火災保険の保険金額は自動復元される!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「住宅が火災に遭い、火災保険の保険金を受け取った場合、火災保険の保険金額は受け取った保険金額分減るのか?」というご質問を頂きました。

例えば、保険金額(補償額)が2,000万円の火災保険から500万円の保険金を受け取った場合、その後の火災保険はどうなるのでしょうか?保険金額が1,500万円(2,000万円-500万円)に減額されるのでしょうか?契約自体が消滅してしまうのでしょうか?

今回は、保険金を支払った後の火災保険契約について解説します。



1.保険金の自動復元

上記の場合、500万円の保険金が支払われても保険金額は減らず、2,000万円に復元し、火災保険契約は満期日まで有効に継続します。これを「保険金額自動復元方式」といいます。

保険の種類によっては、支払った保険金分を保険金額から減額する「残存保険金額方式」をとっている場合もあります。

家計分野の火災保険は保険金を支払った場合でも保険金額が復元する「保険金額自動復元方式」を採用しています。


 

 

 

2.契約が終了する場合

火災保険は、保険金を受け取った場合でも保険金額は自動で復元するとご説明しましたが、これはあくまでも保険金額のある一定割合までの支払いの場合です。火災保険の多くの商品が保険金額の80%に相当する額を超える保険金支払いがあると、損害発生時に遡って契約は終了します。

例えば、保険金額2,000万円の火災保険で、1,800万円を超える保険金支払いがあれば、保険金額は復元せず、損害発生時に遡って契約は終了することになります。

尚、火災保険とセットで地震保険を契約している場合、主契約である火災保険の契約が保険金の支払いによって保険期間の途中で終了すると、地震保険も同時に終了しますので、ご注意ください(地震保険は単独では契約できず、火災保険とセットで契約する必要があります)。
地震保険について抑えておくべき5つのポイント


 

 

 

3.火災保険を使うと保険料は上がるのか?

「火災保険の保険金支払いがあると、翌年以降の保険料が上がるのか?」というご質問もよく頂きます。

多くの方が自動車保険のノンフリート等級別料率制度の印象が強く、保険金を受け取ると、次契約の等級(割引率)が下がり、保険料が上がるイメージをお持ちのようです。

しかし、火災保険は自動車保険のノンフリート等級別料率制度のような仕組みはありませんので、保険金の支払いがあっても原則、翌年度の保険料が上がることはありません。但し、保険金を支払う事故の頻度が多いような場合等は、翌年度以降の契約引き受けを保険会社が断る可能性があります。

自動車保険のノンフリート等級別料率制度についての詳細は、下記記事をご参照ください。
自動車保険の等級制度(ノンフリート等級別料率制度)


 

 

 

4.地震保険の場合も自動復元?

火災保険は保険金額の80%相当額を超えない保険金支払いであれば、保険金額が自動復元しますが、火災保険とセットで契約する地震保険の場合はどうでしょうか?

地震保険について抑えておくべき5つのポイント』でもご紹介した通り、地震保険は実際の損害額が保険金として支払われるわけではありません。「地震保険損害認定基準」に従い、損害の程度によって「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の認定を行い、それぞれ地震保険金額の100%(時価額が限度)・60%(時価額の60%が限度)・30%(時価額の30%が限度)・5%(時価額の5%が限度)が定額で支払われます。

地震保険の場合は、損害の認定が「大半損」「小半損」「一部損」で、保険金が支払われても契約の保険金額は減額されません。

但し、損害の認定が「全損」となり保険金が支払われた場合には、地震保険の契約はその損害が生じた時に遡って終了します。契約終了後に発生した地震等による損害は補償されません。

※地震による損害は広範囲に及ぶので可能な限り早く、そして公正に保険金が支払えるように損害認定区分が4つになっています。2016(平成28)年12月以前は、損害の認定区分が3区分(「全損」「半損」「一部損」)でしたが、2017(平成29)年1月から4区分(「全損」「大半損」「小半損」「一部損」)に改定されました。


 

 

 

まとめ

上記の通り、原則として家計分野の火災保険は保険金の支払が保険金額の80%相当額を超えない場合は保険金額が減額されることなく、満期日まで有効に継続します。

保険金の支払いが保険金額の80%に相当する額を超えると損害発生時に遡って契約は終了します。

また、保険金の支払いがあっても原則、翌年度の火災保険の保険料が上がることはありません。


 
最終更新日:2017年2月16日
No.196

こちらの記事も読まれています!

  • タンス預金は安全?危険? 2015年の相続税の増税や日本銀行のマイナス金利政策、マイナンバー制度の導入等の影響により、銀行預金を引き出して現金を自宅で保管するタンス預金が増えているようです。 タンス預金のための家庭用金庫も売れているそうですが、本当にタンス預金は銀行に預けておくより安全なのでしょう […]
  • ゲリラ豪雨による損害は火災保険で補償される? 最近は異常気象の影響で夏になるとゲリラ豪雨の話題が毎年のように出ます。また、「ゲリラ豪雨による自宅建物や家財の損害を補償する保険はあるのでしょうか?」という質問をいただくことが増えました。ゲリラ豪雨などの水害が起こると、住宅や家財に大きな被害が発生することがあります。 今 […]
  • 河川の決壊・氾濫等の自然災害に対しての補償(保障)まとめ 地球温暖化の影響で異常気象が続き、毎年各地で大雨の被害が発生します。2015年(平成27年)にも台風18号等の大雨の影響により茨城県の鬼怒川や宮城県の渋井川、吉田川等が決壊・氾濫し、甚大な被害が発生しました。 毎年のように台風等の大雨の災害で多くの住宅や車が流されている映 […]
  • 同性パートナーと保険 2015年に生活を共にする同性カップルを夫婦と同じような関係の「パートナー」と認める制度が、東京都渋谷区と世田谷区で始まりました。 渋谷区は同性カップルに「パートナーシップ証明書」を交付し、世田谷区では、同性カップルの2人が、「パートナーシップ宣誓書」を提出すれば、区長が […]
  • なぜ日本では火災保険への加入が必要なのか? 「隣家から火が出て、自分の家が燃えた場合、火元の人から自分の家の損害を賠償してもらえるのか?」という質問を頂くことが多いのですが、どう思われるでしょうか? また、自分は火事を起こすことはないから火災保険に加入しないという方もいますが、それは正しい考え方なのでしょうか? […]
  • 類焼損害補償特約は必要か? 『なぜ日本では火災保険への加入が必要なのか?』でもご紹介しましたが、日本には失火法があるため、火事で隣家を類焼させても重大な過失がなければ、隣家に対する賠償義務はありません。 法律上は、賠償する義務が無くても、道義的責任についてはどうでしょうか? 失火の際の類焼に備 […]
2016年5月26日 | カテゴリー : 火災保険 | 投稿者 : 保険FP