家財の火災保険について知っておきたい6つのポイント

火災保険を契約している方は多いと思いますが、どのような補償内容になっているかよく分かっていない方が多いのではないでしょうか。

特に契約している火災保険は建物が対象か、家財が対象か、それとも建物と家財の両方が対象かが理解できていない方もいらっしゃると思います。

今回は火災保険の家財の補償に絞って解説したいと思います。そもそも家財とは何か?どのような損害が発生した場合に補償されるのか?補償されない家財はあるのか?など、一般の方でも知っておいた方がよいポイントについてご紹介します。

続きを読む

2017年9月19日 | カテゴリー : 火災保険 | 投稿者 : 保険FP

火災保険で補償される?されない?

最近の火災保険は、保険会社各社からオリジナルの商品が販売されていて、かなり補償範囲が広くなっています。火災保険で補償されるのは、火事による損害だけではありません。
火災保険を契約する際に押さえておくべき8つのポイント

火災保険補償内容例
(セコム損害保険HPより抜粋)

しかし、建物や家財に起きる全ての損害を火災保険で補償できるわけではありません。火災保険には補償対象外となる事項には、意外なものがあります。一般の方には馴染みのない免責事項(補償対象外となる事項)について解説します。

続きを読む

2017年9月3日 | カテゴリー : 火災保険 | 投稿者 : 保険FP

タンス預金は安全?危険?

2015年の相続税の増税や日本銀行のマイナス金利政策、マイナンバー制度の導入等の影響により、銀行預金を引き出して現金を自宅で保管するタンス預金が増えているようです。

タンス預金のための家庭用金庫も売れているそうですが、本当にタンス預金は銀行に預けておくより安全なのでしょうか?タンス預金の災害に対する危険性などのデメリットについてご紹介します。


続きを読む

自転車保険(個人賠償責任保険)の補償内容比較

自転車保険で特に注目されている補償は、他人にケガをさせたり、他人のモノを壊した際の損害賠償責任を補償する部分(個人賠償責任補償)です。
自転車の事故で注目の個人賠償責任保険
自転車保険加入前に確認すべき6つのポイント
自転車保険はTSマーク付帯保険で大丈夫?

その自転車保険に加入する際に確認して頂きたいのが、個人賠償責任補償の補償額(保険金額)と示談交渉サービスの有無です。

今回は、自転車保険や自動車保険に付帯できる個人賠償責任補償特約を示談交渉サービスの有無と補償額(保険金額)の観点で比較してみたいと思います。

続きを読む

同性パートナーと保険

2015年に生活を共にする同性カップルを夫婦と同じような関係の「パートナー」と認める制度が、東京都渋谷区と世田谷区で始まりました。

渋谷区は同性カップルに「パートナーシップ証明書」を交付し、世田谷区では、同性カップルの2人が、「パートナーシップ宣誓書」を提出すれば、区長が「受領証」を発行するというものです。また、兵庫県宝塚市でも同様の制度が始まっています。

法律上の効果はないそうですが、性的少数者(LGBT)を支援する動きが各地で広がっています。

渋谷区や世田谷区等の制度を受けて、保険業界も同性パートナーの方達に対応する動きがありますので、ご紹介します。

続きを読む

デスクトップ型は補償対象、ノートパソコンは補償対象外!?

「子供が誤ってノートパソンコンを壊してしまったが、家財の火災保険で補償されるのか?」とのご質問を頂きました。

壊れたノートパソンコンの修理代や買換えの費用は家財の火災保険で補償されるのでしょうか?実は、広い火災保険の補償内容についてご紹介します。


続きを読む

2016年10月4日 | カテゴリー : 火災保険 | 投稿者 : 保険FP

借家人賠償責任補償と個人賠償責任補償、どちらが必要?

賃貸住宅で火災を発生させてしまった場合、「個人賠償責任保険」に加入していれば、家主に対しての損害賠償義務が補償され、「借家人賠償責任補償特約」は不要ではないのか?というご質問を頂きました。

「個人賠償責任保険」があれば、「借家人賠償責任補償特約」は不要なのでしょうか?

まずは、「借家人賠償責任補償特約」と「個人賠償責任保険」の概要からご説明します。


続きを読む

2016年9月13日 | カテゴリー : 火災保険 | 投稿者 : 保険FP

借家人賠償責任補償特約は必要?

なぜ日本では火災保険への加入が必要なのか?』で日本には失火法があるので、失火で隣家を類焼させても重大な過失がなければ、隣家の損害を賠償する責任はないとご説明しました。

しかし、賃貸住宅の場合、借りている部屋で火災を起こせば、その損害を修復し、原状回復して大家さん(オーナー)に返す必要があります。

今回は、賃貸住宅のオーナーへの損害賠償義務を補償する特約「借家人賠償責任補償特約」をご紹介します。賃貸マンションや賃貸アパートに入居する際に、なぜ、火災保険の契約が必要なのか。また、どのような契約(補償)内容にしておくべきなのかを解説します。

続きを読む

2016年9月12日 | カテゴリー : 火災保険 | 投稿者 : 保険FP

類焼損害補償特約は必要か?

なぜ日本では火災保険への加入が必要なのか?』でもご紹介しましたが、日本には失火法があるため、火事で隣家を類焼させても重大な過失がなければ、隣家に対する賠償義務はありません。

法律上は、賠償する義務が無くても、道義的責任についてはどうでしょうか?

失火の際の類焼に備えるための火災保険の特約「類焼損害補償特約」の補償内容とともに、同特約の必要性について解説します。


続きを読む

2016年9月6日 | カテゴリー : 火災保険 | 投稿者 : 保険FP

なぜ日本では火災保険への加入が必要なのか?

「隣家から火が出て、自分の家が燃えた場合、火元の人から自分の家の損害を賠償してもらえるのか?」という質問を頂くことが多いのですが、どう思われるでしょうか?

また、自分は火事を起こすことはないから火災保険に加入しないという方もいますが、それは正しい考え方なのでしょうか?

今回は、日本において火災保険の加入が必須である理由について解説します。

続きを読む