運転者を限定する際に注意すべきポイント

2018年1月13日

以前の記事『年齢条件の無い自動車保険』でセゾン自動車火災のおとなの自動車保険は年齢条件がないとご紹介しました。

セゾン自動車火災は年齢条件だけではなく、運転者限定の設定方法も特殊なので今回はご紹介したいしと思います。

また、他社の運転者限定特約についてもご紹介します。運転者の限定は、限定方法を間違えると事故の際に補償対象外となってしまう可能性がある一方、上手に運転者を限定すれば自動車保険の保険料節約につながります。運転者を限定する際の参考にして頂ければと思います。


スポンサーリンク

1.運転者限定特約とは?

運転者限定特約とは補償される運転者の範囲を限定する特約です。運転者の範囲を制限することにより、保険料は割引となり節約になります。

運転者限定特約のタイプは保険会社によって異なりますが、下記のようなタイプがあります。

①本人限定
②本人・配偶者限定
③家族限定

運転者の限定範囲を狭めるほど保険料の割引率は大きくなります。

運転者限定で保険料を節約するポイントですが、上記③の家族限定では別居の未婚の子も補償の対象に含まれます。例えば、大学生の子供が下宿しいて、休みに帰省して車に乗るという場合も「家族限定」を付帯可能です。
別居の未婚の子と自動車保険
家族限定と別居の既婚の子

 

 

 

2.各社の限定特約設定パターン

保険会社によって選択できる運転者限定のパターンは異なります。各社の運転者限定の種類をご紹介します。

 

東京海上日動
本人・配偶者限定
家族限定

損保ジャパン日本興亜
本人・配偶者限定
家族限定

三井住友海上
本人・配偶者限定
家族限定

あいおいニッセイ同和
本人限定
本人・配偶者限定
家族限定

ソニー損保
本人限定
本人・配偶者限定
家族限定

アクサダイレクト
本人型
夫婦型
家族型

イーデザイン損保
本人限定
夫婦限定
家族限定

三井ダイレクト損保
本人限定
本人・配偶者限定
家族限定

以前、あいおいニッセイ同和には家族限定に2種類のタイプがあり、子供は未婚・既婚を問わず補償し、子供の配偶者も補償の対象になる「子どもワイド」がありましたが、改定により「子どもワイド」は廃止されました。
家族限定と別居の既婚の子

スポンサーリンク



 

 

 

3.おとなの自動車保険の運転者限定設定方法

セゾン自動車火災は年齢条件と同様に運転者限定の方法も他社と違い特殊です。

他社は「本人限定」「本人・配偶者限定」「家族限定」の3パターンの限定方法が一般的ですが、セゾン自動車火災保険は、下記の4パターンの設定があります。

 

1)運転者限定特約(本人補償型)

運転者限定特約(本人補償型)は、他社での「本人限定」に該当します。補償される運転者を記名被保険者本人に限定します。

セゾン自動車火災保険・運転者限定特約(本人補償型)
 

2)運転者限定特約(本人・配偶者・別居の未婚の子補償型)

運転者限定特約(本人・配偶者・別居の未婚の子補償型)は、他社での「家族限定」に近い限定方法です。

他社の「家族限定」に近いのですが、別居の未婚の子以外の同居の親族が補償対象外となってしまう点に注意が必要です。

セゾン自動車火災保険・運転者限定特約(本人・配偶者・別居の未婚の子補償型)
 

3)運転者限定特約(同居の子以外補償型)

運転者限定特約(同居の子以外補償型)は、同居の子供以外は補償対象となる限定方法です。友人や知人などの他人も補償対象となります。

セゾン自動車火災保険・運転者限定なし特約(同居の子年齢条件設定型)
 

4)運転者限定なし特約(同居の子年齢条件設定型)

運転者限定なし特約(同居の子年齢条件設定型)は、同居の子供を含む全ての方が補償対象とななります。

ただし、同居の子供については、最も若い方の年齢を申告する必要があり、その年齢よりも若い同居の子供については、補償対象外となってしまいますので、注意が必要です。

例えば、25歳と20歳の同居の子供がいて、25歳の子供が運転するので、25歳の子供の年齢を申告していたとします。その後、20歳の子供が免許をとり、運転するようになった場合、同居の子供の年齢を20歳に変更しないと、20歳の子供は補償対象外となってしまいます。

運転者限定なし特約となっていますが、同居の子供については、限定される場合がありますので、ご注意ください。

セゾン自動車火災保険・運転者限定なし特約(同居の子年齢条件設定型)

また、同居の子供が別居するようになった場合には、「運転者限定なし特約(同居の子年齢条件設定型)」から「運転者限定特約(同居の子以外補償型)」に変更を忘れないようにお気を付けください。

変更を忘れると、高い保険料を支払い続けることになってしまいます。

 

 

 

4.運転者限定時の注意ポイント

セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」を契約している方には慣れている運転者限定方法も、他社からセゾン自動車火災保険の自動車保険に乗り換えた方には、不慣れな限定方法となります。

他社からセゾン自動車火災保険の自動車保険に乗り換える方については、補償対象者の範囲はよく確認する必要があります。他の保険会社からセゾン自動車火災に乗り換える際は、年齢条件や運転者限定の設定が上記の通り、他社とは異なりますので、ご注意ください。

また、セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」だけの話ではなく、家族で別居する方が居る場合や、逆に別居していた方が同居することになった場合などは、自動車保険の年齢条件や運転者限定がどうなっているかを確認する必要があります。

年齢条件も運転者限定についても、設定が誤っていると、事故の際に補償されないという事態になってしまいますので、ご注意ください。

 

 

 

まとめ

年齢条件や運転者限定の特約は、補償にかかわる非常に重要な設定項目です。年齢条件や運転者限定について疑問点がある場合には、その疑問点をそのままにせず、保険会社や代理店に問い合わせるようにしてください。

なお、上記のように運転者を限定するパターンは保険会社によって異なります。自動車保険の一括見積もりサービスを利用してご自分に合う保険会社を探されてはいかがでしょうか。全てのサービスが無料で利用可能です。

保険スクエアbang!
最大20社の見積りが可能です。
東証マザーズ上場のウェブクルーが提供するサービスです。
310万人以上の利用実績があるサイトです。

保険の窓口インズウェブ
利用者600万人突破の一括見積りサービスです。
最短5分で、最大22社の見積もりが、一度に取り寄せられます。

最終更新日:2018年1月13日
No.149

スポンサーリンク