バイク保険の車両保険は補償範囲に注意が必要

チューリッヒのバイク保険は改定を行い、2015年1月1日より車両保険が付帯可能になっていますが、その補償範囲には注意が必要です。

大手損保会社のバイク保険は車両保険が付けられる会社が多いのですが、ダイレクト(通販)型のバイク保険は車両保険の取扱いが無い会社が多いのが現状です。そういう点では、チューリッヒがバイクの車両保険を取扱い始めたということは画期的なことかもしれません。

今回は、ダイレクト型バイク保険の車両保険取扱い状況と、その補償範囲の注意点についてご紹介したいと思います。

続きを読む

2015年12月29日 | カテゴリー : バイク保険 | 投稿者 : 保険FP

自分が運転する車で自分の子供にケガをさせたら?

自動車事故のニュースで、ご自分の子どもに怪我をさせてしまうという悲しいニュースを聞くことがあります。

自宅の駐車場に車庫入れする際等に自分の子供がいることに気付かずケガをさせてしまったような場合、契約している自動車保険(任意保険)で子どもの治療費等が出るのかと疑問を持つ方もいらっしゃると思います。自分の子どものケガは、補償の対象となるでしょうか?

続きを読む

難病等でも加入できる医療保険

 

以前の記事『持病があっても医療保険や生命保険に加入できる?』や『医師の診査や告知なしで加入できる生命保険』で持病があっても加入できる保険があることをご紹介しました。

今回は、少額短期保険会社の持病があっても加入できる医療保険をご紹介したいと思います。
少額短期保険会社からは大手で扱うにはニッチ過ぎる面白い保険商品が色々と出ています。

今回ご紹介するのは、トライアングル少額短期保険株式会社の『ほっと入院サポート』です。

続きを読む

原付でも自動車保険(任意保険)が必要な3つの理由

以前、原付(原動機付自転車)には自動車保険(任意保険)は不要、自賠責保険(共済)だけで十分と、お考えの方がいました。原付は車ほどスピードも出ないし、事故を起こしても大した損害にならないというような趣旨で自賠責保険(共済)のみの加入にしているとのことでした。

しかし、本当にそうでしょうか?

私は原付でも自動車保険(バイク保険)の加入は必要だと考えています。原付を運転する際に自賠責保険(共済)のみで自動車保険(任意保険)に加入しない場合に発生する問題やリスクについて解説します。

尚、自賠責保険(共済)と自動車保険(任意保険)の関係については、下記記事で詳細に解説していますので、ご参照ください。
自動車保険の仕組み(自賠責保険と自動車保険の関係とは?)


続きを読む

終身保険(低解約返戻金型)加入時に確認すべきポイント

低解約払戻金型の終身保険をご存知でしょうか?「低解約払戻金型の終身保険と一般的な終身保険のどちらに加入するべきですか?」というご質問を頂くことがあります。

一般的な終身保険と低解約払戻金型の終身保険では、どちらがお得なのでしょうか?

今回は、一般的な終身保険と低解約払戻金型の終身保険を比較してみたいと思います。一般的な終身保険と低解約払戻金型の終身保険の違いを知り、終身保険を検討する際の参考にして頂ければと思います。

続きを読む

2015年12月22日 | カテゴリー : 生命保険 | 投稿者 : 保険FP

ロードサービスを外して保険料節約!?

自動車保険のロードサービスは無料で付いているのが当たり前となっています。また、保険会社間でロードサービスの内容を競い合うような状況でもあります。
ロードサービスは保険会社によって内容が違います!!

保険会社はロードサービスを無料でセットされているサービスと宣伝していますが、当然コストがかかっています。

以前、自動車保険の値上げが続いていましたが、値上げの理由をロードサービスの充実としていた保険会社もありました。ということは、無料とはいうもののそのコストは保険料に上乗せされ、契約者が負担していることは間違いありません。

コストが掛かっている自動車保険のロードサービスを外して、保険料を安くすることは可能なのでしょうか?


続きを読む

2015年12月21日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP

『全期前納』と『一時払い』の違いとは?

以前の記事『どちらがお得?『短期払い』と『終身払い』で保険料の払込期間によって保険料が変わることをご紹介しました。

保険料を節約する方法として、契約時に全保険期間分の保険料を支払う「一時払い」と「全期前納」があります。保険料の払い方によって保険料の払込総額を安くすることが可能です。

では、「一時払い」と「全期前納」にはどのような違いがあるのでしょうか?「一時払い」と「全期前納」の違いと両支払方法のメリット、デメリットをご紹介します。


続きを読む

『短期払い』と『終身払い』どちらがお得?

保険の加入時や見直し時に保険料の金額を強く意識する方でも保険料の支払期間を意識する方は少ないのではないでしょうか?

保険料は支払期間によって、1回あたりの額と総支払額に差が出ます。

今回は、保険料支払期間の「短期払い」と「終身払い」についての比較をご紹介したいと思います。「短期払い」と「終身払い」のメリット、デメリットを知り、保険料の支払期間を決める際の参考にして頂ければと思います。

続きを読む

保険証券がないと保険金や給付金は支払われない?

損害保険、生命保険ともに保険金や給付金請求時等によく頂く質問がいくつかあります。「保険金請求時には保険証券がないと保険金が支払われないのではないか?」「保険金請求時には契約時の印鑑が必要か?」などです。

今回はその質問内容と回答についてご紹介します。


続きを読む

年間走行距離が短いと自動車保険は安くなる?

自動車を持っているが、乗るのは休日だけでほとんど運転しないという方は自動車保険を節約できる可能性があります。

通販型(ダイレクト型)自動車保険の多くがリスク細分型で年間走行距離によって保険料が細分化されています。

リスク細分型とは?
「リスク細分型」の自動車保険とは、免許の種類(色)や年間走行距離、性別、使用目的など、項目ごとに事故を起こす危険度(リスク)をより細かく判断し、その危険度に応じて保険料を設定する商品。

事故の危険度が低いとドライバーは、保険料が大きく下がる可能性があり、逆に事故を起こす危険度が高いドライバーと判断されれば、保険料は高くなる。

保険には公平性の原則という考え方があり、事故リスクの高い人には高い保険料、リスクの低い人には安い保険料をというようにリスクに見合った保険料を設定するようになっています。

これを走行距離で考えると、保険会社としては、運転する頻度が少なく、走行距離も短い人は事故を起こすリスクは低いことなりますので、運転する機会が少ない人は保険料が安くなります。

今回は、年間走行距離と自動車保険の保険料の関係について解説します。

続きを読む

2015年12月15日 | カテゴリー : 自動車保険 | 投稿者 : 保険FP