節約効果大!!貯金するよりも国民年金保険料の前納!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで自動車保険や火災保険の保険料節約についてご紹介してきましたが、国民年金の保険料についても節約する方法があることをご存知でしょうか?

今回は、国民年金保険料の節約方法についてご紹介します。

銀行や郵便局の金利が低いと悩んでいる方も多いと思います。今回の節約方法は、毎月一定の金額を貯蓄している方にお勧めの方法で、現在のような低金利の状況では非常に効果の高い方法です。自営業者の方等、国民年金の保険料を支払っている方は参考にして頂ければと思います。


1.国民年金とは?

まず、国民年金について簡単にご説明します。

国民年金とは、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の全ての人が加入する公的年金制度です。老齢・障害・死亡により「老齢基礎年金」・「障害基礎年金」・「遺族基礎年金」を受けることができます。

国民年金は、「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」の3種類に分かれています。

第1号被保険者
自営業者、農業者、学生等
納付書や口座振替等で国民年金の保険料を自ら納める必要があります。

第2号被保険者
会社員、公務員等
厚生年金の被保険者となり、保険料は給料から天引きされます。厚生年金の保険料の中には国民年金の保険料が含まれているため、別途、国民年金の保険料を納める必要はありません。

第3号被保険者
第2号被保険者に扶養される20歳以上60歳未満の配偶者
国民年金保険料は第2号被保険者である配偶者が加入する年金制度が負担していますので、別途、国民年金の保険料を納める必要はありません。

今回ご紹介する節約方法は国民年金の保険料を支払っている第1号被保険者の方の節約方法です。サラリーマン等の第2号被保険者の方や専業主婦(夫)の第3号被保険者の方達では実践できない方法ですので、ご注意ください。

 

 

 

2.保険料を前納(前払い)する

平成28年度(平成28年4月~平成29年3月)の国民年金保険料は月額16,260円です。

国民年金の保険料の納付期限は、法令で「納付対象月の翌月末日」と定められています。この保険料を前納(前払い)すると割引があり、保険料が安くなります。つまり、保険料を前納(前払い)することにより節約が可能になります。

 

 

 

3.前納(前払い)の種類

国民年金保険料の前納(前払い)には下記の4種類があります。

(1)2年前納(4月~翌々年3月分)
(2)1年前納(4月~翌年3月分)
(3)6カ月前納(4月~9月分、10月~翌年3月分)
(4)当月末振替(早割)
※本来の納付期限よりも1か月早く口座より振替する方法

 

 

 

4.前納の割引率

上記、4種類の保険料前納(前払い)を利用した場合の割引額は下表の通りです(口座振替)。
前納方法 1回あたりの
納付額
割引額 振替日
2年前納 377,310円 15,690 5月2日
1年前納 191,030円 4,090 5月2日
6ヶ月前納 96,450円 1,100
5月2日
10月31日
当月末振替
(早割)
16,210円 50 毎月月末
上記の通り、まとめて前納(前払い)する期間が長いほど、保険料の割引率は高くなります。例えば、最も割引率の高い2年前納の割引率は約4%です。1年前納で約2%、半年前納でも約1.1%です。

 

 

 

5.貯金するより前納

何かあった時のために貯金することは重要ですが、既にある程度の貯蓄があり、生活に余裕がある方であれば、預貯金を増やすよりも国民年金保険料を前納した方が断然お得です。

現在の大手都市銀行の普通預金金利は、日本銀行(日銀)のマイナス金利政策の影響で、0.001%程度です。100万円を預けて1年間で10円(税引前)の利息しか受け取れません。

定期預金金利でも0.01%程度で100万円を1年間預けて利息は100円(税引前)です。

しかし、国民年金の保険料前納であれば、前述の通り最大で2年前納の約4%、半年前納でも約1.1%の割引率です。預貯金の金利を考えれば、貯金するより国民年金の保険料をまとめて前納(前払い)した方がはるかにメリットが大きくなります。

 

 

 

6.支払方法

国民年金保険料の支払方法には、現金納付、口座振替、クレジットカード払い等があります。2年前納については、クレジットカード払いが選択できませんでしたが、平成29年4月分から半年前納、1年前納と同様にクレジットカード払いが選択可能になります。

クレジットカード払いを選択した場合、前納した場合の保険料割引にプラスして、クレジットカードのポイントが付くので、実質的にクレジットカードのポイント分が更に割引きになります。

但し、クレジットカード払いを選択した場合、口座振替と比べて割引額が下がります。クレジットカード払いの場合の保険料額(平成29年度)は下記の通りです。尚、平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)の国民年金保険料は、16,490円です。
前納方法 1回あたりの
納付額
割引額
2年前納 379,560円 14,400
1年前納 194,370円 3,510
6ヶ月前納 98,140円 800
口座振替した場合の2年前納(平成29年度)の割引額は、15,640円ですが、一般的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%とすると、379,560円×0.5%≒1,897円なので、クレジットカードの割引額14,400円と合計で、16,297円となります。よって、クレジットカードのポイントを考慮すれば、口座振替を利用するより割引額は大きくなります。

また、毎月納付についてもクレジットカード払いが可能なので、前納する余裕がないという方も毎月の国民年金保険料支払いをクレジットカード払いにすれば、実質的にクレジットカードのポイント分が割引になります。

国民年金保険料は前述の通り、1ヶ月16,260円です。12ヶ月で195,120円で、夫婦2人分であれば、年間390,240円にもなります。還元率が0.5%のクレジットカードでも年間約1,900円分のポイント分が節約できます。

 

 

 

まとめ

前納での支払いについては、申込が必要ですが、申込みには期限があります。前納をお考えであれば、期限に遅れないようにお早目にお申込み頂ければと思います。

ところで、クレジットカード払いにするのであれば、イオンカードセレクトがお勧めです。

イオンカードセレクトを持つと、イオン銀行での普通預金金利が0.1%上乗せになり、0.12%になります。なんと、大手銀行の普通預金金利の120倍です!

定期預金ではなく、普通預金金利が0.12%という点がポイントです。長期間資金を固定する必要もなく、高い金利を得られるチャンスを見逃す手はありません。

イオンカードセレクトは低金利時代の強い味方です。私も活用していますが、「イオン銀行ポイントプログラム」などのオリジナル特典があり、ポイントも貯まりやすいカードです。

ネットからのイオンカードセレクト申込で最大6,000円相当分のときめきポイントもプレゼントされます!(イオンカードセレクトとは、キャッシュカード、クレジットカード(イオンカード)、電子マネー(WAON)が一体になったカードで、入会金と年会費は無料です。)

 
最終更新日:2017年2月8日
No.255

こちらの記事も読まれています!

  • 国民年金保険料の「未納(滞納)」と「免除」は何が違う? 国民年金の保険料納付が苦しいため、保険料が支払えず、「未納(滞納)」の状態になっている方もいらっしゃると思いますが、実は国民年金の保険料には「免除」という制度があることをご存知でしょうか? 保険料を支払わないと「未納」となりますが、申請をし承認されれば、「免除」となります […]
  • 国民年金と民間の個人年金保険の違い 国民年金は保険料を支払っても将来年金が受け取れるか不安なため、保険料を滞納し、民間の保険会社が販売する個人年金保険に加入したいという方がいますが、この考え方は正しいのでしょうか? 民間の保険会社が販売する個人年金保険は必ず年金が支払われるのでしょうか?公的年金(国民年金) […]
  • 国民年金の受給要件が10年に短縮化 国民年金の老齢基礎年金の支給要件をご存知でしょうか?何年間、国民年金の保険料を支払えば、老齢基礎年金を受け取る権利が発生するのでしょうか? 今回は、老齢年金の受給要件が短縮化されたことについて解説します。受給要件の短縮化のメリット、デメリットについてご理解頂ければと思いま […]
  • 付加年金はお得な国民年金の制度! 国民年金第1号被保険者の方ならびに任意加入被保険者の方は、定額保険料(平成28年度:月額16,260円)に付加保険料を上乗せして納めることで、受給する老齢基礎年金額を増やせることをご存知でしょうか? 意外と知らない方も多いのですが、付加年金は2年間で支払った付加保険料のモ […]
  • 「相続放棄」と「相続分の放棄」何が違う? 亡くなった方(被相続人)の財産を相続する際の「相続放棄」と「相続分の放棄」の意味の違いをご存知でしょうか? 実は、多くの方が「相続放棄」と「相続分の放棄」を混同していると思われます。「相続放棄」したつもりが「相続分の放棄」をしていたということになると、後々トラブルに巻き込 […]
  • 自動車保険を同じ保険会社で継続するメリットはある? 「自動車保険を同じ保険会社で継続することにメリットはあるのか?」という質問を頂きました。 同じ保険会社で何年も自動車保険を継続すれば、事故の際に保険金の支払いがスムーズになったり、保険料が安くなったりするのでしょうか? 同じ保険会社で自動車保険契約を継続することによ […]
2016年12月12日 | カテゴリー : 国民年金 | 投稿者 : 保険FP