保険料に消費税は課税される?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月に消費税は5%から8%に上がりました。2019年10月には、10%に上がる予定です(もともと2015年10月に10%に引上げ予定でしたが、2017年4月に延期され、更に2019年10月に再延期されました)。
消費税が上がる際には、「保険料は消費増税分上がるのか」というご質問をよく頂きます。

保険料は消費税が増税されることによって、上がるのでしょうか?

今回は、保険と消費税の関係についてご紹介します。


1.保険は非課税取引

実は消費税には税法上、非課税とされる取引が設定されています。保険料については、損害保険料、生命保険料ともに非課税で、消費税増税によって保険料がすぐに上がるというような直接的な影響はありません。

国税庁のホームページには非課税となる取引として下記のような記述があります。

預貯金の利子及び保険料を対価とする役務の提供等
預貯金や貸付金の利子、信用保証料、合同運用信託や公社債投資信託の信託報酬、保険料、保険料に類する共済掛金など

課税される取引であれば、消費税増税によって増税分の価格が上がることになりますが、非課税取引である損害保険、生命保険については、増税によって、保険料がすぐに増税分上がるということはありません。

 

 

 

2.保険金等も非課税

保険事故が発生した場合に支払われる給付金や保険金、契約が満期になった場合に支払われる満期保険金、契約を解約した際に払い戻される解約返戻金は、生命保険、損害保険を問わず全てが消費税の課税対象外となっていて、非課税となります。

 

 

 

 

3.自動車保険は値上げされた!?

上記の通り、保険料、保険金ともに消費税は非課税とされていますが、実は2014年4月の消費税増税の影響で自動車保険は値上げされました。

大手損保各社は下記の通り、消費税の増税後に自動車保険を平均0.9~2.5%値上げしました。

 

●三井住友海上
2014年10月に平均1.9%の値上げ

●東京海上日動
2014年10月に平均0.9%の値上げ

●損保ジャパン
2014年7月に平均2.5%の値上げ

●日本興亜
2014年9月に平均2.5%の値上げ

●あいおいニッセイ同和
2014年10月に平均1.9%の値上げ

 

 

 

 

4.なぜ値上げされたのか?

保険料は非課税なのに、なぜ自動車保険の保険料は値上げされたのでしょうか?

値上げの理由としては、保険料は非課税ですが、保険料の中から支払う代理店への手数料、保険金として支払う自動車の修理代、ケガをした被害者の交通費等には消費税がかかり、支払いが増えるからです。

契約者から受取る保険料は上がらず、保険料から支払う諸経費については、消費税増税の影響を受け支払いが増えるため保険料もある程度値上げする必要があるということです。

保険料は非課税でも消費税増税の影響を全く受けないというわけにはいかないのが現状です。

 

 

 

5.10%に引き上げ時の対応は?

2019年10月に消費税は10%に上がる予定ですが、その際の対応はどうなるでしょうか?

一般社団法人 日本損害保険協会は、消費税が10%になった場合、自動車の修理費用や代理店手数料などの値上がりによって、業界全体で約1,800億円の負担増が発生すると試算しています。

2014年4月の消費税増税時にも大手損保会社社長からは、「まずコスト削減などの努力をするが、いずれは保険料引上げが必要」とのコメントがありました。

次回は消費税が8%から10%に2%上がるわけですが、コストカットで対応できるのか、それとも保険料の値上げに踏み切るのか、微妙なところです。

 

 

 

6.生命保険の保険料への影響は?

上記は損害保険、特に自動車保険について触れましたが、生命保険については、消費税増税の影響はないのでしょうか?

生命保険の保険金は基本的に定額払いです。例えば、死亡で1,000万円、入院で1日1万円等で定額の支払いになります。

前述の通り、生命保険の保険料、保険金ともに消費税は課税対象外です。
但し、生命保険会社も代理店に支払う手数料等の経費については、消費税が上がる分だけ支払いが増えていますが、増税の影響は限定的です。消費税が8%になった際には、消費増税による保険料引上げの動きはありませんでしたが、10%に引上げになった際にも保険料が値上げされないとう確証はありません。

 

 

 

まとめ

消費税は、もともと2015年10月に10%へ引き上げの予定でしたが、2017年4月に引き上げが延期され、更に2019年10月に再延期されました。

上記の通り、消費税が非課税である保険も消費増税と無縁ではありません。保険料の値上げは家計を直撃するので、増税の時期には各保険会社の自動車保険値上げ動向に注目しつつ、『自動車保険見直し(無料一括見積もりサービス)』を活用して負担を軽減して頂ければと思います。

 

No.96

こちらの記事も読まれています!

  • 相互会社と株式会社は何が違う? 相互会社という言葉を聞いたことがあるでしょうか?あまり耳慣れない言葉かもしれません。ご加入の生命保険会社は「株式会社」でしょうか?それとも「相互会社」でしょうか?「株式会社」と「相互会社」では、どちらで生命保険に加入した方が得ということがあるのでしょうか? 今回は、株式会 […]
  • 同居の親族とは? 保険のパンフレットをみていると「同居の親族」という言葉が頻繁に出てきます。特に自動車保険のパンフレットには多く出てくる用語です。 この言葉だけだと曖昧でどの範囲が親族かが分かりません。しっかりと理解していないと補償の範囲だったと思っていた人が補償範囲外だったということにな […]
  • 生命保険の保険料控除 『損害保険の保険料控除』で地震保険料控除についてご紹介しました。ご存知の方も多いと思いますが、生命保険にも生命保険料控除制度があります。 今回は生命保険料控除についてご紹介します。生命保険料控除とは、どのような制度で、どのような商品に加入することにより活用できるのかを知っ […]
  • 保険、共済、少額短期保険は何が違う? 「保険と共済は何が違うの?」という質問を頂くことがあります。保険と共済は、ともに生命の保障や事故の補償を行う事業で何が違うのかと疑問を持たれる方も多いと思います。 更に最近、注目されている少額短期保険と保険はどのような違いがあるのでしょうか?保険、共済、少額短期保険の違い […]
  • 保険に加入できない!?(最低保険料とは?) 保険に加入する際の保険料は安いに越したことはありませんが、安すぎると契約できない可能性があることをご存知でしょうか? 実は最低保険料という考え方があり、その額を下回る契約はできません。今回は最低保険料についてご紹介します。 1.最低保険料とは? 保険会社が保険 […]
  • 保険契約もクーリングオフの対象 保険を契約した後に契約手続前はいいと思っていても、考えなおしてキャンセルしたいと思うこともあると思います。 特に生命保険を契約した場合には、何十年と保険料を払い続ける必要がありますので、本当に契約して良かったのかという考えが浮かんでくることもあるでしょう。 そのよう […]
2015年10月7日 | カテゴリー : 保険業界 | 投稿者 : 保険FP