自殺も生命保険や損害保険で保障(補償)されるのか?

あまり気持ちの良い話題ではありませんが、「加入している終身保険は、自殺の場合は免責(保障対象外)なのか?」とのご質問を頂きました。

生命保険は自殺した場合にも保障されるのでしょうか?また、傷害保険については、自殺は補償されるのでしょうか?

今回は、自殺に対する生命保険の保障および損害保険の補償について解説します。


続きを読む

就業不能保険は必要?不要?

病気やケガが原因で、仕事を休み、働けない場合の生活費が不安ということで、就業不能保険についてご質問を頂くことが多くなりました。注目を集めているのだと思います。

病気やケガで働けない場合に備える就業不能保険は入院が保険金支払の要件ではなく、自宅療養でも保障対象になります。一見、良い保険に感じますが、実際のところはどうでしょうか?

就業不能保険の保障内容を確認し、本当に働けない場合の備えになるかを判断して頂ければと思います。

続きを読む

医療保険は不要!?傷病手当金について理解しておくべきポイント

病気やケガが原因で働けなくなってしまった場合、収入が減る可能性があり、生活に困ると思っている方が多いと思います。しかし、健康保険には傷病手当金という制度があり、病気やケガが原因で働けない場合、収入が補填されます。

傷病手当金制度は、民間の医療保険を検討する際には、サラリーマンの方は健康保険の高額療養費制度と並んで、理解しておくべき制度です。

今回は傷病手当金についてご紹介します。傷病手当金はどのような制度で、どのような時にどのくらいの額の支給を受けられるかについて解説します。

続きを読む

医療保険は不要!?高額療養費について理解しておくべきポイント

医療保険のパンフレットでも紹介されることが多い高額療養費制度をご存知でしょうか?医療費が高額になり、自己負担の限度額を超えた場合に、超えた分の医療費を払い戻してもらえる制度です。

日本は公的な保障が充実しているので民間の医療保険等を考える際にもある程度、公的な保障制度を理解しておく必要があります。

今回は、高額療養費制度についてご紹介します。高額療養費とはどのような制度なのかを理解したうえで、民間の医療保険の加入を検討して頂ければと思います。

続きを読む

交通事故の場合、健康保険や労災保険は使えない!?

交通事故でケガをした場合の治療には、公的医療保険である健康保険や労災保険(労働者災害補償保険制度)等の社会保険は使えないと勘違いされている方がいらっしゃいますが、そのようなことは ありません。

健康保険も労災保険も使うことが可能です(健康保険は、サラリーマンが加入している組合管掌、協会健保又は、自営業者等が加入する国民健康保険等、どの制度でも利用可能です)。

更に、健康保険や労災保険を使わない場合、交通事故の被害者の方にデメリットが発生する可能性があります。

今回は、交通事故の際に社会保険を使わないことで発生し得るデメリットをご紹介します。

続きを読む

差額ベット代の意味を正しく理解していますか?

医療保険のパンフレットを見ていると差額ベット代という言葉が出てきます。医療保険の加入を決める際の1つの材料となるものです。

差額ベット代、正式には、「特別療養環境室」といいます。差額ベット代という言葉は医療に関連したテレビや雑誌記事などでは頻繁に出てくるので、漠然と意味を理解している方は多いと思います。

しかし、正確な意味を理解している方は少ないのではないでしょうか?

民間の医療保険に加入する際によく話題に出る差額ベット代を正しく理解し、医療保険選びのお役に立てて頂ければと思います。


続きを読む