋田支社バスケ部関係者14人が感染|感染経路は?濃厚接触者は?8/7

2020年8月8日

2020年8月7日、JR東日本秋田支社バスケ部関係者14人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

秋田県で初のクラスター発生です。

今回は、クラスターが発生したJR東日本秋田支社バスケ部関係者について確認したいと思います。

スポンサーリンク

秋田県で初のクラスター発生!JR東日本秋田支社バスケットボール部関係者14人が感染

2020年8月7日、JR東日本秋田支社バスケ部関係者14人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

秋田県で初のクラスター発生です。

感染した選手たちには、7月31日から8月6日にかけて、発熱やせき、味覚・嗅覚障害などの症状が出ました。

JR東日本秋田支社バスケ部は1日に能代工業高校のバスケットボール部と合同練習を行っていて、参加した高校生の検査も行われる予定です。

スポンサーリンク

 

 

秋田県で初のクラスターが発生したJR東日本秋田支社バスケ部で感染したのは誰?

秋田県で初のクラスターが発生したJR東日本秋田支社バスケ部で感染した方の情報は下記の通りです。

秋田市9~16例目
・20歳代部員 男性5名
・20歳代部員の配偶者 女性1名
・30歳代部員 男性1名
・30歳代部員の配偶者 女性1名

更に下記の方達の感染も確認され、バスケ部関係で計14名の感染が確認されました。
・審判員の30代地方公務員の男性1人(能代市)
・20歳代部員 男性3人
・30代男性トレーナー1人
・部員の家族の10歳未満の女の子1人

スポンサーリンク

 

 

秋田県で初のクラスターが発生したJR東日本秋田支社バスケ部でクラスターが発生した原因は?感染経路は?

JR東日本秋田支社バスケ部でクラスターが発生した原因や感染経路については分かっていません。

スポンサーリンク

 

 

秋田県で初のクラスターが発生したJR東日本秋田支社バスケ部関係者の濃厚接触者は?

秋田県で初のクラスターが発生したJR東日本秋田支社バスケ部関係者の濃厚接触者については調査中です。

発熱の症状のある選手が複数いるのを確認しながら、能代工業高校、四国の社会人チームと相次いで練習試合を行っていたとのことで、今後、更に感染者が増える可能性もあります。

スポンサーリンク

 

 

秋田県で初のクラスターが発生したJR東日本秋田支社バスケットボール部はどこにある?

秋田県で初のクラスターが発生したJR東日本秋田支社バスケ部の拠点は、秋田市中通「秋田ノーザンゲートスクエア」にあります。

JR東日本秋田支社バスケットボール部「秋田ノーザンゲートスクエア」
秋田市中通7丁目1-1


 

 

秋田県で初のクラスター発生!JR東日本秋田支社バスケットボール部関係者14人が感染に対するネットの反応

秋田県で初のクラスター発生!JR東日本秋田支社バスケ部関係者14人が感染に対するネットの反応は、下記の通りです。

スポンサーリンク