保険期間中に禁煙したら保険料は安くなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「保険契約時にタバコを吸っているが、保険期間中にタバコを止めれば、非喫煙者割引を使って保険料は安くなるか?」との質問を頂きました。

結論から申し上げると、残念ながら保険期間の途中から非喫煙者割引を適用して保険料を安くすることはできません。いつの時点でタバコを吸っていなければ非喫煙者割引を適用できるのでしょうか?


1.契約時に割引は決まる!

この非喫煙というのは、契約時のことであり、契約の時点で1~2年程度タバコを吸っていない状態である必要があります。契約後に禁煙したからといって非喫煙者の割引は適用されません。あくまでも契約時の状態で保険料は決まり、原則、その後に保険料率が変わることはありません。

これは保険会社に得のように思えるかもしれませんが、契約者(被保険者)にとってありがたい側面もあります。

契約時の状態で保険料が固定されるということは、契約時に非喫煙者だった人が保険期間中に喫煙者になった場合も保険料は値上げされることなく、割引が適用された保険料が続くということです。

タバコの問題だけでなく、契約時は健康だった人も時間とともに健康を害するかもしれません。
そのような場合も健康優良体割引は引き続き適用されます。

メットライフ生命のスーパー割引定期の説明には以下のような説明があります。

~メットライフ生命HP抜粋~
ファーストクラス(非喫煙優良体)でご加入いただいた方の場合、最長80歳までご契約時と同じクラスの保険料率が適用されますので、必要に応じて更新時の健康状態を気にすることなく保障を継続することができます。

※更新がある契約の場合、更新時ごとに健康状態等を確認し、更新後の契約に割引の適用が可能か確認する商品もあります。

 

 

 

2.割引の種類

前述の通り、非喫煙者に対する割引以外にも生命保険には健康優良体割引等のいくつかの割引がありますので、ここでご紹介したいと思います。

 

1)非喫煙者割引

生命保険会社が定めた非喫煙の基準を満たした場合に適用される割引です。過去の一定期間(1年~2年)喫煙していない等の条件があります。(喫煙には、紙巻タバコの他、葉巻、パイプ等を含みます)


2)健康優良体割引

生命保険会社が定めた所定の健康状態の基準を満たした場合に適用される割引です。
血圧、BMI等で判断します。


3)優良運転者割引

下記のいずれかの条件に該当すれば、適用される割引です。

・自動車保険の契約等級が12等級以上であること
・「ゴールド運転免許証」を持っていること
・運転免許を持っていないこと
※ただし、免許の取消・停止の場合を除きます。

優良運転者の割引があるのは、現状では、三井住友あいおい生命のみです。
「優良運転者」割引の適用には条件があって、「非喫煙者」基準または「優良体」基準のいずれかを満たしている必要があります。

「優良運転者」基準のみ満たしていても、優良運転者の割引は適用されません。


健康優良体割引等、各種割引の詳細については、下記記事をご参照ください。
健康であれば保険料節約にもなる!?
禁煙すれば生命保険の保険料を節約できる!?
 

 

 

3.取扱保険会社

全ての保険会社で優良体等の割引制度があるわけではありません。割引制度がる主な保険会社をご紹介します。

・メットライフ生命
・ソニー生命
・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
・アフラック
・三井住友あいおい生命
・エヌエヌ生命  等

リスク細分型の商品は多くの保険会社が取り扱っていますので、生命保険に加入する際は、どのような割引制度があるのかをご確認されることを勧めします。

 

 

 

4.再加入した場合の保険料比較

生命保険に加入する際にはタバコを吸っていて、血圧やBMIの数値も割引を適用できる基準を満たしていない場合でも、数年後に禁煙し、健康状態も割引の基準を満たすこともあるでしょう。

そのような場合は加入している保険を解約して再加入した方が得なのかをメットライフ生命の「スーパー割引定期保険」の例で試算してみました。

 

【試算条件】
保険商品:スーパー割引定期保険(メットライフ生命)
保険金額:1,000万円
保険料期間:20年
料率クラス:スタンダード(標準体)

被保険者:30歳(男性)
月額保険料:2,860円

被保険者:35歳(男性)
月額保険料:3,700円

料率クラス:ファーストクラス(非喫煙優良体)
被保険者:35歳(男性)
月額保険料:1,740円

上記の例では、30歳で加入した契約を同じ条件(スタンダード(標準体))で35歳で再契約した場合、保険料は1ヶ月で約900円高くなります。

しかし、料率クラスが標準体から非喫煙優良体に良くなると、5歳年齢が上がっても保険料が安くなり、見直した方がお得という結果になります。

健康であれば保険料節約にもなる』でもご紹介しましたが、年齢が上がっても条件によっては、再加入した方が保険料が安くなる可能性があります。

禁煙に成功し、BMIや血圧という観点で健康になったという場合は、再加入を検討してもいいでしょう。

 

 

 

まとめ

何度も書いていることですが、保険の見直しで現在の契約を解約し、再加入を検討する際は、現在の契約を解約せず、新しい契約の申し込みをしてください。

先に現在加入している契約を解約し、新しい契約の引き受けが断られた場合、無保険の状態になってしまいます。また、割引を適用した保険料での加入が出来ない場合、損をすることになります。

一度解約した契約は基本的に二度と取り戻すことは出来ませんので、ご注意ください。

どのように見直すか迷う場合はプロに相談するのも1つの方法です。下記ページからFP(ファイナンシャル・プランナー)に無料で相談できます。
生命保険無料相談

 

No.135

こちらの記事も読まれています!

  • 相互会社と株式会社は何が違う? 相互会社という言葉を聞いたことがあるでしょうか?あまり耳慣れない言葉かもしれません。ご加入の生命保険会社は「株式会社」でしょうか?それとも「相互会社」でしょうか?「株式会社」と「相互会社」では、どちらで生命保険に加入した方が得ということがあるのでしょうか? 今回は、株式会 […]
  • 生命保険の保険料はどのように計算されている? 生命保険の保険料はどのように決まっているのか、と思うことはないでしょうか? 保険料を払うことを考えると、例えば月2万円払うのはかなり大きな額と思えます。しかし、逆に保険金を支払うことを考えると、契約によっては、月2万円の保険料で何千万円という保障をするわけで、保険料の決め […]
  • 解約返戻金を受け取ると税金がかかる? 終身保険等の掛け捨てではない生命保険を解約すると、解約返戻金が受け取れます。その解約返戻金を受け取った場合にはどのような税金が課税されるのかというご質問を頂きました。 解約返戻金を受け取った場合、「必ず税金が課税されるのか?」また、「税金が課税されない場合もあるのか?」と […]
  • 相続税の課税対象者は増えている? 2015年1月の相続税制の改正により相続税の課税対象者が増えているという話を聞いたことはないでしょうか。実際に相続税の課税対象者は増えているのか?また、自分や親の相続時には相続税が課税されるのかを気にされている方も多いと思います。 2015年1月にどのような相続税改正があ […]
  • 相続時に発生する問題とは? 相続対策というと、相続税の節税というイメージがかなり強くないでしょうか?最近では、所有している土地に賃貸マンションを建てて節税するという方法も話題になっていました。2015年1月に相続税・贈与税の改正があり、相続税の課税対象者が広がるということで、相続税の節税ばかりに注目が集ま […]
  • タンス預金は安全?危険? 2015年の相続税の増税や日本銀行のマイナス金利政策、マイナンバー制度の導入等の影響により、銀行預金を引き出して現金を自宅で保管するタンス預金が増えているようです。 タンス預金のための家庭用金庫も売れているそうですが、本当にタンス預金は銀行に預けておくより安全なのでしょう […]
2015年12月14日 | カテゴリー : 生命保険 | 投稿者 : 保険FP