死亡保険金受取人に関して勘違いが多い4つのポイント

生命保険の死亡保険金受取人に関してよく頂く質問があります。

多くの方が勘違いしていることもありますので、今回は、生命保険の保険金受取人に関して勘違いが多いポイントについてご紹介します。

生命保険の受取人について知っているのと知らないのとでは、大きな違いが出るポイントがあり、ポイントを押さえていないと、税金を余分に支払うことになるなど、不利益を被る可能性があります。生命保険の保険金受取人について知り、適切な方に適切な形で、死亡保険金を渡せる契約にして頂ければと思います。


続きを読む

死亡保険金の受け取り方で相続税額が異なる?

契約されている生命保険の死亡保険金受取人は誰になっているでしょうか?配偶者の方でしょうか?お子さんでしょうか?

死亡保険金を誰に受け取らせるかで、相続税の税額が異なる可能性があることをご存知でしょうか?相続人にどのような割合で保険金を受け取らせれば、相続税がどの程度になるか、実際の試算例を数パターンご紹介します。

生命保険の保険金と相続税の関係を知り、相続対策に役立てて頂ければと思います。


続きを読む

生命保険の保険金受取人は誰?

契約されている生命保険の保険金受取人を定期的に確認されているでしょうか?契約時に保険金受取人を指定して後はそのままという方が多いのではないでしょうか。

保険会社から定期的に発送される「契約内容の確認」に受取人が記載されていますので、確認して頂ければと思います。受取人を確認していないと、どのような問題が発生するのでしょうか?

今回は生命保険の受取人について注意すべき点をご紹介します。


続きを読む

「相続放棄」と「相続分の放棄」何が違う?

亡くなった方(被相続人)の財産を相続する際の「相続放棄」と「相続分の放棄」の意味の違いをご存知でしょうか?

実は、多くの方が「相続放棄」と「相続分の放棄」を混同していると思われます。「相続放棄」したつもりが「相続分の放棄」をしていたということになると、後々トラブルに巻き込まれる可能性があります。

今回は、「相続放棄」と「相続分の放棄」の違いと、相続時に2つを混同した場合にどのような問題が発生するかをご紹介したいと思います。

続きを読む

相続時に発生する問題とは?

相続対策というと、相続税の節税というイメージがかなり強くないでしょうか?最近では、所有している土地に賃貸マンションを建てて節税するという方法も話題になっていました。2015年1月に相続税・贈与税の改正があり、相続税の課税対象者が広がるということで、相続税の節税ばかりに注目が集まっているように思えます。

しかし、相続時に重要となるのは、税金を安くする節税対策だけではありません。今回は、相続時に発生する問題をいくつかご紹介したいと思います。相続時には、相続税以外にどのような問題点が発生するかと、その対策方法を解説したいと思います。

※2015年1月の相続税・贈与税の改正内容については、国税庁の下記パンフレットをご参照ください。
相続税及び贈与税の税制改正のあらまし

続きを読む

相続税の課税対象者は増えている?

2015年1月の相続税制の改正により相続税の課税対象者が増えているという話を聞いたことはないでしょうか。実際に相続税の課税対象者は増えているのか?また、自分や親の相続時には相続税が課税されるのかを気にされている方も多いと思います。

2015年1月にどのような相続税改正があり、改正前に比べてどのよう方が新たに相続税の課税対象になりやすいのかをご紹介します。


続きを読む

内縁の妻(夫)に相続権はない?

「婚姻の届出をしていない内縁の妻は何年一緒に暮らせば相続権が発生するのか?」とのご質問を頂きました。

内縁(事実婚)の配偶者とは何年一緒に暮らせば、相続権が発生するのでしょうか?内縁(事実婚)の配偶者に財産を遺すことはできるのでしょうか?

内縁(事実婚)の配偶者の相続権と財産を遺す方法について解説します。


続きを読む

一時払い終身保険の活用法

最近、注目されている商品に一時払終身保険があります。一時払い終身保険は、ほぼ「保険料=保険金額(保障額)」です。例えば、保険金額(保障額)1,000万円の一時払終身保険に加入しようと思えば、一時払い保険料は約1,000万円になるというこになります。

一見すると、この保険にどのような意味があるのかと思われると思います。

運用商品として注目されていたこともありますが、最近では、日銀の金融緩和の影響で予定利率も下がり、運用商品としての魅力は下がっています。また、マイナス金利の影響もあり、一時払終身保険の販売を停止する保険会社が増えています。現在では、日本生命や明治安田生命など一部の保険会社でしか販売されていません。
一時払終身保険の予定利率が下がると保険料が上がる?

しかし、この一時払い終身保険には相続において大きな活用法があるので、ご紹介します。

続きを読む

死亡保険金の非課税限度額について勘違いが多いポイント

相続の際に生命保険や損害保険の死亡保険金には下記の非課税限度額があることをご存知でしょうか?2015年1月に相続税制が増税の方向に改正され、注目を集めているので、ご存知の方も多いと思います。

しかし、意外に勘違いされている方が多いので、今回は、非課税限度額について勘違いが多いポイントについてご紹介します。どのようなポイントに気を付けるべきなのかを知り、死亡保険金の非課税限度額をご活用頂ければと思います。


続きを読む

死亡保険金に課税される税金

「生命保険の死亡保険金を保険金受取人が受け取った場合、税金は課税されるのか?」というご質問をよく頂きます。実は、契約形態(契約者、被保険者、受取人の関係)によって課税される税金が異なります。

今回は、死亡保険金に課税される税金についてご紹介します。課税される税金の種類によって税額が異なります。また、契約形態によっては、税金が課税されない非課税枠も活用できますので、今回の記事を参考に、ご自身に合った契約形態を選んで頂けたらと思います。

続きを読む