40代、50代の自動車保険を節約する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、テレビCMでよく観るセゾン自動車火災保険の『おとなの自動車保険』、香川照之さんを起用して40代と50代の保険料が安くなるという売り文句でCMを流しています。40代や50代というと、子供の教育費や住宅ローンなど、色々とお金が必要で少しでも節約ができらたと考えている方が多いと思います。

生命保険や自動車保険等の保険料は、大きな出費となっている方も多く、家計の見直し時には真っ先に注目される点です。そこで、今回は『おとなの自動車保険』で40代、50代の方の保険料がどの程度安くなるか、保険料を試算してみました。

40代、50代の方で自動車保険の保険料節約を考えている方は参考にして頂ければと思います。



1.年齢条件がない!?

自動車保険は下記のような年齢条件区分があり、年齢条件を設定し、補償される運転者を限定することにより、保険料が安くなります。

全年齢補償
21歳以上補償
26歳以上補償
30歳以上補償
35歳以上補償

しかし、おとなの自動車保険には、「●●才以上補償」という年齢条件がありません。保険開始日時点での記名被保険者の年齢で決定する、一歳刻みの保険料体系を採用しています。
年齢条件の無い自動車保険


 

 

 

2.保険料試算

「おとなの自動車保険」を下記条件で試算し、30代~60代の保険料を比較してみました。

 

試算条件(平成27年5月時点)
自動車:自家用軽四輪乗用車
等級:14等級
事故有係数適用期間:0年
使用目的:日常・レジャー使用
免許色:ブルー
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
車両保険(一般条件):100万円 免責0-10万円
人身傷害保険:3,000万円
年間走行距離:5,000㎞以下
主な使用地:東京都
インタネット割引1万円
証券不要割引600円

記名被保険者年齢:35歳
年間保険料:44,900円

記名被保険者年齢:45歳
年間保険料:40,790円

記名被保険者年齢:55歳
年間保険料:40,030円

記名被保険者年齢:65歳
年間保険料:46,990円

30~50代では30代が一番高く、40代、50代と年齢が高くなるに連れて保険料が安くなっています。確かに40代、50代の保険料が安くなっています。

60代になると30代より保険料は上がります。


 

 

 

3.他社との比較

上記試算と同条件で大手損害保険会社の自動車保険を試算してみました。

 

試算条件(平成27年5月時点)
自動車:自家用軽四輪乗用車
等級:14等級
事故有係数適用期間:0年
使用目的:日常・レジャー使用
免許色:ブルー
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
車両保険(一般条件):100万円 免責0-10万円
人身傷害保険:3,000万円
年齢条件:35歳以上

記名被保険者年齢:35歳
年間保険料:67,000円

記名被保険者年齢:45歳
年間保険料:67,040円

記名被保険者年齢:55歳
年間保険料:69,920円

記名被保険者年齢:65歳
年間保険料:71,220円

大手損保会社は、『おとなの自動車保険』と逆で30代の保険料が一番安く、40代、50代と保険料が上がっていきます。60代については、「おとなの自動車保険」と同じように上がります。

インターネット割引があるとはいえ、通販型と代理店型の自動車保険では、40代~60代では保険料が約3万円も違います。


 

 

 

4.記名被保険者年齢別料率

多くの保険会社では、記名被保険者が個人で、運転者の年齢条件が下記の条件の契約の場合は年齢条件とは別に記名被保険者の年齢に応じた料率区分(記名被保険者料率区分)が設けられています。

・26歳以上補償
・30歳以上補償
・35歳以上補償

年齢条件は設定年齢が上がることにより、保険料が安くなりますが、記名被保険者年齢別料率については、60代や70代以上の区分になると保険料が上がります。

区分は下記の通りです。

年齢条件 記名被保険者年齢別料率区分
法人 個人
全年齢補償
21歳以上補償
26歳以上補償

30歳以上補償

35歳以上補償
29歳以下
30歳~39歳
40歳~49歳
50歳~59歳
60歳~69歳
70歳以上
大手損保の試算結果をご覧になって頂ければ分かりますが、同じ「35歳以上補償」でも記名被保険者の年齢区分が上がるに連れて、保険料が高くなります。

記名被保険者年齢別料率が導入されているため、年齢が上がるにつれて、保険料が高くなっていきます。記名被保険者年齢別料率の詳細については、下記記事をご参照ください。
年齢条件が同じでも記名被保険者の年齢によって保険料が異なる?


 

 

 

5.インターネット割引き

ちなみにセゾン自動車火災保険のインターネット割引は新規でも継続でも1万円割引になります。通販型自動車保険会社の自動車保険の中には新規と継続でインターネット割引の割引額が異なる会社があります。

インターネット割引の詳細については下記記事をご参照下さい。
代理店型にはない!?通販型自動車保険のインターネット割引等


 

 

 

まとめ

上記の保険料比較はセゾン自動車火災保険と大手損害保険会社1社のみの比較です。上記条件でセゾン自動車火災保険の自動車保険が全ての保険会社の中で一番安いというわけではありません。

40代、50代の方で自動車保険の見直しを考えられている方は下記ページから複数社の保険料を比較されては、いかがでしょうか?
自動車保険見直し(無料一括見積もりサービス)

セゾン自動車火災保険を含む複数社の一括見積もりが可能です。

上記の例のように、複数社の自動車保険を比較するだけで保険料を3万円以上節約することも可能な場合があります。


 
最終更新日:2017年10月8日
No.46

こちらの記事も読まれています!

  • 2台目の車は1台目の車の自動車保険で補償される? 「2台目の車を購入する際に自動車保険は1台ずつ加入する必要があるのか?」また、「1台ずつ加入が必要であるならば、少しでも保険料の節約ができないか?」などと考える方が多いと思います。 また、夫婦で1台ずつ車を所有しているなど、ご家族で複数台の車を所有する場合にも上記と同じよ […]
  • 若い子供が免許を取った場合の自動車保険節約術 同居の若いお子さんが免許を取り、車を運転するようになると、年齢条件を子供に合わせる必要があります。年齢条件を子供に合わせると自動車保険の保険料が急激に上がり、頭を痛めている方も多いのではないでしょうか。 […]
  • 弁護士費用特約の補償内容は保険会社によって異なる!? 自動車保険に弁護士費用特約を付加されているでしょうか?『プロがお勧めする自動車保険5つの特約』でご紹介したお勧めの自動車保険の特約ですが、保険会社によって補償の内容が異なる場合があります。 今回は、保険会社によって異なることがある弁護士費用特約の補償内容についてご紹介しま […]
  • 車を買い替えたら自動車保険に新規加入が必要? 「古い車を廃車にし、新しく車を購入した場合、自動車保険も新たに加入する必要があるのか?」というご質問を頂くことがあります。 車を買い替える際には、新規に自動車保険を契約する必要はあるのでしょうか? 廃車にする車で長期間、自動車保険を契約していた場合、ノンフリート等級 […]
  • 自動車保険の「契約者」「記名被保険者」「車両所有者」の違いとは? 自動車保険を契約する際に申告する項目として「契約者」、「記名被保険者」、「車両所有者」がありますが、この違いを理解されている方は少ないと思います。 この3者の違いを理解していないと、補償されない場合や保険料のムダを発生させる可能性があります。 「契約者」、「記名被保 […]
  • ドライブレコーダーの装着は自動車保険にメリット(割引)があるのか? ドライブレコーダー(ドラレコ)を装着している車が増えていますが、ドラレコを装着すると保険料の割引等のメリットが自動車保険にはあるのかと質問を頂くことがあります。 ドラレコを装着することにより自動車保険が安くなるなどの直接的なメリットはあるのでしょうか。ドラレコの購入を検討 […]
2015年5月26日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP