自動車保険を見直すタイミングはいつ?

「自動車保険を見直すのに良いタイミングはいつでしょうか?」というご質問を頂きました。

保険料節約の観点から考えると、現在契約している自動車保険が一番安いことを確認するためにも1年に1回満期を迎える前に複数社の自動車保険を比較した方がいいと思いますが、毎年は大変と思われる方もいると思います。

今回は、特に複数社の自動車保険料を比較をした方がいいと思われるタイミングをまとめてみましたので、ご紹介します。自動車保険の節約をお考えの場合、参考にして頂ければと思います。

続きを読む

2016年11月22日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP

自転車保険(個人賠償責任保険)の補償内容比較

自転車保険で特に注目されている補償は、他人にケガをさせたり、他人のモノを壊した際の損害賠償責任を補償する部分(個人賠償責任補償)です。
自転車の事故で注目の個人賠償責任保険
自転車保険加入前に確認すべき6つのポイント
自転車保険はTSマーク付帯保険で大丈夫?

その自転車保険に加入する際に確認して頂きたいのが、個人賠償責任補償の補償額(保険金額)と示談交渉サービスの有無です。

今回は、自転車保険や自動車保険に付帯できる個人賠償責任補償特約を示談交渉サービスの有無と補償額(保険金額)の観点で比較してみたいと思います。

続きを読む

バイク保険もグリーン免許の保険料は高い!?

免許の種類には、「グリーン免許」「ブルー免許」「ゴールド免許」の3種類があり、記名被保険者(主に車を使用する方)の免許の色によって自動車保険の保険料が異なることをご紹介しました。
グリーン免許は自動車保険の保険料が高い?

保険会社によって、免許証の種類3区分(グリーン・ブルー・ゴールド)に合わせて保険料も3区分にしている会社と、ゴールド免許とそれ以外の色の2区分にしている会社があります。

さて、バイク保険も自動車保険と同様に記名被保険者(主にバイクを使用する方)の免許の色によって保険料が異なるのでしょうか?

続きを読む

2016年11月16日 | カテゴリー : バイク保険 | 投稿者 : 保険FP

グリーン免許は自動車保険の保険料が高い?

「グリーン免許だと自動車保険の保険料は高いのか?」という質問を頂きました。

記名被保険者(主に車を使用する方)の持っている免許がゴールドだと割引があり、保険料が安くなると聞いたことがある方は多いと思います。記名被保険者の免許証の色が運転免許証を取得してすぐのグリーン(緑色)である場合、他の色(ブルーやゴールド)と比べて保険料が高くなるのかを確認してみました。


続きを読む

2016年11月15日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP

緩和型医療保険の引受条件は保険会社によって異なる!?

生命保険や医療保険等に加入する場合には、無選択型の商品でない限り、診査や告知が必要になります。
生命保険の申込時には、必ず医師の診査が必要?

健康状態によっては、生命保険や医療保険等の引き受けを断られる場合がありますが、その引き受けの条件は保険会社によって異なります。

実は、持病がある方や健康に不安がある方でも加入できるとして注目されている引受基準緩和型の商品(医療保険や終身保険等)も引受条件が保険会社によって異なることをご存知でしょうか?

今回は、引受基準緩和型の商品の引受基準についてご紹介します。


続きを読む

2016年11月14日 | カテゴリー : 医療保険 | 投稿者 : 保険FP

マイナンバーと損害保険、生命保険

2016年1月からのマイナンバー制度導入にともない、社会保障、税等、各種手続きにマイナンバー(個人番号)が必要になっていきます。

生命保険、損害保険についてもマイナンバーとは無縁ではありません。今回は損害保険、生命保険とマイナンバーの関係についてご紹介します。


続きを読む

車の少額損害は自動車保険を使用するべきではないのか!?

「次契約(契約更新後)の保険料値上がりを考慮すると、軽い事故による車の少額損害は自動車保険を使用するべきではないのか?」という質問を頂くことがあります。特に自損事故による10万円程度の損害についての質問が多くなっています。

2012(平成24)年10月以降、損害保険各社が自動車保険を改定し、事故の内容によっては、保険を使用すると、以前に比べて保険料が大きく上がるようになりました。

自動車保険の改定により保険使用によってどの程度保険料が上がるのか検証し、支払われる保険金と次契約で値上がりする保険料のバランスを確認したいと思います。

続きを読む

2016年11月9日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP

自動車保険が契約できない!?

多くの方が当たり前のように契約している自動車保険ですが、実は加入を希望する全ての方の自動車保険契約を必ず保険会社が引き受けるわけではありません。保険会社ごとに自動車保険の引受基準があり、その基準を満たさない場合には、引き受けを拒否される可能性があります。他の契約者との公平性を保つ観点からも事故のリスクが高い方等の契約は断る必要性があります。

特に通販(ダイレクト)型自動車保険は、契約の引受条件が厳しいイメージがありますが、実際はどうでしょうか?通販(ダイレクト)型自動車保険で契約を断られる可能性のあるケースをご紹介します。通販(ダイレクト)型自動車保険を検討されている方は参考にして頂ければと思います。


続きを読む

2016年11月7日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP

車両保険が引き受けてもらえない?

自動車保険の車両保険は、希望すれば当たり前に契約できると思われている方が多いと思いますが、車両保険が引き受けてもらえない場合があることをご存知でしょうか?

今回は車両保険が引き受けてもらえない場合をご紹介します。


続きを読む

2016年11月4日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP

三大疾病保障保険の保険金支払要件が異なる商品

以前の記事で三大疾病保障保険の保険金支払い要件はがん(悪性新生物)以外の脳卒中、急性心筋梗塞については、所定の要件を満たす必要があるとご紹介しました。
狭心症は三大疾病の保障対象外!?

一般的には、脳卒中、急性心筋梗塞は60日以上の労働が制限される状態が継続する等が保険金支払いの要件になっています。

実は、脳卒中、急性心筋梗塞についての保険金支払要件が一般的な保険金支払要件とは異なる商品がありますので、ご紹介します。


続きを読む

2016年11月1日 | カテゴリー : 生命保険 | 投稿者 : 保険FP