バイクの等級を軽自動車の保険に引継げるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険には中断という制度があり、ノンフリート等級が7等級以上であれば、保険契約を解約してから最大10年間、解約した契約の等級(割引)を新しい契約に引継げます。先日、バイク(二輪自動車)の保険を解約し、中断していた等級を軽自動車の保険に引継げるかとのご質問を頂きました。

バイク保険の等級は軽自動車の契約に引き継げるのでしょうか?また、どうような場合に等級の引継ぎが可能になるのでしょうか?



1.中断とは?

まず、中断制度についてご説明します。中断とは、マイカーの廃車・譲渡等で自動車保険を解約する場合、中断証明書を発行することによって等級(割引)を最大10年間保存することができる制度です。

自動車保険契約を下記の条件で一時的に中断する場合、契約者からの請求により「中断証明書」が発行されます。

・譲渡・廃車
・リース業者への返還
・車検切れ
・盗難
・災害
・記名被保険者の海外渡航等

「中断証明書」により中断後の新たな契約に対して、中断前の契約の等級や事故件数に応じた所定の等級を適用することができます。中断後の契約が7等級以上の契約で中断証明書の発行が可能となり、最長10年間、中断前の等級が引き継げます。


 

例)12等級の自動車保険を廃車により保険期間途中で解約し、中断。
3年後に新たに自動車保険を契約する場合「中断証明書」により12等級が適用可能。

中断証明書の発行手続きには期限があり、自動車保険契約の満期日、または解約日から13ヵ月以内です。中断証明書は自動的に発行されるわけではなく、契約者からの請求が必要になりますので、自動車保険を解約する際には、手続きを忘れないようにお気を付けください。

代理店で契約している場合であれば、自動車保険を解約する際に中断証明書が必要かどうかの確認があるはずです。


 

 

 

2.中断前後で等級が引継可能な場合

冒頭の質問ですが、残念ながらバイクの等級を軽自動車に引き継ぐことはできません。今回の場合には、軽自動車を購入し、自動車保険に加入するなら、新規(6等級新規)で加入することになります。

等級(割引)の引き継ぎが可能な条件としては、中断前の車と同一の用途・車種の自動車と決まっています。但し、車両入れ替え可能な用途・車種も等級引き継ぎが可能です。具体的には下表の通りです。

中断前 中断後
自家用普通乗用車 自家用普通乗用車
自家用小型乗用車 自家用小型乗用車
自家用軽四輪乗用車 自家用軽四輪乗用車
自家用普通貨物車
(最大積載量0.5トン以下)
自家用普通貨物車
(最大積載量0.5トン以下)
自家用普通貨物車
(最大積載量0.5トン超2トン以下)
自家用普通貨物車
(最大積載量0.5トン超2トン以下)
自家用小型貨物車 自家用小型貨物車
自家用軽四輪貨物車 自家用軽四輪貨物車
特殊用途自動車
(キャンピング車)
特殊用途自動車
(キャンピング車)
二輪自動車 二輪自動車
原動機付自転車 原動機付自転車
上記の表を見て頂くとわかりますが、バイク(二輪自動車)の中断している等級はバイク(二輪自動車)にしか引継げません。

つまり、バイクから軽自動車のように車両入替が不可のパターンでは中断前後で等級は引継げません。

中断前は普通乗用車に乗っていて、中断後の契約では軽自動車という車両入替可能なパターンの場合には等級が引継げます。


 

 

 

3.保険会社が異なっても等級の引継ぎは可能

中断前の保険会社と中断後の保険会社が違っていても等級は引継げます。
保険会社間で自動車保険の等級は引き継げる?

但し、一部の共済制度とは等級の引き継ぎができない可能性があります。等級が引継げる共済制度については、保険会社によって異なりますので、ご注意ください。

下記の共済は多くの保険会社で等級引き継ぎが可能となっています。

・農協共済(JA共済)
・全自共(全国自動車共済協同組合連合会)
・全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)
・中小企業共済(全国中小企業共済協同組合連合会)

 

下記の共済については、等級引継ぎが出来ない会社が多いようです。

・教職員共済(教職員共済生活協同組合)
・自治労共済
・トラック共済 など

 

 

 

まとめ

新規契約と20等級等の等級が進んだ状態での割引率には大きな差がありますので、保険料にも大きな違いが発生します。ライフスタイルの変化によって自動車を手放す場合、その後も自動車に乗る可能性があるのであれば、自動車保険の中断手続きを忘れないようにご注意ください。

自動車保険の等級制度の詳細については、下記記事をご参照ください。
自動車保険等級制度(ノンフリート等級別料率制度)

中断後の契約についても自動車保険一括見積もり(無料)で保険料比較をされてはいかがでしょうか?
自動車保険一括見積もり(無料)


 
最終更新日:2017年2月22日
No.126

こちらの記事も読まれています!

  • バイク保険の車両保険は補償範囲に注意が必要 チューリッヒのバイク保険は改定を行い、2015年1月1日より車両保険が付帯可能になっていますが、その補償範囲には注意が必要です。 大手損保会社のバイク保険は車両保険が付けられる会社が多いのですが、ダイレクト(通販)型のバイク保険は車両保険の取扱いが無い会社が多いのが現状で […]
  • 他人から借りた車で事故を起こしたら・・・ 「車検の際に代車を借りるが、代車で事故をしたらどうなるか?」というご質問がありました。自分が契約している自動車保険で代車を運転中の事故が補償されるのかというご質問でした。 代車や他人から借りた車で事故を起こした場合、契約している自動車保険で補償されるのでしょうか? […]
  • インターネット割引はバイク保険にもある!? バイク保険を少しでも安くしたいと思っている方も多いのではないでしょうか?趣味でバイクに乗っている場合には、マフラーなどのパーツやヘルメット、ジャケットにもお金が掛かります。ランニングコストの1つであるバイク保険が安くなれば、他のものにお金を回せます。 以前、自動車保険をイ […]
  • 原付でも自動車保険(任意保険)が必要な3つの理由 以前、原付(原動機付自転車)には自動車保険(任意保険)は不要、自賠責保険(共済)だけで十分と、お考えの方がいました。原付は車ほどスピードも出ないし、事故を起こしても大した損害にならないというような趣旨で自賠責保険(共済)のみの加入にしているとのことでした。 しかし、本当に […]
  • ファミリーバイク特約を検討する際に確認すべき9つのポイント ファミリーバイク特約を付帯されている方から「息子が1人暮らしをしているが、ファミリーバイク特約の補償対象になるか?」との質問を頂きました。 別居しているお子さんは、ファミリーバイク特約の補償対象になるのでしょうか?今回は、ファミリーバイク特約について、確認しておくべきポイ […]
  • ロードサービス対象外作業がある? 自動車保険に無料で付帯(セット)されている事が当たり前になっているロードサービスですが、どんな場合でも無料で対応してもらえると思っている方がいます。しかし、実はサービス対象外となる場合があります。 今回は、ロードサービス対象外となる事例をご紹介します。 1.ロー […]