保険年齢と満年齢

このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険の設計書を見たときに自分の年齢が1歳違うと思ったことはないでしょうか?実は生命保険の契約年齢(契約時の被保険者の年齢)には保険年齢と満年齢の2つの方式があります。

今回は、保険年齢と満年齢の違いについてご紹介します。


1.保険年齢とは?

保険年齢とは、保険会社が保険料を算出する際に使用する被保険者の年齢のことです。保険契約日時点で、満年齢の端数が6カ月以下の場合は切り捨て、6カ月を超える場合は切り上げて年齢を計算します。

つまり、保険年齢の場合は誕生日の半年前に年齢が1つ上がることになります。

例えば、契約日の満年齢が40歳7ヶ月の人の場合、保険年齢は7ヶ月が切り上げられて41歳となります。一方、満年齢が40歳5ヶ月の人の場合、保険年齢は40歳となります。

満年齢の場合には、40歳1ヶ月だろうが40歳11ヶ月だろうが、契約年齢は40歳となります。

 

 

 

2.保険年齢が使われている商品

さて、この保険年齢ですが、どの保険会社、どの保険商品でも使用されているわけではありません。満年齢を使用している保険会社もありますし、保険会社の中で商品によって保険年齢と満年齢を使い分けている会社もあります。

例えば、明治安田生命の場合は、下記のようになります。

~明治安田生命HPより抜粋~

「ベストスタイル」「ベストスタイルJr.」「メディカルスタイル F」「メディカルスタイル F Jr.」「3年間災害保障型逓増定期保険」「明治安田生命つみたて学資」は、契約日における被保険者(「明治安田生命つみたて学資」の場合は契約者および被保険者)の年齢を満年齢で計算し、1年未満の端数は切り捨てます。その他の保険は、契約日における被保険者の年齢を満年齢で計算し、1年未満の端数については、6ヵ月以下は切り捨て、6ヵ月超は切り上げます。たとえば、満40歳7ヵ月の場合は、41歳になります。

上記の通り、明治安田生命は、商品によって「保険年齢」と「満年齢」を使い分けています。明治安田生命、第一生命等の老舗の生保会社は保険年齢を使用しているところがあるようです。

一方、アフラックなどの外資系の保険会社や東京海上日動あんしん生命や損保ジャパン日本興亜ひまわり生命などの損保系生命保険会社は満年齢を使用しています。

 

 

 

3.年齢が上がると保険料が上がる

生命保険は年齢が1歳上がると保険料が高くなります。ある保険会社の試算例は下記の通りです。

【保険料例】
商品:終身保険
保険金額:500万円
払込方法:終身払い

年齢:30歳
保険料:8,890円(月払)

年齢:31歳
保険料:9,085円(月払)

年齢が1歳上がるだけで同じ保障内容にもかかわらず、195円(月額)高くなります。1ヶ月で195円とはいえ、同じ保障内容なので、1円でも高くなるのはばかばかしい気がします。

仮に、上記の差で保険料を40年間払い続けると、93,600円にもなります。

 

 

 

まとめ

最近では、保険年齢という言葉を聞くこともほとんどなくなりましたが、生命保険契約の保険料を計算する際には「満年齢」と「保険年齢」の2つの考え方があることを知って頂き、生命保険の契約を検討している際は、年齢にお気を付け頂ければと思います。

保険年齢を採用している商品に加入する場合には、考えていた年齢よりも1歳上の年齢で加入することになる可能性もあるので、ご注意ください。

最終更新日:2017年11月28日
No.109

こちらの記事も読まれています!

  • 相互会社と株式会社は何が違う? 相互会社という言葉を聞いたことがあるでしょうか?あまり耳慣れない言葉かもしれません。ご加入の生命保険会社は「株式会社」でしょうか?それとも「相互会社」でしょうか?「株式会社」と「相互会社」では、どちらで生命保険に加入した方が得ということがあるのでしょうか? 今回は、株式会 […]
  • 解約返戻金を受け取ると税金がかかる? 終身保険等の掛け捨てではない生命保険を解約すると、解約返戻金が受け取れます。その解約返戻金を受け取った場合にはどのような税金が課税されるのかというご質問を頂きました。 解約返戻金を受け取った場合、「必ず税金が課税されるのか?」また、「税金が課税されない場合もあるのか?」と […]
  • マイナンバーと損害保険、生命保険 2016年1月からのマイナンバー制度導入にともない、社会保障、税等、各種手続きにマイナンバー(個人番号)が必要になっていきます。 生命保険、損害保険についてもマイナンバーとは無縁ではありません。今回は損害保険、生命保険とマイナンバーの関係についてご紹介します。 […]
  • 生命保険の保険料はどのように計算されている? 生命保険の保険料はどのように決まっているのか、と思うことはないでしょうか? 保険料を払うことを考えると、例えば月2万円払うのはかなり大きな額と思えます。しかし、逆に保険金を支払うことを考えると、契約によっては、月2万円の保険料で何千万円という保障をするわけで、保険料の決め […]
  • 不妊治療を保障する保険業界初の保険 日本生命が不妊治療にかかる費用等を保障する女性のための保険「ChowChou(ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険)」を2016(平成28)年10月2日から発売しました。 金融庁は2016年4月に保険業の施行規則を改め、不妊治療にかかる費用を保障する保険商品を解禁 […]
  • タンス預金は安全?危険? 2015年の相続税の増税や日本銀行のマイナス金利政策、マイナンバー制度の導入等の影響により、銀行預金を引き出して現金を自宅で保管するタンス預金が増えているようです。 タンス預金のための家庭用金庫も売れているそうですが、本当にタンス預金は銀行に預けておくより安全なのでしょう […]
2015年11月7日 | カテゴリー : 生命保険 | 投稿者 : 保険FP