自動車保険の年齢条件設定は保険会社によって異なる!?

2018年2月16日

運転者年齢条件の設定は自動車保険の保険料に影響を与える項目の1つですが、保険会社や商品によって設定できる区分が異なる場合があることをご存知でしょうか?

今回は損保各社の年齢条件の区分についてご紹介します。各社の違いについて知って頂き、自動車保険の保険料節約に役立てて頂ければと思います。

スポンサーリンク

1.運転者年齢条件とは?

運転者の年齢条件を設定すると、補償される人の年齢を制限することになります。補償される方の年齢を制限することで保険料が安くなります。

但し、年齢条件を満たさない方が運転して事故を起こした場合には、補償対象外になりますので、設定に誤りがないよう注意する必要があります。

なお、年齢条件は契約の自動車を運転する全ての方に適用されるわけではなく、下記の方に適用されます。つまり下記以外の友人などの他人や別居の子供などには、年齢条件は適用されませんので、年齢条件に合わない方が運転して事故を起こした場合でも補償されます。

(1)記名被保険者(主に車を使用する方)
(2)記名被保険者の配偶者
(3)記名被保険者または配偶者の同居の親族
(4)上記いずれかの方の業務に従事中の使用人

上記の方の中で運転される可能性のある一番若い方に年齢条件を合わせる必要があります。

※イーデザイン損保(平成23年4月1日以降始期日契約の場合)、アクサダイレクト(平成28年3月1日以降始期日契約の場合)、ソニー損保等は、上記(4)の方については、年齢条件は適用されません。つまり、契約の車を運転される下記の方の中で一番若い方に合わせて年齢条件を設定します。

①記名被保険者
②記名被保険者の配偶者
③記名被保険者又は配偶者の同居の親族

年齢条件を設定する際に確認すべきポイントについては、下記記事をご参照ください。
年齢条件設定の際に抑えておくべき4つのポイント

個人事業主の方については、年齢条件を設定する上で特にご注意頂きたいことがあります。下記記事で注意点の詳細を解説していますので、ご参照ください。
個人事業主の方が注意すべき自動車保険の「年齢条件」設定方法

 

 

 

2.「26歳以上補償」までしかない!?

運転者の年齢条件には、下記のような区分があります。

全年齢補償
21歳以上補償
26歳以上補償
30歳以上補償
35歳以上補償

保険会社によっては、一番上の年齢条件区分が「26歳以上補償」という会社もあります。保険料は若い方でも運転できる「全年齢補償」が一番高くなり、年齢条件を上げていくに従って保険料は安くなります。

また、年齢条件以外にも記名被保険者年齢別料率が導入されているので、年齢条件だけでなく、記名保険者の年齢によっても保険料が異なる場合があります。記名被保険者年齢別料率についての詳細は下記記事をご参照ください。
年齢条件が同じでも記名被保険者の年齢によって保険料が異なる?

スポンサーリンク

 

 

 

3.各社の年齢条件区分

前述の通り、年齢条件の区分は保険会社や商品によって異なります。主な保険会社の年齢条件の区分は下記の通りです。

 

SBI損保
年齢を問わず補償
21歳以上補償
26歳以上補償

チューリッヒ
全年齢補償
21歳以上補償
26歳以上補償
30歳以上補償

ソニー損保
年齢を問わず補償
21歳以上補償
26歳以上補償
30歳以上補償

東京海上日動
年齢を問わず補償
21歳以上補償
26歳以上補償
35歳以上補償(トータルアシストのみ)

損保ジャパン日本興亜
年齢を問わず補償
21歳以上補償
26歳以上補償
35歳以上補償(THEクルマの保険のみ)

東京海上日動の“TAP(一般自動車保険)”や損保ジャパン日本興亜の“一般自動車保険『SGP』”、SBI損保等は年齢条件の区分が「26歳以上補償」までしかありません。

 

 

 

4.「35歳以上補償」だから安いわけではない

年齢条件の区分が「26歳以上補償」までしかないと「35歳以上補償」がある保険会社に比べて保険料が高くなるように思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

私が実際に試算した事例では「35歳以上補償」が設定できる保険会社より「26歳以上補償」までしか設定できない保険会社の方が保険料が安いことがありました(条件により異なります)。

 

 

 

まとめ

上記の通り、年齢条件の設定できる区分の比較だけで、どの保険会社の保険料が安いかは分かりません。

自動車保険には年齢条件以外にも保険料に影響を与える条件が色々とあります。保険料を比較するのであれば、一括見積もりサイトで各社の見積もりを依頼するのが一番簡単な方法です。5万円以上、保険料を節約した事例もあります。
自動車保険見直し(無料一括見積もりサービス)

最終更新日:2018年2月16日
No.179

スポンサーリンク