【新型コロナ】小樽市で9人が感染「昼カラ」店でクラスター発生|カラオケ店はどこ?

2020年6月25日

2020年6月24日、北海道小樽市で新たに9名の新型コロナウイルス感染者が確認されたました。

今回は、小樽市内で感染が確認された9人について確認したいと思います。

スポンサーリンク

小樽市で9人が感染「昼カラ」店でクラスター発生

2020年6月24日、北海道小樽市で新たに9名の新型コロナウイルス感染者が確認されたました。

感染が確認されたのは、いずれも小樽市内に住む9人で、市内の飲食店でカラオケを利用していた人が7人、その家族が1人、カラオケ店の経営者が1人です。

小樽市での新型コロナの感染確認は46日ぶり。感染者は計28人となりました。

 

小樽市で新たに6人感染|「昼カラ」クラスター拡大(2020年6月25日追記)

2020年6月25日、小樽市で新たに6人の感染が確認されました。

感染が確認された6人は60代の男性と女性、70代の男性と女性2人、性別と年代ともに非公表の1人。

6月24日にクラスター(感染者集団)と認定された日中のカラオケ「昼カラ」に関連した感染とみられています。

小樽市で6月25日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに6人確認されました。小樽市では24日に飲食店での昼カラによる集団感染・クラスターが確認されていて、6人ともその濃厚接触者にあたるということです。

迫俊哉小樽市長:「きのう公表した日中にカラオケを利用していた濃厚接触者の検査を行った結果、新たに陽性が確認された」

小樽市で新たに感染が確認されたのは、60代から70代の男女など、合わせて6人です。

24日に市内飲食店で発生した、高齢者が日中にカラオケを楽しむ「昼カラ」によるクラスターは、新たに1人が加わり、計9人となりました。

新たに確認された6人は全て24日に確認された感染者との濃厚接触者にあたります。うち2人は別の飲食店の経営者で、60代の女性が客として訪れていたということです。

迫俊哉小樽市長:「濃厚接触者の範囲がひろくなり、今後も新たな感染者の発生が予想されると危惧している」

一方24日に確認された9人の感染者のうち、2人が銭函市民センターを利用していたことがわかり、市は利用者の特定を急いでいます。

新崎真倫記者:「防護服の作業員による消毒作業が行われています」

クラスターが発生している小樽市内の飲食店は現在も休業していて、25日はビルの共用部分などの消毒作業が行われました。

一方、札幌市も小樽市の感染者と濃厚接触していた人が札幌市内にいる可能性があるとして調査していますが、25日の感染確認はありませんでした。

25日の感染確認は小樽市の6人だけで、道内の感染者は延べ1216人となりました。

(出典:Yahoo


 

 

小樽市で感染が確認された9人は誰?どこに住んでいる?

小樽市で感染が確認された9人の情報は、下記の通りです。

昼カラ利用客
年齢:70歳代
性別:男性
職業:無職
居住地:北海道小樽市

昼カラ利用客
年齢:60歳代
性別:女性
職業:無職
居住地:北海道小樽市

昼カラ利用客
年齢:80歳代
性別:男性
職業:無職
居住地:北海道小樽市

昼カラ利用客
年齢:非公表
性別:女性
職業:無職
居住地:北海道小樽市

昼カラ利用客
年齢:非公表
性別:非公表
職業:無職
居住地:北海道小樽市

昼カラ利用客
年齢:60歳代
性別:男性
職業:団体職員
居住地:北海道小樽市

昼カラ利用客
年齢:70歳代
性別:男性
職業:無職
居住地:北海道小樽市

昼カラ経営者
年齢:非公表
性別:非公表
職業:飲食店経営(自営業)
居住地:北海道小樽市

昼カラ利用客家族
年齢:非公表
性別:非公表
職業:無職
居住地:北海道小樽市

なお、プライバシー保護の観点から、名前や詳しい住所など、個人を特定するような情報は公表されていません。

スポンサーリンク

 

 

小樽市内でクラスター(集団感染)が発生したカラオケ店(スナック)はどこにある?|小樽市花園のスナック

小樽市内でクラスター(集団感染)が発生したカラオケ店(スナック)の店名ついては、公表されていません。

店の経営者の意向と感染者のリンクが追えていることから、小樽市では店名についての公表は控えるとしています。

小樽市民の方で心配されている方も多いことから、店名は公表した方がいいでしょう。

なお、スナックの所在地は小樽市花園と報道されています。

スポンサーリンク

 

 

小樽市で9人が感染「昼カラ」店でクラスター発生に対するネットの反応

小樽市で9人が感染「昼カラ」店でクラスター発生に対するネットの反応は、下記の通りです。


スポンサーリンク

 

今発表されるって事は札幌で騒いでいた最中に行ってたって事ですか…

おバカすぎて言葉が出ない。

 

店の許可関係無く店名を公表出来る強制権が必要
二次三次感染を防ぐ意味でも必要だろうに

 

都内では20代30代の若者ばかり取り出しています。仕事を一生懸命やっているからだと思います。

北海道は、聞き分けのない60代70代の、感染者が増えているのでがっかりです。
誰かが言ってました。
この年になったら、好きなことを我慢したくないと。。
でも、ちょっと意味を履き違えているように思います。

 

まずは、これ以上二次感染が広がりませんよう祈ります。

そして今回の昼カラ感染患者の皆さんには、本当に猛省して欲しいです。
あれだけ札幌で大騒ぎになったのを知らないはずはないでしょう。
自分たちは関係ないとでも思っていたのですか?
同じ道民として、とても情けない気持ちです。

 

昼カラでのクラスター発生は何度目ですか。感染された方を非難はしたくないですが、リスクがあると分かっていて行くのはいかがなものでしょうか。店側の感染対策がどうだったかも気になります。
夜の街だけが取り上げられて叩かれる傾向にありますが、年齢層関係なくこういう認識の甘い方々がまだいるというのは残念です。

 

北海道のカラオケ店、対策が甘すぎなのでは?
何回同じ感染繰り返すんだろう?
梅雨のジメジメがウィルス減退させるかも。って話があるけど、北海道は梅雨がないしなー。

北海道、遊びに行きたいから、ガンバって欲しい。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

小樽市内でクラスター(集団感染)が発生したカラオケ店について確認しました。

北海道では、札幌市の「カラオケ広場さっぽろ挽歌」でもクラスターが発生しています。

【新型コロナ】札幌市でクラスターが発生したカラオケ店は「カラオケ広場さっぽろ挽歌」と公表|どこにある?どんな店?【動画あり】

同じ北海道の札幌市の「昼カラ」でクラスターが発生しているにも関わらず、小樽市内でもクラスターが発生するという点に関しては、経営者、利用客ともに軽率な行動だったと言わざるを得ません。

これ以上の感染者が出ないことを願います。

スポンサーリンク