カテゴリー
自動車保険

対物賠償保険とは?|保険金額は無制限にするべきか?

自動車保険は、「対人賠償保険」や「対物賠償保険」、「人身傷害保険」、「車両保険」などがセットになった商品です。

その中で非常に重要になる補償の1つが対物賠償保険です。では、対物賠償保険とは、どのような補償で、誰を補償をする保険なのでしょうか?

対物賠償保険は、自動車保険の中で非常に重要な補償の1つのなので、契約時に注意すべき点がいくつかあります。例えば、対物賠償保険の補償額(保険金額)を保険料を安くするために無制限にしない方もいますが、無制限にしていないと発生するデメリットがあるなどです。

そこで今回は、対物賠償保険の下記ポイントについて解説したいと思います。

  • 物賠償保険の保険金額を無制限にしない場合のデメリットとは?
  • 対物賠償保険「無制限」の意味とは?
  • 物損事故を起こすと等級はいくつ下がるのか?
  • 物損事故を起こした場合も示談交渉サービスはあるのか?

今回の記事を読めば、対物賠償保険の注意すべきポイントが理解でき、自動車保険の契約時や見積もり時に役立てていただけます。

カテゴリー
自動車保険 自賠責保険

追突事故に遭った際の流れと自動車保険の補償内容とは?

交通事故に遭うことは日常生活でほとんどないので、突然、そのような状況に遭遇すると、どのように対応すればいいのか戸惑ってしまう方が多いと思います。

交通事故は、加害者になった場合もそうですが、被害者になった場合もどのように対応するかをある程度知っておくことが重要です。

対応方法を知らないと、被害者でありながら、十分な補償を受けられない可能性もあります。

では、追突事故の被害に遭った際にはどのような流れで対応すればいいのでしょうか?また、加害者側の自動車保険でどのような補償をしてもらえるのでしょうか?

今回は、追突事故の被害者になった場合の下記ポイントについて解説します。

カテゴリー
バイク保険

バイクに車両保険は必要?|盗難や自損事故は補償されるのか?

バイク保険にも自動車保険と同様に車両保険をセットすることができます。

補償内容についても自動車保険の車両保険とほぼ同じではありますが、バイク保険に車両保険をセットする際には、注意すべき点がいくつかあります。

今回の記事では、バイク保険に車両保険をセットする際に注意すべき下記ポイントを中心に解説します。

・バイクの車両保険は、盗難が補償されるのか?
・バイクの車両保険は、自損事故が補償されない?
・バイク保険の車両保険を比較する際には、保険料だけでなく補償内容の確認が重要

カテゴリー
傷害保険 医療保険 海外旅行保険 生命保険

熱中症は傷害保険や医療保険で補償(保障)される?

夏になると毎年のように熱中症のニュースが流れます。近年では、全国各地で35℃を超える猛暑日が続くこともあります。

熱中症も軽度であれば、病院に行かずに対処できると思いますが、重度になると、病院に行く必要があったり、入院する必要が発生する可能性があります。また、残念ながら熱中症で亡くなってしまう方もいらっしゃいます。

では、熱中症による治療費や死亡などを補償(保障)する保険はあるのでしょうか?また、どのような保険に加入していれば、熱中症は補償(保障)されるのでしょうか?

今回は、熱中症と保険の下記ポイントについて解説します。
・熱中症は、健康保険(公的医療保険)が適用される?
・熱中症を補償(保障)する保険とは?
・熱中症を補償(保障)する保険の補償(保障)内容とは?
・熱中症が補償されない保険とは?

今回の記事を読み、熱中症に対して保険でどのような備えができるのかを知って頂ければと思います。

カテゴリー
傷害保険 医療保険 火災保険 生命保険 自動車保険

台風による屋根や車への損害は火災保険や車両保険で補償されるのか?

2018年9月4日に大型の台風21号が近畿地方を直撃し、大きな損害をもたらしました。

台風が原因で自宅への損害、車への損害が発生した方も多かったと思います。また、台風が原因でケガをされた方、亡くなった方もいらっしゃいます。そのような場合には、保険で補償(保障)されるのでしょうか?

台風は天災だから補償(保障)されない」や「台風は自然災害だから保険金は受け取れない」と思われている方がいらっしゃいますが、それは間違いです。台風の被害も保険で補償(保障)されます。

では、どのような保険に加入していれば台風の損害は補償(保障)されるのでしょうか?また、今後も大きな台風が日本に上陸する可能性がありますが、どのような保険に加入し、備えるべきでしょうか?

今回は、台風による損害を補償(保障)する保険について解説します。今回の台風による損害への対応と、今後の台風への保険による備えについて知っていただければと思います。