【事故】東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点でタクシーが暴走し歩行者6人がひかれ1人死亡!|現場はどこ?事故の原因は?1/4

2021年1月5日


2021年1月4日、東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点でタクシーが暴走し歩行者6人がひかれケガをしたという情報があります。

今回は、東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点で発生したタクシーの暴走事故について確認したいと思います。

スポンサーリンク

東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点でタクシーが暴走し歩行者6人がひかれケガ!(2021年1月3日)

2021年1月4日、東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点でタクシーが暴走し歩行者6人がひかれケガをしたということです。

4日午後7時ごろ、東京都渋谷区笹塚1の国道20号(甲州街道)下りで、横断歩道を渡っていた歩行者の男女6人が次々とタクシーにはねられた。警視庁代々木署によると、うち40代の女性1人が死亡し、9歳~40代の男女5人が負傷して病院に運ばれた。タクシー運転手の男性(73)も搬送されたが、運転中に意識を失っていたとの情報があり、同署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聴く方針。

同署によると、タクシーは女性客1人を乗せて走行中に事故を起こしたとみられ、現場から数十メートル先で止まった。赤信号で横断歩道に進入した可能性が高いという。女性客は「運転手の男性は事故前に減速と加速を繰り返し、意識を失っているようだった」などと話しているという。
(出典:毎日新聞

スポンサーリンク

 

 

タクシーが暴走し歩行者6人がひかれケガをした事故の現場はどこ?

タクシーが暴走し歩行者6人がひかれケガをした事故の現場は、東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点との情報です。

スポンサーリンク

 

 

東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点でタクシーが暴走し歩行者6人がひかれケガをした事故の原因は?

東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点でタクシーが暴走し歩行者6人がひかれケガをした事故の原因は不明です。

タクシー運転手の男性(73)は、運転中に意識を失っていた可能性もあるようで、持病があった可能性もあります。

ドライブレコーダーの記録によると、タクシー運転手の男性(73)は、信号を無視して横断歩道に突っ込んだとみられています。

事故の影響で9歳~40代の男女5人が負傷して病院に運ばれ、うち40代の女性1人が死亡しました。

スポンサーリンク

 

 

東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点でタクシーが暴走し歩行者6人がひかれ1人死亡!に対するネットの反応

東京都渋谷区笹塚の甲州街道の交差点でタクシーが暴走し歩行者4人がひかれ1人死亡!に対するネットの反応は下記の通りです。

スポンサーリンク