国民年金と民間の個人年金保険の違い

国民年金は保険料を支払っても将来年金が受け取れるか不安なため、保険料を滞納し、民間の保険会社が販売する個人年金保険に加入したいという方がいますが、この考え方は正しいのでしょうか?

民間の保険会社が販売する個人年金保険は必ず年金が支払われるのでしょうか?公的年金(国民年金)には国の制度としてのメリットはないのでしょうか?

今回は、公的年金(国民年金)と民間の保険会社が販売する個人年金保険を比較したいと思います。国の制度としての公的年金(国民年金)のメリットをご紹介します。

続きを読む

国民年金の受給要件が10年に短縮化

国民年金の老齢基礎年金の支給要件をご存知でしょうか?何年間、国民年金の保険料を支払えば、老齢基礎年金を受け取る権利が発生するのでしょうか?

今回は、老齢年金の受給要件が短縮化されたことについて解説します。受給要件の短縮化のメリット、デメリットについてご理解頂ければと思います。


続きを読む

2017年3月2日 | カテゴリー : 国民年金 | 投稿者 : 保険FP

国民年金保険料の「未納(滞納)」と「免除」は何が違う?

国民年金の保険料納付が苦しいため、保険料が支払えず、「未納(滞納)」の状態になっている方もいらっしゃると思いますが、実は国民年金の保険料には「免除」という制度があることをご存知でしょうか?

保険料を支払わないと「未納」となりますが、申請をし承認されれば、「免除」となります。保険料の「未納」と保険料の「免除」では何が違うのでしょうか?

「未納」の状態で放置する場合のデメリットと、「免除」を申請した場合のメリットについてご紹介します。

※今回の記事内容は、自営業者等、第1号被保険者の方向けの情報です。サラリーマン等の厚生年金に加入している第2号被保険者や第2号被保険者に扶養されている配偶者(20歳以上60歳未満)である第3号被保険者の場合には、企業が厚生年金保険料(被保険者負担分+事業主負担分)を納めているので、原則、保険料が「未納」となることはありません。

続きを読む

2017年1月23日 | カテゴリー : 国民年金 | 投稿者 : 保険FP

付加年金はお得な国民年金の制度!

国民年金第1号被保険者の方ならびに任意加入被保険者の方は、定額保険料(平成28年度:月額16,260円)に付加保険料を上乗せして納めることで、受給する老齢基礎年金額を増やせることをご存知でしょうか?

意外と知らない方も多いのですが、付加年金は2年間で支払った付加保険料のモトが取れるお得な制度です。第一号被保険者の方と任意加入被保険者の方には是非ご活用頂きたいお得な制度です。

今回は国民年金のお得な制度である付加年金についてご紹介します。


続きを読む

2016年12月13日 | カテゴリー : 国民年金 | 投稿者 : 保険FP

節約効果大!!貯金するよりも国民年金保険料の前納!?

これまで自動車保険や火災保険の保険料節約についてご紹介してきましたが、国民年金の保険料についても節約する方法があることをご存知でしょうか?

今回は、国民年金保険料の節約方法についてご紹介します。

銀行や郵便局の金利が低いと悩んでいる方も多いと思います。今回の節約方法は、毎月一定の金額を貯蓄している方にお勧めの方法で、現在のような低金利の状況では非常に効果の高い方法です。自営業者の方等、国民年金の保険料を支払っている方は参考にして頂ければと思います。

続きを読む

2016年12月12日 | カテゴリー : 国民年金 | 投稿者 : 保険FP