2台目の車は1台目の車の自動車保険で補償される?

「2台目の車を購入する際に自動車保険は1台ずつ加入する必要があるのか?」また、「1台ずつ加入が必要であるならば、少しでも保険料の節約ができないか?」などと考える方が多いと思います。

また、夫婦で1台ずつ車を所有しているなど、ご家族で複数台の車を所有する場合にも上記と同じように少しでも保険料等の維持費節約を考える方も多いのではないでしょうか。

今回は、2台目以降の車を購入する際の自動車保険について注意すべきポイントや保険料の節約方法について解説します。

2台目以降の車を購入予定の方は参考にして、保険料節約につなげて頂ければと思います。


続きを読む

車を所有するコストとは?

車は購入時の費用だけでなく、所有すると色々なコスト(維持費)が掛かります。ガソリン代、駐車場代、車検、税金、保険など。

今回は、保険の観点でどの車種を買うかで、どの程度維持費が異なるかを確認してみたいと思います。

自動車保険の保険料等は、毎年必ず負担すべきコストですので、そのコストを下げることができれば、毎年のコスト削減額は小さくても車を所有している期間で考えると維持費の総額はかなり変わってきます。

車を購入する予定の方は今回の記事を参考にして維持費削減に役立てて頂ければと思います。


続きを読む

車検切れの車を運転した場合に発生する問題点まとめ

国土交通省は車検切れの車を路上で素早く確認するシステムを使って取り締まりを行う予定です。持ち運び可能なカメラでナンバーを読み取り、瞬時にデータと照合して車検切れかを判別、係員が警察と連携してその場で取り締まる仕組みで、2018年の本格運用を目指すようです。

なぜ、車検切れの車を取り締まるのでしょうか。実は、車検切れの状態で車を運転すると、大きな代償を支払うことになる可能性があります。

車検切れの車やバイクを運転すると法律上の問題だけでなく、事故の際の被害者への補償でも問題が発生します。今回は、車検切れの車やバイクを運転すると、どのような問題が発生するかをご紹介します。

続きを読む

自分が運転する車で自分の子供にケガをさせたら?

自動車事故のニュースで、ご自分の子どもに怪我をさせてしまうという悲しいニュースを聞くことがあります。

自宅の駐車場に車庫入れする際等に自分の子供がいることに気付かずケガをさせてしまったような場合、契約している自動車保険(任意保険)で子どもの治療費等が出るのかと疑問を持つ方もいらっしゃると思います。自分の子どものケガは、補償の対象となるでしょうか?

続きを読む

原付でも自動車保険(任意保険)が必要な3つの理由

以前、原付(原動機付自転車)には自動車保険(任意保険)は不要、自賠責保険(共済)だけで十分と、お考えの方がいました。原付は車ほどスピードも出ないし、事故を起こしても大した損害にならないというような趣旨で自賠責保険(共済)のみの加入にしているとのことでした。

しかし、本当にそうでしょうか?

私は原付でも自動車保険(バイク保険)の加入は必要だと考えています。原付を運転する際に自賠責保険(共済)のみで自動車保険(任意保険)に加入しない場合に発生する問題やリスクについて解説します。

尚、自賠責保険(共済)と自動車保険(任意保険)の関係については、下記記事で詳細に解説していますので、ご参照ください。
自動車保険の仕組み(自賠責保険と自動車保険の関係とは?)


続きを読む

危険ドラッグを使用して事故を起こしたら補償されない!?

危険ドラッグ(脱法ドラッグ・脱法ハーブ)を使用して交通事故を起こしたというニュースを以前よく耳にしました。警視庁は危険ドラッグを所持している運転者に対し、交通違反がなくても運転免許を最大6カ月間停止する運用を始めています。

実際に徳島県で150日間の免許停止になる事例も発生しています。個人的にはもっと厳罰化してもいいような気もしますが・・・。

さて、危険ドラッグを使用して交通事故を起こした場合、自動車保険の補償はどうなるのでしょうか?交通事故を起こした本人は自業自得なのでいいとして、被害者となった場合の補償はどうなるのでしょうか?

続きを読む

自賠責保険は自由に解約できない!?

自賠責保険は任意保険(自動車保険)と違って解約が制限されていることをご存知でしょうか?任意保険(自動車保険)は契約者が自由に解約できますが、自賠責保険に関しては、解約できる事由が制限されています。

なぜ、自賠責保険は自由に解約することができないのでしょうか?今回は自賠責保険の解約について解説します。


続きを読む

2015年10月5日 | カテゴリー : 自賠責保険 | 投稿者 : 保険FP

ひき逃げや無保険車の事故は保障される?

自動車登録検査業務電子情報処理システム(MOTAS)のデータ上、全国で300万台以上が車検切れ車両とされているそうです。その多くは廃棄された車両とみられているそうですが、実際に街頭検査で発見される車検切れの車両もあり、10万台~20万台前後が車検切れのまま道路を走っているとのことです。

車検が切れているということは、自賠責保険(共済)にも加入していない可能性が非常に高いと思われます。自賠責保険(共済)に加入していない場合は、任意保険(自動車保険)に加入していることもないでしょう。

そのような車が街の中を走っていると考えると恐ろしい話です。仮に無保険車による事故の場合、被害者の損害は一切保障されないのでしょうか?

実は、ひき逃げ・無保険事故の被害者の救済のための政府保障事業があります。今回は、政府保障事業についてご紹介します。

続きを読む

バイクの自賠責保険はネットやスマホで契約できる!?

バイク(250cc以下)の自賠責保険はどこで加入されているでしょうか?ネットやスマホでバイク(250cc以下)の自賠責保険に加入できることをご存知でしょうか?

今回は、250cc以下のバイクや原付の自賠責加入方法をご紹介します。手軽に自賠責保険に申し込む方法を知り、契約漏れや継続(更新)手続き漏れを防いで頂ければと思います。


続きを読む