盗難も火災保険で補償される?(保険金支払対象?)

このエントリーをはてなブックマークに追加

火災保険で盗難も補償されることをご存知でしょうか?ご近所で泥棒(空き巣)が入ったなどの話を聞くことがあることがあると思いますが、そのような際に火災保険で補償される場合があります。

今回は、盗難の際に火災保険にはどのような補償があるのかについて解説したいと思います。


1.火災保険の盗難補償とは?

火災保険の補償範囲は広く、下記のような補償があります。

【火災保険の補償内容】
①火災、落雷、破裂、爆発
②風災・雹(ひょう)災・雪災
③水災
④水ぬれ、物体の落下等、騒擾
⑤盗難
⑥破損・汚損等

上記のように盗難に対しても補償があります。

ただし、補償範囲を選べる火災保険もあるので、盗難の補償を選んでいなければ、補償はされません。
火災保険を契約する際に押さえておくべき8つのポイント

 

1)盗難による建物の補償

建物は盗難しようがないので、盗難の補償は必要ないのではないかと思われるかもしれませんが、下記のような盗難による建物への損害が補償されます。

【盗難による建物の事故例】
・泥棒により盗難の際にガラスを割られた
・泥棒により盗難の際にドアやカギを壊された

上記のような場合、ガラスやドア、カギの修理費が火災保険で補償されます。なお、未遂で家財は何も盗れていなくても、ドアや窓ガラスなどに損害が発生した場合には火災保険で補償されます。

 

2)盗難による家財の補償

家財を補償の対象としている場合、家財(テレビやパソコン、家電製品など)を盗られたら場合に補償されます。ただし、スマホなどの携帯電話やバイク(125cc超)など補償対象とならない家財もあります。


スポンサーリンク



 

 

 

2.現金の盗難も補償される?

火災で現金が燃えても火災保険では補償されませんが、現金が盗難された場合には、火災保険で補償されます。ただし、補償される額には限度があります。
現金が燃えてしまったら火災保険で補償される?

例えば、損保ジャパン日本興亜の火災保険『THEすまいの保険』では、現金(通貨)等の盗難の補償限度額は下表の通りとなっています。
事故の種類 補償限度額
通貨等、印紙、切手、乗車券等の盗難 20万円
預貯金証書の盗難 200万円または家財の保険金額のいずれか低い額
 

 

 

3.原付や自転車の盗難も補償対象?

自動車やバイク(125cc超)の盗難は火災保険で補償対象外ですが、原付(総排気量125cc以下)や自転車については、盗難されると、補償対象となります。

ただし、自宅敷地内での盗難に限られます。自転車や原付を駅などに置いておいた際に盗難されたという場合には、補償対象外です。
原付や自転車を盗難されたら火災保険!?

 

 

 

4.警察への盗難届が必要

盗難の損害を保険会社に請求する場合には、警察への盗難の届出が必要です。盗難の被害に遭った場合には、速やかに警察へご連絡下さい。保険会社や代理店への報告は、警察へ連絡した後で全く問題ありません。

火災保険の請求には、盗難届の受理番号が必要となりますので、必ず警察に届けるようにしてください。

 

 

 

5.地震保険では盗難は補償対象外

火災保険では盗難が補償対象となりますが、地震保険では地震等の際に発生した保険の対象の紛失・盗難による損害については、補償の対象外となりますので、ご注意ください。
地震保険について抑えておくべき5つのポイント

 

 

 

まとめ

火災保険は補償範囲が広いので、保険金の請求もれが発生する可能性があります。盗難に遭ったが、火災保険で補償されることを知らなかったという場合には、保険会社に至急ご連絡下さい。

 

No.317


こちらの記事も読まれています!

  • タンス預金は安全?危険? 2015年の相続税の増税や日本銀行のマイナス金利政策、マイナンバー制度の導入等の影響により、銀行預金を引き出して現金を自宅で保管するタンス預金が増えているようです。 タンス預金のための家庭用金庫も売れているそうですが、本当にタンス預金は銀行に預けておくより安全なのでしょう […]
  • 地震保険に加入するには火災保険への加入が必要? 地震保険に加入するには、火災保険に加入することが条件となります。 『地震保険について抑えておくべき5つのポイント』 しかし、火災保険に加入しなくても、地震に対する補償を準備する方法があります。今回は火災保険に加入せずに地震に対する補償を準備する方法をご紹介します。 […]
  • マイホーム(住宅)購入時に諸費用(火災・地震保険)を節約する方法 マイホームの購入時は物件の購入費用が大きいので、諸費用は抑えたいものです。 諸費用の中には、火災保険や地震保険の保険料もありますが、契約の内容によっては、どちらの保険料も大きな額となります。 今回は、火災保険、地震保険の保険料を抑える方法をご紹介します。住宅購入をお […]
  • 火災保険を長期契約にして保険料節約 火災保険の保険料をどのような方法で支払っているでしょうか?保険料の支払方法には、「月払」「年払」等がありますが、火災保険は長期で契約することにより保険料節約が可能です。 以前は、火災保険を長期契約すると、長期契約分の保険料を一括払いする必要があり、支払額が大きくなりました […]
  • 火災保険を契約する際に押さえておくべき8つのポイント 火災保険は身近な保険でありながら、意外とその補償内容を知らなかったり、勘違いされている商品のように思います。例えば、火災保険で補償されるのは、火事が起きた際の損害だけではありません。 火災保険を契約する際に押さえておくべきポイントをご紹介します。火災保険にはどのような補償 […]
  • 地震火災費用保険金があれば、地震保険は不要か? ご存知無い方も多いと思いますが、地震保険に加入していなくても火災保険から地震の損害を補償する費用保険金が支払われます。 それが「地震火災費用保険金」です。 「地震火災費用保険金」の補償内容と地震保険との関係について解説します。「地震火災費用保険金」があるなら地震保険 […]