1日単位で契約できるゴルファー保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフをしているが、プレーする頻度が非常に少ないという方もいらっしゃると思います。ゴルフのプレー頻度が低いにも関わらず、ゴルファー保険を年間契約すると、保険料が高いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方向けに1日単位で加入できるゴルファー保険があるのをご存知でしょうか?

今回は、ゴルファー保険についてご紹介します。ゴルファー保険を1日単位で契約する場合と、年間契約する場合の保険料を比較し、ゴルファー保険加入時の参考にお役立て下さい。


 


1.ゴルファー保険とは?

まずは、ゴルファー保険とはどのような保険なのかを確認したいと思います。ゴルファー保険は、ゴルフプレー中のさまざまなリスク(他人にケガをさせた場合、ゴルフ用品が盗まれた場合、ホールインワンを達成した際の費用等)を補償する商品です。

具体的には、下記のような補償があります。ホールインワン・アルバトロス費用以外は、海外での事故についても補償されます。


 

1)第三者に対する賠償責任

ゴルフのプレー中や練習中に、他人の生命または身体を害したり、他人の財物(注)を壊したりして、賠償責任を負い、治療費や修理費等を負担した場合に保険金が支払われます。

注)ゴルフカート等他人から借りたり預かったりした物を除きます。


2)ゴルファー自身のケガ

ゴルファー自身がゴルフ場やゴルフ練習場敷地内でゴルフの練習、競技または指導中にケガをした場合に保険金が支払われます。


3)ゴルフ用品の損害

ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内でゴルフ用品が盗難されたり、ゴルフクラブの破損・曲損事故が起きたりした場合に、保険金額を限度に修理費等の損害の額が支払われます。


4)ホールインワン・アルバトロス費用

ホールインワンまたはアルバトロスを達成した場合に、達成の祝いとして実際にかかった費用が支払われます。

 

 

 

2.1日単位のゴルファー保険

ドコモの携帯から申し込めるゴルファー保険は1日300円から加入することができます。300円、500円、700円のコースがありますが、300円のコースでは下記のような補償内容になっています。

本当にたまにしかゴルフに行かないという方にはお手軽でいいと思います。


 

死亡・後遺障害:200万円
入院日額   :3,000円
通院日額   :2,000円
賠償責任   :3,000万円
用品損害   :10万円
ホールインワン:30万円

携帯やスマホから簡単に申込が可能で、保険料は月々の携帯料金と一緒に請求されます。

1日単位で契約できるゴルファー保険はドコモ以外にソフトバンクも取り扱っています。補償内容や保険料に大きな違いはありませんが、au損保の「あうてゴルフの保険」は1日以外にも3泊4日までのコースがあるので、連続でプレーする場合は、「あうてゴルフの保険」が保険料的にお得です。


 

 

 

3.年間契約のゴルファー保険

ゴルフに頻繁に行くという方については、以前から販売されている年間で契約するゴルファー保険の方がお得になります。保険期間は、1年以外にも2年間、3年間などがあります。保険期間を2年または3年にすると、1年で契約するよりも1年あたりの保険料は割安になります。

ある保険会社の年間契約のプラン例は下記の通りです。


 

死亡・後遺障害:280万円
入院日額   :4,200円
通院日額   :2,800円
賠償責任   :1億円
用品損害   :27万円
ホールインワン:20万円

年間保険料:6,000円

 

 

 

4.示談交渉サービス

自動車保険では当たり前の示談交渉サービス(契約者(被保険者)が他人にケガをさせる等の賠償責任に関する事故を起こした場合に、契約者(被保険者)に代わって保険会社が事故の過失(責任)割合等について相手方・相手方保険会社と交渉を行うサービス)がゴルファー保険の賠償責任補償にはない商品が多いです。例えば、損保ジャパン日本興亜や三井住友海上のゴルファー保険には示談交渉サービスが付いていません。

東京海上日動の場合、国内の事故に限り、示談交渉サービスが付いています。

また、ドコモの1日単位で契約できるゴルファー保険は引受保険会社が東京海上日動なのですが、示談交渉サービスは付いていません。

ソフトバンクのゴルファー保険については、引受保険会社は損保ジャパン日本興亜です。こちらの商品には月額プランと1日プランの2つがあるのですが、月額プランの場合、国内の事故は示談交渉サービスが付いています。1日プランの場合には、示談交渉サービスが付いていません。非常にややこしいので、ご注意ください。


 

 

 

まとめ

ゴルフに頻繁にいくようになるまでは1日単位を活用し、頻繁に行くようになれば、年間契約を活用して頂ければと思います。

また、上記の通り、商品やプランによって、賠償責任補償に示談交渉サービスが付いている場合と付いていない場合がありますので、ご注意ください。

尚、ゴルフ中に第三者への賠償責任を負った場合でも自動車保険等の特約である個人賠償責任補償特約等で対応可能で、かつ示談交渉サービスが付いていれば、示談交渉も保険会社がしてくれます。


 

No.105

こちらの記事も読まれています!

  • 賃貸のマンションやアパートに火災保険は必要? 賃貸のマンションやアパート等で一人暮らしをしている方の中には、火災保険の必要性を感じていない方が多いのではないしょうか。また、昼間は仕事で忙しく、火災保険の手続きが面倒だと思われている方も多いと思います。 実は、一人暮らしの方でも火災保険への加入が必要な理由があります。 […]
  • 類焼損害補償特約は必要か? 『なぜ日本では火災保険への加入が必要なのか?』でもご紹介しましたが、日本には失火法があるため、火事で隣家を類焼させても重大な過失がなければ、隣家に対する賠償義務はありません。 法律上は、賠償する義務が無くても、道義的責任についてはどうでしょうか? 失火の際の類焼に備 […]
  • 税金のかからない保険金・給付金 個人が生命保険や医療保険等から受け取る保険金や給付金にはどのような税金が課税されるのかという質問が多いのですが、実は、税金が課税されない保険金や給付金もあります。 税金が課税されない保険金や給付金について紹介します。また、生命保険や医療保険だけでなく、自動車保険や火災保険 […]
  • 自動車保険を契約する際に確認すべき10の割引 自動車保険には、知っていなくても適用される割引と知らないと適用されない割引があります。自動車保険を契約される際に確認しておくとよい主な割引をご紹介します。 自動車保険にはどのような割引があるのかを知って頂き、上手に自動車保険の保険料節約につなげて頂ければと思います。 […]
  • 家族限定と別居の未婚・既婚の子 自動車保険の保険料を節約する方法の1つに補償される運転者の範囲を限定するという方法があります。 『運転者を限定して保険料節約』 運転者限定特約は下記のような範囲に補償される方を限定できます。 「本人限定」 「本人・配偶者限定」 「家族限定」 その運転者限定特 […]
  • 噴火での損害は補償(保障)されるのか? 2015年9月27日午前11時53分、長野、岐阜両県境の御嶽山(3067メートル)が噴火し、多くの方が被害に遭われました。噴火による被害のニュースが報道されると、「噴火の場合は、加入している保険で補償(保障)されるのか?」というご質問を頂くことがあります。 噴火で被害に遭 […]