健康祝い金のある医療保険はお得?

このエントリーをはてなブックマークに追加

掛け捨ての保険が嫌いで、健康祝金が受け取れる医療保険に加入したいというご相談がありました。

保険料が掛け捨てではなく、少しでもお金が返ってくる商品はお得に感じる方も多いと思いますが、本当にお得なのでしょうか?健康祝金が払われる仕組みや本当にお得なのかを検証してみたいと思います。

健康祝金のある医療保険を検討されている方は参考にして頂ければと思います。



1.健康祝い金とは?

健康祝金とは、医療保険に加入していて数年経過すると支払われるものです。金額としては、数万円から10万円程度です。商品によっては、「ボーナス」、「生存還付金」等と呼ばれています。支払の条件は、医療保険を数年から10年程度契約していることや給付金の支払いが無かったことなどの条件がある場合があります。


 

 

 

2.健康祝金は保険会社からのプレゼント?

「健康祝金」という言葉を聞くと、まるで保険会社から健康で契約を継続されている方にプレゼントされる祝金のようなイメージがあります。実は、勘違いされている方も多いと思いますが、「健康祝金」や「ボーナス」などは保険会社が無料でサービス(プレゼント)してくれるものではありません。

実は、「健康祝い金」として受け取る金額は、保障の部分とは別に契約者が支払っている保険料の中に含まれています。つまり、「健康祝い金」や「ボーナス」として受け取る現金は契約者が自ら支払っているものが返ってきているだけということになります。


 

 

 

3.「健康祝金」の保険料は?

健康祝金はお得かを実際に分かりやすい事例でご紹介します。

アフラックの医療保険「ちゃんと応える医療保険EVER」には、3年毎に3万円を受け取れる「生存祝金特約」があります。この特約は給付金を受け取ったとしても契約が継続していれば、3年毎に3万円を受け取れる特約です。

この特約の保険料は下記の通りです。

被保険者:30歳(男性)
特約保険料:832円(月額)

3年ごとに3万円を受け取るために特約保険料をいくら支払っているかを計算すると、下記の通りになります。
832円 × 12ヶ月 = 9,984円(年間特約保険料)
9,984円 × 3年間 = 29,952円(3年間の特約保険料)

つまり、29,952円支払って3万円を受け取ることになります。3年間で48円増えるだけです。

年利約0.15%で複利運用して積み立てていることになるので、現在の銀行預金の普通預金金利(0.001%)よりは良いことにはなります。


 

 

 

4.健康祝金は預貯金と同じ?

多少金利がよくて増えるのであれば、銀行に預けているのと同じではないかと思われる方もいると思いますが、1つ大きな違いがあります。

それが、途中解約と途中死亡のリスクです。

EVERの生存祝金特約は、3年ごとの契約応当日に被保険者が生存していることが、支払条件です。つまり、3年ごとの契約応当日前日に被保険者が死亡した場合には、生存祝金は受け取れません。途中死亡による払戻金はありませんので、特約の保険料は払った分だけ損(ムダ)になります。

途中解約についても同様に支払った特約保険料がムダになってしまいます。

現金で貯蓄していれば、いつでも自由に引出し可能です。元本割れすることもありません。


 

 

 

5.健康であれば保険料が返金される商品

健康であれば、払った保険料が戻ってくる医療保険もあります。東京海上日動あんしん生命の「メディカルKitR」は、所定の年齢まで支払った累計保険料相当額から、受け取った累計の給付金相当額を差し引いた額を健康還付給付金として返金する仕組みの医療保険です。

医療保険に加入しながら、貯蓄をしているような素晴らしい商品のようですが、一般的な医療保険に比べて保険料が高い点に注意が必要です。

また、戻ってくる健康還付給付金には利息が付かないことや途中解約時には支払った保険料累計を解約返戻金が大きく割り込むリスクがあり、貯蓄とは異なります。

東京海上日動あんしん生命の「メディカルKitR」は上記の通り、貯蓄とは異なり、保険商品特有のリスクがありますので、ご注意ください。商品の詳細は下記記事をご参照ください。
健康なら保険料が返金される医療保険
持病があっても保険料が返金される医療保険


 

 

 

まとめ

そもそも医療保険自体が必要かという議論もありますが、医療保険に加入するのであれば、保険料の安い掛け捨ての商品を選択する方がベターだと思います。
医療保険は必要?不要?

掛け捨てがイヤという方の気持ちも分かりますが、医療保険については、保障と貯蓄を分けて考える方がいいのではないでしょうか。


 

No.234

こちらの記事も読まれています!

  • 医療保険の入院給付金についてよくある5つの質問 医療保険への加入を検討している、又は医療保険の見直しを検討されている方から入院給付金についてよく頂く質問がいくつかあります。 代表的な質問を5つご紹介します。多くの方が同じような点を疑問に感じていると思いますので、医療保険に加入する際や医療保険の見直しの際に参考にして頂け […]
  • がんの治療費用を全額保障するガン保険 がんは治療にお金がかかる可能性が高い病気です。がんの種類によって、また選択した治療方法によって治療費がどのくらいかかるか分かりません。 健康保険の適用される治療方法であれば、高額療養費制度で治療費の負担は押さえられますが、自由診療や先進医療を選択した場合には治療費負担は高 […]
  • 医療保険とがん保険の違いとは? 「医療保険に加入するとがんの場合も保障されるのか?」という質問を多く頂きます。医療保険ではがんは保障されず、がんはがん保険のみでしか保障されないと思っている方が多いようです。 医療保険とがん保険では、保障内容にどのような違いがあるのでしょうか。今回はがん保険と医療保険の違 […]
  • 緩和型医療保険の引受条件は保険会社によって異なる!? 生命保険や医療保険等に加入する場合には、無選択型の商品でない限り、診査や告知が必要になります。 『生命保険の申込時には、必ず医師の診査が必要?』 健康状態によっては、生命保険や医療保険等の引き受けを断られる場合がありますが、その引き受けの条件は保険会社によって異なります […]
  • 告知義務違反が心配な場合の対処方法とは? 生命保険や医療保険、がん保険等に加入する際には、現在の健康状態や病歴等の告知が必要になります。告知すべき項目が漏れていたら、告知義務違反で契約を解除される可能性もあります。 告知を含め全ての申込手続きが完了した後に告知すべき病歴が漏れていた等の告知漏れが心配になった場合に […]
  • がん経験者は生命保険や医療保険に加入できない? がんは治せる時代になりましたが、それにともない、「昔、がんになって完治したが、保険には加入できるか?」というお問い合わせを頂くことが多くなりました。 がん経験者は、保険には加入できないと思われている方も多いと思います。実際、がんになったことがある方は、保険に加入できるので […]
2016年10月11日 | カテゴリー : 医療保険 | 投稿者 : 保険FP